To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Thursday, April 02, 2020

北米西海岸から日本の皆さんへ:自分と家族を新型コロナウィルスから守ってください(3.11の過ちと悲劇を想起して)A message from North America to people in Japan: Protect yourself and your loved ones from COVID-19


3月は全くブログ更新ができませんでした。いま、自分と家族の健康と安全を守る努力だけで一日があっという間に過ぎていきます。ここカナダ西端のブリティッシュ・コロンビア(BC)州でも新型コロナウィルス感染の拡大で、3月17日に州の衛生管理局長ボニー・ヘンリー氏が Public Health Emergency (公衆衛生緊急事態)宣言を出し、翌18日には州政府が「緊急事態宣言」を出しました。学校も高等教育機関も休校・オンライン化、市民生活や感染対策に不可欠な事業体以外は休業を強いられ、自治体により差はあるものの、市民は食料品や医薬品調達、最低限の運動など不可欠な用事以外は家にいることを命じられています。飲食店もテイクアウトかドライブスルーのみ。家族以外の人とは2メートル以上の距離を取ることを求められています。これらの宣言以来2週間経ちますが、感染者は増え続けており、とくに高齢者施設の感染が深刻な状況になっています(4月1日の時点で州内で21か所)。州は、感染拡大が北イタリアレベル、武漢レベル、韓国レベルという異なるシナリオを念頭に置いてシミュレーションを行い、医療体制を確保しようとしています。BC州は3月27日の時点では、「スペインやイタリアよりは韓国のカーブに近いようだ」という見解を出していますが、対策の効果がどれぐらいかはその後1-2週間経たないと見通しは立たないということでした。

前置きが長くなってしまいましたが、カナダ・米国・日本などにいる仲間たちとメーリングリストで情報交換をしている中で、カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外、カリフォルニア大学バークリー校(UC Berkeley)で社会学の研究をしている大槻とも恵さんが、日本の人たちへということで昨日(3月31日)書いたメッセージが大変心に迫りくるものがあり、許可をもらってここに転載させてもらいました。(ブログ運営人 乗松聡子)

★★★

皆さま

 コロナ(COVID-19) の死亡者数・感染者数の数や推移に関しては、 Financial TimesThe New York Timesのデータをお薦めします。

https://www.ft.com/coronavirus-latest (*こちらは、3月31日から内容が変わりました。なのでタイトルをしっかり読んでから数字を読むようにしてください。)



コロナの影響を多大に受けている主要国の患者数・死亡者数が、どのような勢いで増えていっているのかが分かります。

昨夜、とても親しい友人のパートナーがコロナ感染を確認されました。サンフランシスコ近郊です。

高齢では決してありませんが、心臓に大きな疾患がある方です。

私が驚いたのは、そんな疾患・持病を持っているにも関わらず、入院を拒否され自宅で隔離されていることです。

友人の主治医である医者が、アメリカで使用されているコロナ検査の正確性は80%でしかなく、ゆえに「陰性」であっても、症状が出ていた場合は隔離すべきと話していたそうです。

この報告を受ける数時間前に、やはり友人から電話があり、彼女がかつてお世話になったホストファミリーの70代の父親が、高熱が続き、激しい咳も出て、味覚が完全に失われたと訴えても、コロナのテストを拒否されたという話を聞いたばかりでした。この方も持病を持っています。これもサンフランシスコ近郊の話です。

あくまでもカリフォルニア州の話ですが、正式に発表されている感染者の数よりも、遥かに多い人たちが実際には感染されているのではと思います。

このメーリング・リストには、日本に住まれている方達も多くいらっしゃるかと思います。日本にいる皆さんに、3・11の過ちと悲劇を想起しながら現在の状況をご自分で考え、どのような行動が自分やご家族、周りの人たちを守れるのか考えて欲しいと思い、以下に続く文を書こうと思います。

私が住むカリフォルニア州は、3月16日に外出禁止令が出ました。そのため、子どもの学校も閉鎖し、自宅勤務を強いられ、最初はイライラしていました。でも今は、もっと早くに外出禁止令が出されていれば良かったと思っています。そう思わずにはいられない事が、セミ・ロックダウンから二週間経った今、周りで起き始めているからです。

私の職場もそうですが、二週間前までは、どこの職場も英語でYou are encouraged to work from home (ブログ運営者注釈:「自宅勤務を勧めます」)というメッセージを受け取っていました。私は英語がネイティブではないため、このメッセージに多少混乱していました。なので自分なりに解釈して、一応気をつけながらも、バスで通勤していました。今考えると、日本語の「自粛」のようなものですね。

同じ頃、サンフランシスコに拠点を置くあるIT系の企業で、コロナ感染者と濃厚接触があった職員がいたことが判明しました。会社のトップはYou are encouraged to work from homeというメッセージを最初は送ったのですが、中間管理職にいた人物が、そのような文言では職員を守れないと発言し、会社からの「命令」という形で自宅勤務をさせなくてはいけないと進言したそうです。この会社は、加州が外出禁止令を出す一週間早くに職員を自宅勤務に強制移行させました。

もちろん、IT企業だからこそ出来たことです。しかし、医療崩壊が免れないアメリカの現状を考えると、重要な社会貢献になります。強いリーダー・シップと、リスク管理能力が高く勇気ある人材の存在が、いかに大切かということを再認識させられるエピソードです。

この話を聞いて、昨年の夏に訪れた宮城県石巻市大川小学校の津波の跡地の風景を思い出しました。

覚えていらっしゃる方も多いかと思いますが、石巻市大川小学校は、3・11の津波で児童と教職員84人が亡くなっています。津波警報がさんざん出ていたにも関わらず、40分以上も子ども達は校庭に留まることを強いられ、ようやく高台を目指して動き始めた3分後に津波に飲み込まれてしまいました。

第三者による検証委員会でも、その後行われた裁判でも、なぜ40分以上も子ども達が、あの校庭に留まることを強いられたのかという理由は、はっきりと解明されませんでした。

子ども達の中には、泣いたり、学校の裏山に走ろうとした子もいました。若い先生たちは、とにかく怯える子供を落ち着かせることに集中し、高台へ逃げた子供たちは列を乱したということで、男性教諭に大声で呼び戻され叱られています。

津波が今そこまで迫っており、津波警報が何度も発せられていた状態でも、落ち着きと秩序、そして同調が優先されました。

遺族の方のお話を聞いたり、裁判の記録や、第三者委員会による報告書、地道に取材を重ねてきたジャーナリスト達が書いた本を読んで決定的だと思うことがひとつあります。それはリーダーシップの欠如です。あの日、雪の降る寒い校庭で、目の前で恐怖と寒さに震えている幼い子どもたちの命を守るという、何よりも優先されなくてはいけない責任を、教員の誰もが放棄していたことです。

生存した子どもの一人が、亡くなってしまった若い女性教員に「先生、なんで裏山に逃げないの?」と訊いた時、その教員は途方に暮れた様子で、「なんでだろう・・・分からない。」と答えたそうです。

生存者の中には、上級生たちが男性教諭と激しく言い合いになっているのも目撃しています。子ども達が、教員たちに裏山へ逃げるよう訴えていたのです。このまま校庭に残っていては、みんな死んでしまうと訴えていたそうです。

今の日本を見ていると、みんなあの日の大川小学校の校庭に取り残されているように感じてしまいます。あの日、「裏山へ逃げろ!」という決断を下すリーダーが不在のまま、津波がそばまで迫っているにも関わらず、「まだ大丈夫。」「泣かずに落ち着こうね。」「もう少し様子を見ましょう。」「ここまで津波来ますかね?」と言い続けた無責任で気の弱い教員たちと、現在の政治のリーダー達が重なって仕方がないのです。

