To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。info@peacephilosophy.com までご連絡ください。

Friday, February 27, 2015

翁長知事に「一日も早く埋め立て承認撤回を」アクションは続く Okinawan citizens urge Govenor Onaga to revoke reclamation approval

以下の記事にもあるように、沖縄の市民グループ New Wave to HOPE のメンバーらが中心になって、2月15日翁長知事に辺野古新基地建設のための埋め立て承認を撤回してもらうためのアクションを開始した。

第2回目「知事へのアクション」として3月1日(日)パレットくもじ前にて14時から16時まで行うとのこと。

2月16日琉球新報より
 
このアクションがきっかけとなって記事にもあるように、メンバーの宮島玲子さんが知事へのメッセージを募ったところたくさん集まり、2月25日には、県庁で知事に対して240通ものメッセージをアルバムに収めたものを届けに行った。知事に直接届けたいとの要請は通らなかったが、県広報交流課の喜友名潤班長が代理で対応した(沖縄タイムス2月26日に記事がある)。
 
 
メッセージの例として、Miyajima Reiko さんのフェースブックより。切実なものばかりだ。
 




宮島さんらがメッセージと一緒に届けた手紙より ―

知事もご存知のように、ここ沖縄では陸でも海でも日米両政府による暴力の嵐が吹き荒れております。

 日本政府の暴挙は許し難く言語道断な行為ですが、前知事の埋め立て承認を印籠のように示しながら牙を向いて私達県民に襲いかかるこの状況下、もはや一刻の猶予もありません。

こちらのアルバムには、辺野古の現場や、私達の呼びかけに賛同して下さった那覇市、浦添市、南城市、与那原町など様々な地域にお住まいの大勢の方から知事への熱い思いを込めた240枚のカードをまとめました。

ぜひ一枚一枚に目を通して頂けますようお願い申し上げます。

こちらのメッセージカードには、一刻も早い埋め立て承認撤回を求める声や、知事を支え共に頑張るというエールの声など、全てに市民の真摯な思いが込められております。

今後も引き続きメッセージカードを集めてまいりますので、次回はぜひ知事御本人にお目にかかりお渡ししたく、何卒ご配慮のほど宜しくお願い申し上げます。

県民の民意で沖縄県知事になったのだと仰ったあの頼もしいお言葉と共に、是非一日も早い埋立承認撤回宣言をして頂きたいと願うばかりです。

3月1日(日)パレットくもじ前で午後2-4時にまたアクションがある。

主催者からの言葉――「買い物帰りにでも遊びにいらして下さいね♪」

NO to Henoko Base! People of Okinawa Protest at the US Consulate General 辺野古基地建設を即時中止せよ! 沖縄市民が米国総領事館前で行動

On February 26, 70 people gathered in front of the Consulate General of the United States in Okinawa, to protest the plan to built a new marine base at Henoko. Their statement of protest(below) demanded cancellation of the US and Japanese governments' plans to build new military facilities in Henoko and Takae, and no more throwing of heavy concrete blocks into Oura Bay as well as immediate removal of those already placed. They also condemned recent remarks by Cap. Caleb Eames in which he called the protest "laughable," and denounced the arrest and detention of movement leader Hiroji Yamashiro and another protester on February 22 (two were released on the following day). See also below for photos of the action, organized by a group called Wankara no kai.

26日、沖縄の米国総領事館前での行動がありました。琉球新報の報道はこちら。

「新基地建設許さない」 70人が在沖米総領事館前で抗議
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239523-storytopic-271.html

声明文はこれです。

 

Miyajima Reiko さんのフェースブックより報告を転載。

【わんから市民の会】
*「わんから」というのは「自分から」という意味の琉球の言葉です。

本日、米国領事館前で抗議アクションを行いました。...