先日アメリカのメディアで、満員電車に乗って仕事に向かう日本の人々の様子が映し出されました。不安を抱えながらも、無言で満員電車に乗り込む人々の背景に、私は雪の降る「あの日」の大川小学校の校庭の情景が重なりました。

それは韓国のセウォル号の悲劇とも重なるかもしれません。

 日本に住んでいなくとも、家族や大事な人が日本に居る方も沢山いるかと思います。なので、どうかご自分でこの危機を逃げ切ることを優先するよう伝えて下さい。

 もしあなたが発言力のある立場にいるのであれば、曖昧な言葉ではなく、明確で、他の解釈の余地のない言葉で、部下が自分たちと家族を守れるような行動を促してあげてください。

持病がある方は、周りに神経質になる過ぎてると思われるほどに、お身体に気をつけて下さい。

長くなって申し訳ございません。

どうか皆さんお気をつけて。

とも恵

★★★

大槻とも恵さんと同感です。

参考資料として以下の英語資料のリンクを置いておきます(訳している時間がなくてすみません。)

カナダ公衆衛生当局 Public Healthy Agency of Canada 
COVID-19に罹った人を自宅でどうケアするかのガイド

同じ内容のパンフレットの画像を下方に置いておきました。

ブリティッシュコロンビア州(人口約500万人、そのうち約半数はバンクーバーと近郊に集中)では4月1日現在、感染確認できたのは通算1066人(直近の1日で53人)。死者はこれまでに25人。総数のうち606人が回復。現在治療中は435人。そのうち142人が入院中(67人が集中治療室)。他の人たちは隔離しながら回復の途上。

このようにBC州の場合、今治療中のケースで入院しているのは約3人に1人です。日本の報道を見るかぎりでは、まだ、この病気に罹ったら即入院!といった感覚があるように見受けられますが、軽症の人まで全員入院させる余裕など多くの国や地域ではありませんし日本もそうでしょう。これからどんどん感染者は増えます。多くの人が軽症で終わるということからも、今後私たちが想定しなければいけないのは、自分や身の回りの人が罹った場合、入院という可能性よりも、罹った人を自宅で隔離しケアする(単身の場合は自分でケアする)という可能性のほうが高いということです。どうやって同居する家族に移らないよう予防しながら罹った人を看病していくか、備えが必要だと思います。逆に自宅に感染者がいるぐらいの気を付け方を日ごろからしておけば、より感染防止にもなるかと思います。(ブログ運営人 乗松聡子)









Saturday, February 29, 2020

「3.1独立運動」101周年の記念日に:「広島同人誌 あいだ」より 文英愛さんの二つの寄稿 On the 101st anniversary of the Korean 3.1 Independence Movement -- Two essays by Moon Yong-ae, a Zainichi Korean law instructor

『広島同人誌 あいだ』2号
朝鮮3.1独立運動の101周年を迎えます(参照:100周年の昨年の記事)。新型コロナウィルスの話で持ち切りの日々ですが、日本人が忘れてはいけない日であることには変わりはありません。在日朝鮮人の友人、文英愛(むん・よんえ)さんとは共通の友人の紹介で2017年の年末に出会いました。広島県内の専門学校で法律を教え、学科長を務めています。文さんからは、私が日本で日本人として生まれ育って気づかなかったことを数えきれないほど教えてもらっています。その文さんが『広島同人誌 あいだ』2018年12月の創刊号、2019年12月の第二号に寄稿した二つの文章「明治一五〇年とわたしの在日朝鮮人史」と、「朝鮮民主主義人民共和国首都・平壌を祖国訪問 福岡空港で土産品没収される」を、許可をもらってここに転載します。昨年8月私は、文さんと妹さん、沖縄の友人と4人で朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)を訪ねました。文さんの二つ目の寄稿は、その旅の帰りに福岡空港で文さんと妹さんが体験した、屈辱的な土産没収についてです。外国人観光客として行った二人は没収されなかったのに、祖国訪問で行った文さんと妹さんが、在日朝鮮人であるがゆえにターゲットにされて所持品を奪われたのです。植民地支配を行った側の日本が、その植民地支配の歴史を背景に日本で生まれ育った、朝鮮をルーツに持つ人たちに対して行った仕打ちは、人道にもとる権利侵害です。

文さんの寄稿は、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思いました。そして、豊かな祖国と家族の歴史を背負って朝鮮人として今の日本を生きる文さんの文章から、私自身が突きつけられる日本、日本人としての自分に向き合う必要性を感じました。(前文 乗松聡子)


『あいだ1』(2018年12月発行)より

明治一五〇年とわたしの在日朝鮮人史

文英愛

 戦争や経済のために利用され続けた女性観、翻弄される女性たち。その沿革について改めて触れ、このような過ちを繰り返しては決していけないと感じる。しかし一方でセクハラなどを生む女性の対象化はいまだ蔓延しており、問題提起があっても時の経過とともに忘れ去られがちである。明治期に醸成されたゆがんだ女性観は、今なお連綿と現在に繋がっている。
 こうした日本において、在日朝鮮人女性として生きている(生きた)私の曾祖母ら、祖母ら、母について、私の見聞きしたことを少しだけ綴りたい。


一、わたしのストーリ―

 私は朝鮮籍を保有する在日朝鮮人三.五世である。
「朝鮮籍」とは、戦前の朝鮮半島出身者およびその子孫を意味する「記号」であり、日本政府が作ったものである。「韓国併合」(一九一〇年)以降、日本国籍を有することになった朝鮮人は、サンフランシスコ講和条約(一九五二年)発効により選択の自由なく日本国籍を喪失させられ、この記号がつけられた。在日朝鮮人のなかには、その後、「韓国」政府の樹立とともに「韓国籍」を取得する者、日本国籍を「再取得」する者も多くある。
 「朝鮮籍」を保持する者のモチベーションは多岐にわたり、統一した祖国でなければ受け入れたくないという思い、朝鮮民主主義人民共和国を積極的あるいは消極的に支持する思い、日本や「韓国」などの国籍に変えることに違和感があるという思い、国籍に頓着せずありのままの国籍でいたいという思いもあるかもしれない。ともかく、「朝鮮籍」保有者の思いはそれぞれであり、「朝鮮籍」がなにか一つの信条を表すものではないということを強調したい。在日朝鮮人において家族親族のなかで国籍がまちまちであることは珍しくなく、私の親族の場合も朝鮮、「韓国」、日本とバラエティーに富んでいる。
 在日朝鮮人の「朝鮮」は、戦前の朝鮮半島出身者およびその子孫という意味として用いる。「朝鮮」という言葉には様々な含蓄、感情が持たされてきたため、「在日韓国・朝鮮人」や「在日コリアン」といった表現が存在する。
 日本の社会ではいまも、『私は「在日朝鮮人」です』と名乗ることを躊躇する雰囲気がある。根強い在日差別やネトウヨの蔓延により、どこにレイシストが潜んでいるかわからないという恐怖がある。また、在日朝鮮人の「朝鮮」は特定の国籍を意味しないが、朝鮮民主主義人民共和国に対する偏向報道による影響を受けるリスクもある。
 私自身が出自を明かす場合「在日朝鮮人」を自称するようにしている。奪われた祖国「朝が鮮やかな国」はとても美しい名前だと感じるからである。
 「在日~世」の正確な定義があるかについて寡聞にして知らない。在日朝鮮人は海を渡って内地にたどり着いた一世から起算するが、世代を重ねるごとに父方と母方とでずれが生じる。その場合、私が育った在日朝鮮人社会において見聞きした情報によると、①父系による、②世代を多く重ねたほうによる、という二通りがあるようだ。そこで私は、母が三世を名乗り、父が二世をそれぞれ名乗ることから、「在日朝鮮人二世と三世の間の子」として「三.五世」を名乗ることにしている。
 
二、曾祖母たちのストーリー(資料参照)