何と75人も参加して下さいました。


参加された方からは「今度はいつするの?」「これは続けてほしい」という声が。

市民のリレートークあり、歌あり、声明文の読み上げ(英語&日本語)あり、今までのスタイルと全く違ったユニークなシュプレヒコールあり。

第一回目のアクションとしては大成功だったねとみんなで話しました。

今まで大人数が米国領事館前でこのようなアクションを起こすことはなかったとのこと。

米国は、長年辺野古の新基地建設については、日本政府と沖縄の問題だと知らんふりを決め込んでいます。

 冗談じゃない。

 米国は1995年の少女の尊厳を奪った事件のあったずっと以前から、既に辺野古に軍事要塞施設を造ることを目論んでいたことは米国公文書でも明らかです。

自国では決して出来ない沖縄に対するこのような暴挙に対する県民の怒りは、もはや、収まりません。





宜野湾市議の桃原功氏




 

Tuesday, February 17, 2015

名護市地元住民団体が翁長知事に「早急に埋め立て承認の撤回を表明すること」を要請 Residents of Nago call on Governor Onaga to declare revocation or Henoko reclamation permit

See English version below. The 10 districts north of Futami in Nago are situated on the opposite side of Oura Bay from Henoko, and the area is expected to suffer the most from noise pollution from the new Henoko base if it is built.

2月16日、新基地計画が強行されている名護市の住民団体が翁長知事に早急に埋め立て承認撤回を求める要請行動をした。2月17日沖縄タイムスの社会面にも報道されている。以下要請文を紹介します。

名護市の「二見以北」とは-
大浦湾沿岸に点在する10の小さな集落を「二見以北10区(二見集落より北に位置する10の集落)」と呼ぶ。辺野古新基地建設が計画されている辺野古崎から大浦湾を挟んで対岸に位置し、
基地建設による騒音被害を最も受ける地域。
(以下)


2015216

沖縄県知事 翁長 雄志 殿
 

辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会

会長 松田藤子

  副会長 勢理客宗吉/山城義和/東恩納琢磨

/新名善治/比嘉徳幸

 

翁長知事へ、辺野古埋め立て承認の早急な撤回表明を求める要請
 

 私たちは、日本政府が辺野古新基地建設を計画している大浦湾を挟んで米軍キャンプ・シュワブ基地の対岸に位置する(名護市東海岸)二見以北十区の住民です。十区合わせて1350人余の住民が生活しています。うち1000人余が、新基地建設反対署名活動に署名・賛同して発足したのが「辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会」です。 

 「基地は沖縄発展の阻害要因である」「辺野古新基地はつくらせない」と訴え、「誇りある豊かさ」をスローガンにかかげた翁長知事の誕生は、新しい沖縄の歴史を築く始まりと期待しています。私たちは、誇りある沖縄のため、基地問題だけでなく様々な側面から翁長知事を支え、頑張っていく所存です。そのためにも、「新基地建設阻止」は絶対にやり遂げなければならない課題です。翁長知事を先頭に、沖縄県民の民意のパワーで解決し、前進しなければなりません。
 

 しかしながら現在、大浦湾では、民意を無視した政府による暴力的な作業が連日強行され、大浦湾の貴重なサンゴや海草藻場が次々に破壊されています。海でも陸でも抗議する県民・市民に海上保安庁や機動隊の暴力が振るわれ、怪我人が続出しています。国が決定したことは、反対があっても必ずやると言っているように見えます。工事をどんどん進めることによって辺野古移設反対の民意を根底から崩し、県民に疲弊感を作り出していくのが狙いだと考えられます。 

 私たちは、このような理不尽な仕打ちに絶対に負けるわけにはいきません。住民や民意を分断する政府のやり方に対処するため、また、現場においてこれ以上の怪我や事故、自然破壊が起きないよう、私たち二見以北住民の会は翁長知事へ次の要請を行います。

 沖縄県知事の強い意思を日米両政府に示し、県民に今以上の勇気を与えてください。
 

 

・早急に埋め立て承認の撤回を表明すること

(同時に、取り消しに向けた検証委員会での検証はしっかり行っていただくよう期待します)  

 
(以上)


To

Governor Onaga Takeshi,

16 February 2014.


From

The Association of Residents of the Districts North of Futami Opposed to the Construction of a New Base at Henoko, Oura Bay.

President: Matsuda Fujiko

Vice-Presidents: Serikyaku SokiYamashiro YoshikazuHigashionna Takuma

Niina YoshiharuHiga Noriyuki

 

Letter of Demand calling on Governor Onaga to declare as soon as possible revocation of the permit for Henoko Reclamation 

We are residents of the ten districts north of Futami located on the opposite shore of Oura Bay to Camp Schwab, on Nago City’s East Coast. About 1,350 people live in these ten districts, and more than 1,000 of them have signed their opposition to construction of the new base and take part in the activities of this Association. 

We look to the birth of the Onaga governorship under slogans of “Bases are an Obstacle to Okinawan Development,” “Refuse to Allow the Construction of any New Base at Henoko,” and “a Prosperity We Can be Proud of” as marking the beginning of a new history for Okinawa. We are determined to strive for an Okinawa to be proud of, and to support you, Governor Onaga, not just on base matters but on various other fronts. To stop the construction of a new base is something that simply must be done. We must move forward under your leadership, Governor Onaga, to resolve these matters through the power of Okinawa’s people. 

However works are now being enforced day after day on Oura Bay, with the government ignoring the people’s will, and precious corals and sea-grasses being destroyed and the people protesting on sea and on land violently shoved aside by Coastguard and Riot Police, resulting in a stream of injuries. The government seems to be saying that once it has decided on a course of action it will not change, regardless of the opposition. Pressing ahead relentlessly with construction, it seems intent on fundamentally crushing the will of the Okinawan people opposed to construction and on driving them to exhaustion. 

We absolutely must not bow to such outrageous treatment. In order to deal with the government’s efforts to divide the residents and Okinawa’s will and in order that there be no more injuries and accidents at the site and that nature not be destroyed, we members of the Association of Residents of the Districts North of Futami Opposed to the Construction of a New Base at Henoko, Oura Bay issue the following demand. 

We call on you, Governor Onaga to display firm resolve to the governments of Japan and the United States, thereby inspiring us Okinawan people to greater courage. 

We Demand: 

That you declare as a matter of urgency your revocation of the license to reclaim Oura Bay.

At the same time, that the special committee investigating the granting of the reclamation license carry forward its proceedings as a matter of urgency (with a view to cancellation).

Monday, February 16, 2015

「承認撤回NOW!」「政治判断NOW!」「政治判断NOW!」―翁長知事への「埋め立て承認撤回を求めるアクション」報告 Okinawan citizens rally to ask Governor Onaga for immediate revocation of Henoko reclamation approval

沖縄の市民グループ New Wave to HOPE のFacebook より転載します。写真も New Wave to HOPE によるものです。16日の琉球新報社会面にも「知事に『承認撤回』を 新基地建設 市民らメッセージ集め」という見出しで報道されています。

【翁長知事へのアクション】

本日2月15日14時から16時まで、翁長知事への「埋め立て承認撤回を求めるアクション」を那覇市久茂地パレット前で行いました。

このアクションにはNew wave to HOPEのメンバーと、メンバーの知り合いや友人達も駆けつけて下さり、総勢約20人が街頭に立ち三つのスローガンをマイクで訴えながら、道行く人達に翁長知事へのメッセージカードを書いて頂きました。...