 曾祖母たちについては母方についてのみ記述している。父方の曾祖母たちは日本に渡っておらず、また詳しく知る人にあたらなかったためである。

1 母方の祖母の母(以下、曾祖母)(資料:①)について
 母方の祖母の父(以下、曽祖父)はもともと朝鮮の慶州(キョンジュ)に住んでいたが、九州のどこかの炭鉱で徴用にとられ働いたという。ある日、トロッコ事故に巻き込まれ、九死に一生を得たが、「このままでは殺される」と思った曽祖父は、事故の混乱に紛れ、その日のうちに炭鉱から逃げ出す。当時の時世を考えると、もしも逃亡に失敗し捕まっていたら見せしめに殺されていたかもしれない。その後の経緯は明らかでないが、当時、内地にいた朝鮮人の慣例もあり、朝鮮の同じ郷里である慶州から、曾祖母を呼び寄せ結婚した。二人は結婚するまで面識はなかったという。
 結婚後、現在の下関市菊川町に疎開したが、息子を兵隊にとられ畑を耕す者を探していたという農家の日本人から、疎開したその日のうちに畑を借りることができた。小作料として農産物の大半は農家に入れるが、幸いにして食い扶持には困らなかった。曽祖父母は農作業をしながら九人の子を産み育てた。お金はなくても子が宝、というのが当時多くの朝鮮人の考えだったという。そのため多産が多い。
 ある日、近所に住む日本人が猟銃で曽祖父を狙い、撃ったという。泥酔していたためか狙いが外れ、曽祖父は無傷だった。しかし、放置すると子どもたちを危険にさらすことになり、差別が激しかった当時警察は当てにならないと思ったことから、実力行使に出た。つまり、後日加害者宅に赴き、相手が死なない程度に滅多打ちにしたそうだ。
 母から聞き取った内容はおおむねこんなところだが、曾祖母の話題が少ない。亡くなった曾祖母は穏やかな印象だったが、きっと九人も子を育てながら農作業の主戦力でもあったことから、とても慌ただしい毎日を送っていたに違いない。

2 母方の祖父の母(以下、曾祖母)(資料:②)について
 母方の祖父の父(以下、曽祖父)、それから曾祖母ともに慶州で生まれ育った。当時、女の子は結婚したら他所者だからと女中のように扱われ育てられるのが常であったが、曾祖母は末っ子長女だったこともあり、文字通り箱入り娘であった。幼少期は父親の膝の上が彼女の定位置だったという。花嫁修業は一切受けず、女中付きで次男である曽祖父と結婚した。当時、家事が全くできない女性と結婚するのは考えられないことだが、曽祖父曰く「かわいかったから」決めたという。やがて妻の実家からの「婿養子」扱いに嫌気がさして内地に逃亡した曽祖父であったが、すでに夫の子を身ごもっていた母方の父の母は、夫を追いかけて内地へ追っていった。曾祖母の父は「孫を父なし子にしてはかわいそうだ」と涙をのんで見送ったという。女中はさすがに内地にはついてこなかったという。
 かくして、内地を永住の地とした曽祖父は、建設会社などを営むようになった。曽祖父は放蕩の限りを尽くす人物だったようだ。たとえば趣味の競馬で競走馬がけがを負いこのままでは種馬になるということがあれば、馬がかわいそうだとペットとして引き取ったり(馬は天寿をまっとうしたそうだ)、出張先で戦争孤児(?)を見つけ、引き取ってその子が結婚するまで面倒をみたという。一〇年ほど前に戸籍を辿ったというその「女の子」から祖母に電話があり、祖母は「そういえばそんな女の子がいた」と何十年ぶりかに思い出したという。
 そんな曽祖父に寄り添った曾祖母は、「キセルをよく吸い長い髪に簪(ピニョ)を挿し、眼が大きくぴかぴかした、厳しい女性」だったという。そしてやはり最後まで家事はまったくできなかったそうだ。

三、祖母たちのストーリー

3 母方の祖母について
 母方の祖母は九人きょうだいの長子であった。内地の小学校卒が最終学歴であるため朝鮮語が話せない。一七歳で結婚し、焼き肉、ビアガーデン、喫茶店など祖父の家族が経営していた様々な飲食店を切り盛りし、最終的には大阪で修業をしお好み焼き屋を営んだ。お好み焼き屋ではあるが、夏はかき氷、冬はおでんが出た。常連用の裏メニューがたくさんある。盆や正月に遊びに行くと、バイトのお姉さんやお客さんに連れ出してもらい遊んだ。私にとっては思い出の多いお店である。今は両親が引き継いでいる。
 働き者で料理の腕がぴかいちの祖母は、五〇手前で夫を亡くした。最近になり「車の免許だけは取っておくべきだった。夫にはわしがどこでも連れていってやると言われたが、死んでしまった」と言っていた。

4 父方の祖母について
 父方の祖母は漢学者(中国文学学者)の父の影響か、叔母とともに一四歳のときに「勉強をするため」に大邱から内地へ渡った。
 第一子であった祖母は、「男の名前」を付けられる。次に男児が生まれることを願って、女児に男の名前をつけることが慣習としてあったそうだ。そんな祖母のきょうだいに一人だけ男の子が生まれたが、病気にかかってしまった。何も薬がなかったため壁の土を溶かして飲ませたり(!)したが、残念なことに夭折した。弟が亡くなったとき、祖母は弟の亡骸を背負った父とともに、火葬するため山を登ったという。そのとき、いつもカッ(紳士用帽子)をかぶり厳格だった祖母の父が「くそう、くそう」と悔しがり涙を流していたという。
祖母の弟は格別に大切に育てられたのだろう。祖母は「横になった母親に母乳は片方だけ飲むよういわれたのに、おなかが空いて全部飲んでしまった。弟の分の母乳がなくなっていることに気づき怒った母親に家を追い出された。オンマ(ママ)、許して、許してと泣いたことをよく覚えている」と笑いながら語ったことがある。
 祖父は、夕張の三菱炭鉱で徴用に出て一旦朝鮮に戻り、とある経緯で再び内地に赴いた。祖母はそんな祖父と一五歳で結婚した。どぶろくや朝鮮あめを売ったり、八百屋を営んだこともあったそうだ。当時市内で二つの家庭にしかなかった(祖母談)カラーテレビを購入するなど、裕福だった時代もあったようだが、何度も火事に見舞われた。そのため父には幼少期の写真がまったくないという。祖母は現在、白島の長寿園アパートに居住している。
 祖母は六〇代に入ってから「高校生」になった。県立西高の通信制で字を学び、自伝を書いた。住み慣れた朝鮮を離れてまで勉強したいという一〇代の思いが、少しは叶ったのかもしれない。文字は書けなかったのかもしれないが、祖母は大邱(テグ)と広島の言葉を自由に使いこなした。二ヵ国の通販で「なにかいいもの」を手に入れる趣味もあった。あるとき祖母は韓国の通販会社に電話していたが、相手の日本語が不慣れだったようで、広島弁を途中から大邱方言に切り替えた。その様子は鮮やかだった。しかし、(ソウル)標準語らしき電話口の相手が大邱のさらに田舎の独特な方言をどの程度理解できるのかはわからないけれども。


四、母のストーリ―

 母は下関にあった朝鮮高級学校を卒業後、朝鮮大学校理学部に進学した。当時の山口県の朝鮮人のなかでは女子が高校に進学する例すら少なく、大学進学など考えにくいことだった。比較的勉強ができた母のために、高校の担任が実家に赴き母を朝鮮大学校に進学させるよう祖父母を説得した。母は寮生活を送っており実家は山口県東部にあったこともあり、祖父母は娘の担任の訪問に驚きつつ、ともかく進学させることにした。母は大学に行けるようになっただけでありがたかったが、希望を言うと薬剤師になりたかった。しかし薬科大は学費が高く、とても言い出せなかったという。
 母が入学した年の理学部は異例に女子が多く、大学生活は充実していたようだ。私がやはり朝鮮大学校に在籍したときの学長は母が大学一年の時の担任であったが、その学長から「あなたのオモニ(お母さん)は勉強をたくさんしたんですよ」と言われたのを覚えている。
 母は大学卒業後、地元の朝鮮学校で理数を教える。そして三年ほど働いたのち、結婚を機に下関で専業主婦になった。
 母は私やきょうだいを本当に丁寧に育ててくれたと思う。服や身の回りのものは手縫いや手編み、手作りを与え、口にするものは素材から厳選した。幼児のころ母がスカートを誂えてくれた同じ布のポーチが手許にあるが、懐かしい柄を眺めるたび当時の記憶がよみがえる。手作りでなければとうに捨てていたとも思う。
 それだけに、母が、もう一度人生があるなら結婚などせず働きたいと言ったことは衝撃であった。母ほどに家事を楽しみ、料理にはあくなき探求心を見出すひとであっても、やはり専業主婦では物足りなかったのだ。あなたたち子どもに出会えたことには感謝していると、前置きしてはいたけれども。


五、わたしの現在

 在日朝鮮人の家庭は世代や時代によって変化があるが、朝鮮の儒教思想と日本の家父長制の影響、それから日本社会に巣くう朝鮮人差別の負の連鎖が絡み合い、日本人や朝鮮、「韓国」のどの家庭より保守的に感じる。たとえば、長男をなにより大切にし、ほかのきょうだいとの差別は当たり前な家庭が多くある。姉より弟の方がおかずやおこづかいが多いこともある。男児を産まなかった妻は離婚されたり、そのことで責められたりした。性別の決め手となる染色体は男にあるのに科学的にも理不尽である。男女別姓であることも、女性は子を産む道具に過ぎず仲間外れの発想からであって、決して誇れることではない。
 また、女性は族譜(チョッポ)と呼ばれる家系図にも通常入れてもらえない(現在は女性を入れることもあるようだ)。祭祀(チェサ)では段取りだけさせられ、「汚れる」からと行事が行われる部屋には入れてもらえない。もちろん、地方や家庭により変化があり、母方の実家では祭祀のときの食糧調達から片付けまで男性のみで行うそうだ。それならばまだ一貫性があるように思う。
 在日朝鮮人の多くの家庭では、民族同士の結婚が好まれる。マイノリティ文化を守るため、あるいはかつての植民地支配への反発から日本人との同化を拒む感情もあるだろう。
 一方で、私自身が大学校まで一貫して受けた民族教育から学びとったことは、どの民族や文化も等しく尊いというものであった。私が日本人男性と結婚したとき、祝いはしつつも苦言を呈したのは父方の祖母ただ一人であった。祖母は朝鮮人であるがゆえに日本人から多くの虐待や理不尽を受けたはずだ。これは植民地由来の差別リスクなのだ。
 ちなみに、日本人と結婚した外国人は制度上戸籍に入れず、苗字も変わらない(当該外国の法律にもよる)。ただし、相手の苗字を通称名登録することはできる。国際結婚は夫婦のいずれも苗字を変える必要のない点で、気楽な結婚ともいえる。


六、初めての故郷訪問

 二〇一七年一一月、私は生まれて初めて故郷(「韓国」)に行った。同じく朝鮮籍の両親が、統一祖国しか受け入れないという意志を持っていることもあり、多少の背徳感を感じての訪問であったが、記録を兼ねて少し述べておきたい。
 済州島に行き、当時済州大学校で教鞭を取っていた在日の先輩にお会いし、済州島出身の在日と済州島民との絆を知った。また、済州島をさらなる米軍の要塞にすることを防ぐため第二空港建設に反対する方たち、東アジア最大の米軍基地を臨む江汀(カンジョン)を守る方たちと出会い、やはり来てよかったと思った。
 ひとつの祖国となったら(統一したなら)南の地を踏みたい、その思いは少なからず私も共有していた。けれども、朝鮮半島の民主化・平和への願いを共有し活動する同じ民族が、同じ時代に生き、南の地に住んでいる。当たり前のことだが、彼ら彼女らと直接会い、話をすることは必要なことだと感じた。
 大邱に住んでいる父方の祖母の末の妹、イモハンメ(慶尚道の言葉で大叔母)にも会いに行った。祖母が内地に渡った後に生まれたイモハンメは「福女」というが、日本語の感覚としても「女性らしい名前」である。きっと祖母の妹が生まれた頃、祖母の両親は、祖母の弟の死後さらに男児を産むことをあきらめていたのだろう。イモハンメとはそれ以前に会った記憶がなかったのだが、とても気さくで優しく、同じ部屋に一晩寝泊りした。
連絡がなかなかつかず突然の訪問であったのに、シッケ(甘酒のようなもの)や手作りの料理もたくさんいただいた。足が悪くなかなか広島に行かれないが、こんどまた姉に会いに行きたいと話していた。日本にいる姉のほかにきょうだいはすでに亡くなり、夫にも先立たれたというイモハンメは少しだけ寂しそうだった。
 旅のなかで、在日朝鮮人女性としてあらたな「境界」を感じた出来事を一つ紹介したい。
 ソウル市にある「戦争と女性 平和博物館」において、ベトナム戦争時、韓国兵がベトナム人女性に対して行った性加害について特別展示があった。入り口には「私たちは被害者でもあり加害者でもある」とあった。「従軍慰安婦」についてここでは詳述を避けるが、日本政府に対して責任ある対応を願うと同時に、どの立場であれ、この問題をナショナリズム一辺倒に扱う考えには強い違和感を感じていた。そのようななか、最初にこの標語をみたとき、なんて的を得ているのだろうと感じ、日本に帰ってから何人かの友人に話し、共感を得たりした。
 しかし、ある友人に話したときに『「私たち」とは誰か。これらはすべて男性の女性に対する加害である』と指摘され、衝撃を受けた。私は在日朝鮮人の女性という立場であるにもかかわらず、そのことを見落としていたのである。もちろん、性的搾取は必ずしも男性対女性の問題のみではなく多様な被害者に寄り添う必要がある。しかし、少なくとも植民地主義の視点、ジェンダーの視点は双方が欠けてはならない。
 二〇一八年の四月から、縁あってベトナム人を多く含む留学生に労働法などの講義を行っている。ベトナム戦争があったとき、分断した祖国はそれぞれ別の立場からベトナム戦争に参戦し殺戮し合った。とりわけ「韓国」兵によるベトナム人女性への性的加害に胸を痛める。ベトナムと「韓国」のダブルの子をライダイハンと言うそうだが、結婚で産まれた子供だけではなくレイプの結果産まれた子供も多いと聞いた。時々、彼ら彼女らの苦難に思いを馳せる。私自身、日本に産まれ朝鮮人としてとして生きてきた身として、人は人生のどこかで必ず自分のルーツを振り返るものだと感じるからである。ベトナム戦争の時分、私のルーツはすでに日本にあった。そうであっても朝鮮人として生きる限り「償い」ではないが何かしらベトナム人のためになることがしたいと思っている。
 在日朝鮮人女性として生まれたことで、気づきの多い人生を与えられたことを幸運に思う。


  資料


『あいだ2』(2019年12月発行)より

朝鮮民主主義人民共和国首都・平壌を祖国訪問 - 福岡空港税関での土産品没収

文英愛

●朝鮮籍の私と妹が出国するまで

 二〇一九年八月一〇日から一七日にかけて、妹、二人の友人を伴って朝鮮民主主義人民共和国の首都・平壌を祖国訪問した。今回は北京・青島経由で朝鮮に入国し、北京・上海経由で日本に帰ってきた。プライベートでの訪問は初めてだったこともあり、短い期間ながらも珠玉の経験、グルメ、人情に接することができ、とても充実した旅であった。
 久しぶりに「自分の国」に帰った私と妹は高揚していた。福岡空港で税関を通過するまでは…。八月一七日に福岡空港税関で起きた土産品没収について記録する。

             ◇

 妹と私はともに朝鮮籍(朝鮮籍については「あいだ1号」の拙文で詳述)なのだが、今回私が出入国に使ったものは日本の法務省が発行する「再入国許可証」(数次)に中国ビザを取得したもの、「朝鮮民主主義人民共和国(以下、「朝鮮」)旅券」であり、朝鮮旅券は日本の入管では呈示しない。ちなみに、この朝鮮旅券を日本政府は正式な旅券と認めていない。再入国許可証には入管職員により「北朝鮮への渡航自粛を要請する」という紙が貼られている。
 一方、妹は山口県の入管にて「北朝鮮に行きますか」と聞かれ、素直に「行きます」と答えたため数次を取得できず、単数(一回きりの使い捨て)の再入国許可証を発行される羽目になった。中国ビザを取得するためには半年以上の有効期限が必要であり、中国ビザを申請することは入管職員に説明していた。それにもかかわらず、なぜか有効期限が半年を切ったものを発行された。入管職員は「有効期限はこれで十分」と言っていたそうなので、単に知らなかったからなのかもしれない。そのため再入国許可証では中国ビザを申請できなかった。
 そこで妹は朝鮮旅券で中国ビザを申請することにした。朝鮮旅券で中国ビザを発行するには、再入国許可証と朝鮮旅券の英字スペルが一致していなければならない。南北で正式な綴りが違うことや時代によりそのスペルにも変遷があることから、在日朝鮮人の英字スペルは書類により一致していないことも多い。妹はたまたま再入国許可証と朝鮮旅券の英字スペルが一致していたからよかったが、そうでなければ入管にもう一度出向くことになっていただろう。中国に出国する福岡空港のカウンターや入管で再入国許可証とともに朝鮮旅券を差し出さなければならなかった妹は、相当に目立っていたはずだ。


●八月一〇日、福岡空港で

八月一〇日、福岡空港で税関を通過し入管手続に向かっていた私と妹は、税関職員に声をかけられた。
  「どちらへ行かれますか」
 妹と顔を見合わせ、私は言った。
  「中国に行きます」
  「中国だけですか」
  「いえ、朝鮮にも行きます…」
 すると、通路から少し逸れた場所に誘導された。
  「帰りも福岡空港ですか。朝鮮に行かれた方にはトランクを開けさせてもらうことになります」
 税関職員は申し訳なさそうに言った。
  「土産品はすべて没収されるのですか」
  「買いすぎなければ大丈夫です。親族からのお土産は没収しません。そうだ、北京で買われてはいかがですか」
  「職場は中国出身者が多いので、それではあまり喜ばれないと思うのですが…」 
 私と妹は、フェイスマスクなどの中国でも手に入る共同開発商品などを買うことにし、自分や身内用の購入品はできるだけ現地で開封し使いかけにしようと決めた。
 妹は福岡空港の入管でかなり長い時間審査を受けた。しかし、中国から朝鮮に出入国するときは、朝鮮旅券に中国ビザを得ていた妹の方が意外にスムーズだった。「ああ、朝鮮人(シャオシェンレン)ね」という具合に。日本の法務省発行の再入国許可証は珍しいこともあり信用されず、上海空港では危うく飛行機に乗り遅れるところであった。


●八月一七日、再び福岡空港で

 八月一七日、北京に引き続き滞在する友人たちと別れた私と妹は、中国東方航空の飛行機で福岡空港に再び降り立った。
 以前、大阪国際空港の税関で修学旅行の朝鮮高級学校生が土産品を根こそぎ没収された挙げ句、深夜まで拘束され阿鼻叫喚だったという報道があった。しかし、最近は没収されたという話は聞かないという情報を同じ平壌ホテルに滞在していた朝鮮大学校の学生から得ていた私と妹は、緊張しつつも少し楽観的だった。税関で遅くまで足止めされることを想定し、福岡に宿も取っていた。
 無事に入管手続きを済ませ、税関に向かった。税関の受付は数か所あり、税関職員が手を挙げて私たちを誘導する。
  「どちらに行かれましたか」
  「中国に」
  「中国だけですか」
  「朝鮮に行きました」
  「朝鮮に行かれていた方には荷物を開けさせてもらっています」
 出国前のデジャヴュのようなやり取りの後、「予定通りに」荷物が開けられた。
 冷麺やチョコレート、専門書などの購入品が日用品から分けられてカウンターに並べられる。
 驚いたのは、土産品は原産地が朝鮮であれば(たとえ中国で入手したとしても)無条件で「放棄」(以下、「没収」という)させられ、親族からの贈り物であっても、最小単位で一〇個までしか持って出られないというのだ。チョコレート一つ、フェイスマスク一枚単位である。出国前に同じ空港の税関職員から聞いていた話とは違っていた。スーツケースの半分を占めていた本はなぜか見逃された。検閲を疑われるのを避けるためではないかと思った。
 そして「放棄承諾書」を書かないと、何日でも税関に抑留させるというのだ。わざわざ遠くから運んできた土産品を自ら進んで捨てる人などいないというのに。

        ◇

 責任者らしき肩書のネームプレートをつけた女性職員が、「北朝鮮から来た人にいうのは心苦しいけど、北朝鮮はミサイルとか…」とのたまうのに耐えかねて、「朝鮮がミサイルを撃つのは報道するが、米韓が大規模軍事演習で朝鮮を挑発することは報道しない。そういった情報操作は国のスタンスだし、あなたたちは国家公務員だから、たとえ政府の方針に疑問を持ったとしても、またどんな理不尽なことでもやらなければならないことは理解します」と返した。また「北朝鮮」と連呼するので「自分の国を地域名で呼ばれるのは不愉快です」というと、「ごめんなさい」と謝った。
 彼女たち税関職員たちの多くは、本当は土産品の没収などやりたくないのではないだろうか。個人の土産品を没収することが「北朝鮮の政策を変えさせる」という目的(「対北朝鮮措置」HP安倍首相コメント)とどう整合するか不明であるし、嫌がらせ以外になにか効果があるのだろうかと思う。
 後ろめたいからなのか、「バーコードが八六から始まるものはすべて朝鮮のものと認識しているが、正式な根拠がないので見逃している」と何度も言っていたが、「正式な根拠がないのは朝鮮を国として認識しないという日本政府の立場が根拠なのだろうから、そういうのは大目に見ていることにならない」と言っておいた。「親族の方に、あまりお土産をくれないでと言ってください」という言葉にはあきれた。もしも税関でお土産を没収されると親族に話したら、朝鮮に対しそれほどまでに敵対的な国で暮らしているなんて身の安全は大丈夫かとすごく心配することだろう。
 責任者に没収の法的根拠を聞いたところ、内部通達なので見せられないという。それはありえないと食い下がると、「あなたが知らなくてもこういう決まりはいくつもある」のだという。「個人の所有権を侵害するのに、その根拠が公になっていないことは法律的にありえない」とさらに食い下がった。
 責任者は経済産業省に確認の電話をしていた。内部通達しかないと言い張っていた責任者は、しばらくして「根拠はちゃんとあります。経産省の措置です」と伝えてきた。
 後で調べたところ、措置とは「外国為替及び外国貿易法に基づく北朝鮮への輸出禁止措置等」というものであった。朝鮮からの輸入品はすべて禁止するという内容だ。そこには「人道目的等に該当するもの」を除くという文言があるが、二〇〇九年六月一六日付貿易経済局の「お知らせ」によると、国連や赤十字からの無償輸出品と国際郵便で送付される小包郵便物等であって、「受取人の個人的私用に供される医療、食料、書籍類等」に限定されていた。親族からの土産品に個数制限を設けることを疑問に感じていたが、人道目的には想定されていないらしい(!)
 責任者は「没収は平等に行っているし、そうしないと税関職員が処分される」と言っていたが、あとから日本に入国した友人たちの荷物は開けられなかった。朝鮮籍者に対し差別的な運用をしているのではないかと疑ったが、一緒に渡航した友人によると、中国からの出入国記録で朝鮮渡航を推定できるとはいえ、大勢いる日本国パスポート所持者の荷物をすべて開けるのは無理があるから、そもそも平等に運用できない仕組みなのではないかという。

          ◇

 私たちの荷物が開けられている間、私たちを目立たせないためか、朝鮮には行っていないと思われる女性の荷物が開けられ、すぐに元に戻された。どんどん時間が過ぎ、やがて私たち以外の利用者は誰もいなくなった。いつの間にか空港の税関職員全員が、私と妹の周辺に立っていた。
 ふと妹の方を見ると、すでに荷物がもとに戻されており、何も没収されずスルーされていた。一〇日の福岡空港出国時に北京で土産を買うことを勧めてきた職員が担当していた。責任者に問い詰められた妹の担当職員は「北京で買ってきたというので」と話したが、責任者は妹の荷物をもう一度開けるよう指示した。
 結局、私と妹は、少しの冷麺とチョコレート、フェイスマスクを除いてすべて没収され、「任意放棄書」に品名、数量等を記入し、サインさせられた。友人がプレゼントしてくれたお菓子も含まれていた。任意放棄書には「私は、下記物件について完全、かつ、十分な処分の権限及び能力を有することを誓約するとともに、この処分権に基づき同物件を任意法規することを宣言します」と印字されていた。
 荷物を整理していると、妹の担当職員が近づいてきた。平壌をいつ出たのと聞くので、今日だと答えると驚いていた。中国人も多いが、イギリスやオランダなど様々な国から観光客が来ていたというと、興味深そうにしていた。かつて在日朝鮮人が往来し、親族たちと交流する人道の船である万景峰九二号が日本政府により止められ、祖国訪問はずいぶん高級なものになってしまった。一方で、確かに飛行機は速く、朝鮮がすぐ隣の国であることを実感する。朝鮮のナショナルフラッグである高麗航空は北京や上海にも就航している。

 二一時五〇分に飛行機が到着したはずなのに、空港を出るときは〇時を過ぎていた。すでに空港は閉鎖されており、くだんの責任者に付き添われて出口に向かった。
 彼女は小声で「ごめんなさいね」と言った。


文英愛(문영애 むん・よんえ)
1984年山口県出身、広島県福山市在住。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒。広島大学法務研究科法務専攻中退。広島国際ビジネスカレッジ学科長。



Saturday, January 11, 2020

第二次大戦終結後75年の始まりに:加害の歴史の否定は許されません History denial is unacceptable: at the start of the 75th year of the end of WWII and Japan's defeat in the Asia-Pacific War

年末年始のご挨拶もせずにもう1月も中旬となってしまいました。今年もよろしくお願いします。今年は、アジア太平洋戦争日本敗戦、第二次世界大戦終結75周年という重要な節目であります。日本人としてどう大日本帝国の戦争と植民地支配の歴史に向き合っていくかの姿勢が、より問われる一年になっていくと思います。今年の第一弾は、一年以上前の記事なのですが、2018年11月1日地元の日本語紙「バンクーバー新報」に掲載してもらった記事が、ウェブ版に出ましたので、それをこのサイトにも転載します。2015年から2018年にかけて、カナダでは、日本軍「慰安婦」の歴史を記憶する「平和の少女像」や、州レベル、連邦レベルでの「南京大虐殺を記憶する日」が提唱され、それが日本政府および日本の右派、歴史修正主義者、またそれらに影響を受けた地元の人々によって激しい妨害を受けました。「カナダには広島の被爆者を象徴する像もある、広島長崎を記憶する行事は全国でやっている。ホロコーストを教える資料館もたくさんある。それらにはアメリカ系やドイツ系の人たちは反対しないし、反対したら恥ずかしいと思うのだが、旧日本軍の歴史を記憶しようとする行為には日本政府と日本人、日系人がこぞって反対するのはおかしいのではないか」と、当然の声を上げたまでに過ぎませんが、歴史否定を是とする安倍政権に引きずられた人たちがこぞってそのような声に対し圧力をかけバッシングを行うという事態が続きました。その、日本軍「慰安婦」や南京大虐殺を否定したい右派の言うところの「歴史戦」が北米など日本国外でどのように展開されてきているかを専門的に研究しているモンタナ大学准教授の山口智美さんをお迎えし、昨年11月21日、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)のコリア研究所、日本研究所共催で講演を行いました。私もそこでカナダの例説明という位置づけで、2015-18年、カナダで吹き荒れた「歴史戦」についても総括しました。30人ぐらいの参加者を見込んでいましたが、平日の夜だったにもかかわらず70名の参加者が来て教室は溢れんばかりの盛況でした。この講演の記録は、まもなく、英語オンラインジャーナル「The Asia-Pacific Journal: Japan Focus」に発表します。

今回紹介する記事は、2018年秋の時点で、一度、日本語でしっかり地元の日本語使用者にしっかりとメッセージを送ろうと思って書いたものです。掲載してくれたバンクーバー新報には、いろいろな方面からの重圧があっても、公正なメディアであろうとする姿勢を示してくれたことに感謝したいと思います。

最後にこの場を借りて、昨年7月末に亡くなられた、ゴードン・カドタ氏に追悼の意を表したいと思います。カドタ氏は、「少女像」や「南京記念日」に反対するグループを率いておりましたが、意見の相違はあっても私とはお互いをリスペクトし交流する関係でした。昨年6月15日に私の自宅で行ったブックトークも来てくれて、お元気そうな様子だったので亡くなったと聞いたときは大変ショックでした。心より、お悔みを申し上げます。

(転載ここから)

2018年11月1日 第44号
 私はカナダに高校時代も含め通算23年住むジャーナリストです。「日系人が南京大虐殺記念日に反対するのは、例えばドイツ系がホロコースト記念日に反対するのと同じであり、おかしいのではないか」という問題意識でケベック州からBC州までの日系人が集まり、「Japanese Canadians Supporting Nanjing Massacre Commemorative Day南京大虐殺記念日を支持する日系カナダ人の会」を作りました(https://nanjingmemory2018.wordpress.com英語対応)。
 大学教授や医師、教師、学生や社会活動家など、カナダでいろいろな背景を持つ人たちが加入しています。名前を公表しているのは作家のジョイ・コガワ氏と私などですが、私に対しては、最近、インターネットや、日本語紙などで、批判が強まっているようです。9月19日には東京で「南京大虐殺はなかった」というテーマの集会が開かれました。現役の国会議員数人が登壇し、政府や保守系政治家たちが、カナダの記念日設定を阻止しようとしている様子がよくわかる集会だったようですが、そこでも私や私の仲間を名指しで批判する議員がいました。
 南京大虐殺記念日の是非についてはさまざまな意見があっていいと思います。これに反対する期成同盟のリーダーの方も、7月11日に日系ヘリテージセンターで開催された集会で、「日系人がみな反対しているわけではない」と述べています。ただ、私が一番気になるのは、この記念日に反対する人の中に、「南京大虐殺はなかった」という歴史修正主義者の言説に沿って、歴史自体を否定している人が少なからずいることです。歴史の否定だけは許されません。
 南京大虐殺は動かせない史実です。日本政府も、「日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。」と外務省のHPに記しています。これは、捕虜の大量処刑や、蔓延した性暴力のことに触れていない不十分な記述とはいえますが、政府も認めているのです。2006年9月に第一次安倍政権が発足してすぐ、首相は中国に赴き胡錦涛主席と会談、その年の末には「日中歴史共同研究」を発足させました。2010年に発表された日本側の専門家による報告書には、「日本軍による捕虜、敗残兵、便衣兵、及び一部の市民に対して集団的、個別的な虐殺事件が発生し、強姦、略奪や放火も頻発した。日本軍による虐殺行為の犠牲者数は、極東国際軍事裁判における判決では20万人以上(松井司令官に対する判決文では10万人以上)、1947年の南京戦犯裁判軍事法廷では30万人以上とされ、中国の見解は後者の判決に依拠している。一方、日本側の研究 では20万人を上限として、4万人、2万人など様々な推計がなされている。このように犠牲者数に諸説がある背景には、『虐殺』(不法殺害)の定義、対象とする地域・期間、埋葬記録、人口統計など資料に対する検証の相違が存在している。」とあります。
 日系人はカナダ総人口の約1%、その中で日本語を使う人はさらに少数派です。この記念日制定は私たちカナディアン全体の問題ですので、人口の1%にも満たない人々にしか届かない言語だけで議論するのではなく、カナダの公用語を使って、開かれた議論をしませんか。特に日本語紙やインターネットで、自分は匿名を保ちながら私を名指しし、強圧的な言葉を使って批判するようなやり方は、受け取る方には脅迫と取れます。このようなことが続く場合、しかるべき公共の人権侵害窓口に相談しようと思います。相手へのリスペクトを保ちながら議論をしましょう。
 7月にウィニペグのカナダ人権博物館を訪れました。ここの「沈黙を破る」セクションでは、連邦議会がこれまで承認した、カナダ国外で起きた5つの大量虐殺事件―アルメニア人大虐殺(1915年)、ホロドモール(1932―33)、ホロコースト(1933―45)、ルワンダ大虐殺(1994)、スレブレニツァの虐殺(1995)―について学ぶことができます。説明版では、「カナダでは、人々は人権侵害についてオープンに話す自由がある。カナダ人は、この自由を使い、世界中で行われてきた極端な暴力行為や非人道的行為について注目してきた。関心を持つカナダ人たちが連邦議会を動かし、5つの大量虐殺事件を『ジェノサイド』と承認するに至った。(中略)このような正式な承認によって、カナダは一つの国として声を上げている。隠蔽され、過小評価され、否定されてきた恐ろしい犯罪を白日の下にさらし、非難するのだ。」と明示しています。この博物館ではもちろん、先住民や日系カナダ人など、カナダ国内の人権侵害を重点展示しています。内外の人権侵害を広く知らしめ、歴史から学び、現在の人権侵害をなくすために、訪れる人を教育する優れた博物館です。
 「西側」に視点が行きがちなカナダの歴史記憶が、アジア移民の増加もあり、次第に東アジアにも目を向けて行くのは自然の成り行きでしょう。
 きたる12月11日の夜、ダウンタウンで、南京大虐殺追悼集会を開きます(詳細は後日)。ぜひお越しください。

のりまつ・さとこ
オンライン英字ジャーナル Asia-Pacific Journal: Japan Focusエディター。近著に、編著『沖縄は孤立していない 世界から沖縄への声、声、声』(金曜日)など。2006年以来、8月には日米の学生の広島・長崎の旅に講師・通訳として同行する。

(転載ここまで)

関連記事
『歴史地理教育』連載「“カナダの一日本人”の目線」①~⑥ 

日系カナダ人作家ジョイ・コガワ氏によるオンタリオ州「南京大虐殺を記念する日制定法案」への支持表明

カナダ・オンタリオ州議会の「南京大虐殺を記念する日」制定への日系人団体の反対に対する日系人の批判 

日系カナダ人からオンタリオ州ウィン首相への手紙:私たち日系カナダ人は、オンタリオ州議会のBILL79(南京大虐殺を記憶する日の設立)を支持します。

カナダ(バンクーバー)で市民たちが南京大虐殺75年を祈念する集いを開催 Nanjing Massacre 75th Anniversary Commemorated in Canada (Vancouver & Toronto)

「南京大虐殺記念日を支持する日系カナダ人の会」ウェブサイト
(2018年11月、同時にもう一つの日本語誌「ふれいざー」に掲載した記事を転載してあります)

Sunday, December 15, 2019

南京大虐殺82周年 バンクーバーで追悼集会を行う Commemorating the 82nd Anniversary of the Nanjing Massacre, in Vancouver

12月13日、南京大虐殺82周年を記憶し被害者を追悼するための式典が南京の「侵華日軍南京大屠殺遭難同胞紀念館」で開催された。これについて日本のメディアは、おしなべて、「習近平主席ら共産党指導部の出席はなく、対日関係への配慮が見られる」といった報道をした(例:朝日NHK日経共同時事)。この歴史においては加害国である日本のメディアが、このような歴史記憶の場を「どの程度“反日”なのか」といった角度からの関心でしか報道しないことは大変嘆かわしいことだ。日本の総理大臣は毎年、8月6日の広島と8月9日の長崎の原爆投下の式典に出席するのが恒例となっている。この歴史と被害者を重んじる姿勢から行っているのであってその時々の日米関係に「配慮」したりしなかったりした結果ではない。この歴史記憶行為が「反米」なだと言う人も日本にはまずいない。広島・長崎の原爆投下が米国の非人道的兵器による非戦闘員の大量虐殺であったことと同様に、南京大虐殺も、日本軍による中国の市民と捕虜に対する大量虐殺・強姦・略奪事件であった。記念日にはその歴史を認め、後世代に継承し、二度と起こさない・起こさせない決意を新にするのは当然である。その上で関係国間の友好や和解を語ることができるのだ。広島と長崎についてはそのような姿勢で臨めるのに、南京大虐殺など、日本の加害行為についてはその記憶行為自体を「反日」と位置付けるこのダブルスタンダードを改める必要がある。

12月14日、ここバンクーバーで開催した、南京大虐殺の被害者を追悼し東アジアの平和を考える集会(ピース・フィロソフィーセンター主催)の冒頭で上のような話をした。この集会には、日本各地、沖縄、カナダ、韓国などいろいろな場所の出身者が集まり、私が夏に朝鮮半島を旅した経験や、セラピストの加藤夕貴さんが、今年は南京で開催された、平和構築のセミナーNARPI(Northeast Asia Regional Peacebuilding Institute) に参加した体験などを共
12月13日、済州島の旧日本軍アルトゥル飛行場格納庫
跡前での追悼式典。
有した。また、前日に、南京大虐殺追悼集会を行った韓国・済州島の市民たちからの連帯メッセージを読み上げた。
(済州島での南京大虐殺追悼行事の背景についてはここを参照。)


最後に、夕貴さんをファシリテイターとして、南京と済州島に思いを馳せながら、皆で一つの「ビジョンボード」を作った。被害者への追悼の意を表す白い花の周囲に、それぞれが、いろいろな色や材料を使ってメッセージを表現した。


同じ日に、南京の友人から「現代快報」のニュース映像が届いた。

国家公祭仪式众多国际友人寄语和平
https://www.pearvideo.com/video_1632431

この映像には、南京での式典に参加した日本人二人が登場する。一人は南京大虐殺研究者の松岡環氏。私は2017年12月、松岡氏が引率するツアーに参加し南京に行った(その旅についてはここに詳しく書いたので参照されたい)。もう一人は、「第17次 真宗大谷派平和法要友好訪中団」団長の、山内小夜子氏である。山内氏は、この「悲惨な加害の歴史」を心に刻み、「この悲しみの日を二度と繰り返さないために私たち日本人ができることは何なのか、考え学ぶために来ている」と語っている。

アジア太平洋戦争終結75周年となる2020年を、揺るぎない歴史認識と共に迎えたいと思う。

@PeacePhilosophy 乗松聡子

参考記事

2018年のバンクーバーでの追悼行事
Nanjing Massacre Memorial Events in Vancouver, and Jeju 南京大虐殺追悼集会 in バンクーバー、そして済州島
https://peacephilosophy.blogspot.com/2018/12/nanjing-massacre-memorial-events-in.html


Saturday, November 30, 2019

そもそも「徴用工」問題って何? 『週刊金曜日』19年9月6日号より転載 Basic Q & A for the issue of Korean Forced Labourers under the Japanese Colonial Rule: from Shukan Kinyobi, September 6, 2019 Edition

「日韓関係」報道が、「徴用工判決」への日本政府による報復としての輸出規制や、それと連動する形での日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)終了か継続かといった、貿易や軍事の問題ばかりになっており、肝心の強制動員被害者に対する賠償問題が置き去りにされがちになっています。『週刊金曜日』9月6日号に掲載された、強制動員問題に長年関わってきた3人の識者によるQ&Aを許可を得て転載します。(注:画像だけ取り出して転載することは禁じられています。拡散するときはこの投稿のURLを拡散してください。)





以下のリンクも参考にしてください。

「強制動員問題解決と過去清算のための共同行動」による「韓国『徴用工』問題 Q&A」

橋爪大三郎よ、恥を知れ ―「元徴用工問題」をめぐる右派の認識を問う

吹き荒れる韓国ヘイトの中で  ――植民地主義克服と、朝鮮半島の平和を考える

元徴用工韓国大法院判決への日本政府、メディアの反応のおかしさ 川上詩朗弁護士のインタビュー&報道の異常

植民地主義に目を向けてこそ


Tuesday, November 19, 2019

An Event at UBC, November 21: Dr. Tomomi Yamaguchi and Satoko Oka Norimatsu, 'The “History Wars” and the “Comfort Woman” Issue: Revisionism and the Right-wing in Contemporary Japan, U.S., and Canada' カナダ・ブリティッシュコロンビア大学で、「歴史戦」についてのセミナーが開かれます。

(11月28日追記)tReposting my quick report of the event that I posted on Facebook on November 23. このイベントは大盛況でした!11月23日にFBにクイック報告したものを転載します。

Thanks for everyone who came and CKR/CJR, and Tomomi for the success, particularly the big turnout of this event! I learned a lot from Tomomi's talk, specifically what major roles the Japanese government played in suppressing movements for memorialization of Imperial Japan's past wrong in North America, along with the right-wing forces. Her extensive knowlege and fieldwork with regard to the Japanese rights' "history wars" helped me contexutualize what happened in the Lower Mainland and the rest of Canada from 2015 to 2018 around the movements to establish a Comfort Women statue and the Nanjing Massacre Memorial Day. There was a real sense of collaboration, mutual learning and solidarity in the room packed with students, faculty members, community members from all age groups and cultural backgrounds. Thanks so much! No tolerance for hate! No tolerance for history denial! We will continue to advocate historical justice, peace and reconciliation in Asia. 21日ブリティッシュコロンビア大学での山口智美さん(モンタナ大学准教授)を迎えてのセミナー、会場が溢れるほどの参加と、内容についても高い評価をいただきました。大学のコリア研究センターと日本研究センターが共催し、日本軍「慰安婦」の記憶を海外で継承する行為に対する日本政府、右派の介入や歴史否定の問題を共に考える機会を持った意義を会場全体で共有したと思います。ありがとうございました!

モンタナ州立大学・山口智美准教授を迎え、バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学のコリア研究所と日本研究所の共催で以下のようなセミナーが開催されます。

Here is an event at UBC, co-sponsored by the Centre for Korean Research and the Centre for Japanese Research. Please spread the word. No registration is necessary.

Dr. Tomomi Yamaguchi and Satoko Oka Norimatsu, “The “History Wars” and the “Comfort Woman” Issue: Revisionism and the Right-wing in Contemporary Japan, U.S., and Canada”

See:
https://ckr.iar.ubc.ca/events/event/dr-tomomi-yamaguchi-and-satoko-oka-norimatsu-the-history-wars-and-the-comfort-woman-issue-revisionism-and-the-right-wing-in-contemporary-japan-and-the-u-s/

Time and Date: 7-9 PM, Thursday November 21, 2019 
Place: Room 120, C. K. Choi Building, UBC Point Grey Campus

1855 West Mall, Vancouver, BC V6T 1Z2
Map: https://goo.gl/maps/bzsps4Zw4k1nEBk59



An issue of intense controversy currently in Japan is “comfort women”, with many in the right wing relentlessly attacking the accepted historical narrative and denying that there was any government involvement in, or corresponding responsibility for, a system of sexual slavery. Right-wing media and intellectuals have begun to use the term “history wars” to refer to this development. They have criticized the “comfort woman” monuments, resolutions, museum exhibits, and coverage of “comfort women” in history textbooks and curriculums in the U.S.. In particular, as “comfort woman” monuments and statues have been built in various locations in the world, including the U.S., during the last decade, they have become the target of attacks from the Japanese government and Japanese right-wingers. They consider the United States to be the major “battleground” on the “comfort woman” issue, as well as to the United Nations.

Based on Dr. Yamaguchi’s anthropological fieldwork on the Japanese right-wing activities in the U.S. and Japan, as well as the experiences of people involved in the making of the “comfort women” memorials in the U.S., Dr. Yamaguchi will demonstrate how this issue functions as an important rallying point to tie together disparate right-wing forces in and outside Japan. Dr. Yamaguchi will also highlight how the acts of remembering and commemorating the survivors’ experiences of wartime violence against women become such a contentious, political issue that mobilize the Japanese right-wing so intensively and emotionally both in Japan and the United States.

Following Dr. Yamaguchi’s talk, Satoko Oka Norimatsu, Yamaguchi’s fellow Asia-Pacific Journal: Japan Focus editor and a Vancouver-based author, will introduce “history wars” in Canada, in 2015 over the plan to build a “comfort women” statue in Burnaby, and in 2018 over the movement to establish a Nanjing Massacre Commemorative Day in Canada.



Sunday, November 17, 2019

琉球新報記事への補足 Supplement to my Ryukyu Shimpo article

私が琉球新報で連載している「乗松聡子の眼」というコラムシリーズの第30回として、11月13日「基地『引き取り』運動 脱植民地化への道」という文が掲載されました。これに対しては批判も評価もいただいていますが、受け止めて考えております。

1千字のコラムではとても書ききれる問題ではないということもあり、ここで、この件について私が書いてきたものの中でこのブログで過去に紹介したものを再紹介します。
沖縄と九条-私たち(日本人)の責任(2013年の「9条世界会議」での発言を編集したもの) 
自らの植民地主義に向き合うこと―カナダから、沖縄へ:『ヘイト・クライムと植民地主義』(三一書房)から転載 
日本の米軍基地は日本に属する 新刊『沖縄発 新しい提案 辺野古新基地を止める民主主義の実践』(ボーダーインク社)より転載 

各文の間には齟齬があるときがあるかもしれませんが、それはいろいろな学びや経験の中で自分の言葉の使い方や考え方が変化しているからです。その他、ネットにないものは、

『沖縄の怒ー日米への抵抗』(ガバン・マコーマックと共著、法律文化社、2013年)の後書き、「日本は『愚者の楽園』のままでいるのですか?」

『沖縄は孤立していない 世界から沖縄への声、声、声』(乗松聡子編著、海外など40人ほどの識者の論考・インタビュー集、金曜日、2018年)の前書き、「『醜い日本人』仲間へ」

あとは近刊として
「植民地責任としての『基地引き取り』 ひとりの在外日本人の心のジャーニー」(鳩山友紀夫・木村朗編『脱大日本主義の薦め』晃洋書房の中の一章)がまもなく出る予定です。

これらも読んでいただけると有難く思います。
沖縄の基地を止めるため、できることを引き続きやっていきます。

乗松聡子