本日は65枚の老若男女の皆さんからの言葉を頂きました。


何枚か紹介します。

「沖縄に基地は要らない、造らせないといった言葉を有言実行で!」

 「早急に埋め立て承認の撤回をお願いします」

 「辺野古は時を待ってはくれません。早い行動を」

 「とにかく頑張りましょう。もう理屈は入りません」

 「検証委員会の報告まで待てません。すぐ工事差止の決断と行動を!」


県民のみならず海外の方、県外の方も書いて下さいました。

謎のゴレンジャーの皆さんにもメッセージカードを書いて頂き、その場も思わず盛り上がり2時間のアクションを終えました。

学生達も「辺野古を守りたい、沖縄を平和にしたい」という思いで書いてくれました。

ご高齢の婦人は「もう基地は沖縄には要らない。辛い」とお話しされていました。

私達の三つのスローガン

「承認撤回NOW!」
「政治判断NOW!」
「民意をバックにGO!」


これらが翁長知事に届くまで市民アクションを続けてまいります。

本日ご協力頂きました皆様に心よりの感謝を申し上げます。


















★★★

アメリカン大学教授、ピーター・カズニック氏からこのアクションに届けられたメッセージ


「翁長知事、辺野古撤回 NOW!」市民アクションへのメッセージ
寒くて雪も降っているワシントンDCよりメッセージを送ります。
沖縄の人々が普天間基地の県内移設に反対していることは何度も何度も証明済みであるのにもかかわらず、現在安倍政権は辺野古の新基地建設を強行しようとしています。 
私たちは、この野蛮で非民主的な行為に勇敢に立ち向かっている今日のアクションの参加者と、基地を望まない全ての沖縄の人々と共に闘っています。 
皆さんはすでに仲井眞知事に裏切られています。だから翁長知事に同様にされることだけはないようにしなければいけません。 
今週、私は日本大使館に行って、皆さんも協力してくれた、辺野古移設反対の署名17000筆を届けてきました。少しでも役に立てれば嬉しいです。 
私も今日、飛んでいって皆さんと一緒に行動できたらどんなにいいかと思います。 
しかしそこにいなくとも、私たち海外の仲間たちも私も、気持ちの上では皆さんにぴったり寄り添っています。皆さんが沖縄で行っている運動は私たちも刻一刻とフォローし、かたずを飲んで見守っています。 
今日のアクションがきっかけとなり運動がどんどん広がっていくことを祈っています。 
連帯の気持ちと愛と感謝をこめて、 
アメリカン大学歴史学教授
ピーター・カズニック

 

Friday, February 13, 2015

「翁長新知事の断固とした政治的決断を」―沖縄の6団体が翁長知事に要請行動

2月10日、「憲法9条メッセージプロジェクト」をはじめとする憲法9条を守る活動をしている沖縄の6団体が翁長知事に要請行動をした。2月11日の沖縄タイムス(社会面)、2月13日の琉球新報(31面)に報道されている。重要な行動だと思ったのでここに紹介する。


これが要請文だ。

 



「アメリカを中心に外国の有識者たちも、辺野古の埋め立てによる新基地建設に反対して、具体的提言を含む要請を発表し、沖縄県知事からの速やか、かつ具体的な対応を求めています」とあることから、1月23日の、ガバン・マコーマックらによる翁長知事への手紙に呼応しているものであるとうかがわれる。

日本の「暴走」に対し、「戦後、アメリカ軍のブルドーザーと銃剣に抵抗し立ち向かったウヤファーフジの子孫たる矜持をもって、翁長知事が行動することを期待」(「ウヤファーフジ」は祖先のこと)とある。

最後に、

「今こそ、翁長知事は第三者委員会の検証作業をさらに迅速に推し進めるよう指揮・督促すると共に、『辺野古新基地建設を断念せよ!』との政治的意思表明を、政府をはじめとして、国内外に明確に発信すべき時だと考えます。圧倒的民意を戴した翁長新知事の断固とした政治的決断を要請致します」

と結んでいる。

仲井眞前知事による辺野古の埋め立て承認を検証する「第三者委員会」は承認における法的瑕疵を特定するためのものであり、翁長知事は瑕疵があれば承認取消を検討するとしている。一方、瑕疵がなくとも承認撤回が今すぐにでもできると専門家も指摘しており、第三者委員会の委員長の大城浩氏も、撤回は行政の権限であり第三者委員会の権限外であると言っている(2月7日の琉球新報)。

翁長知事による新基地を造らせないという「意思表明」はもう選挙の時から繰り返し行ってきたことからも、ここで言っている「政治的決断」とは、「承認撤回」のことを指していると思われる。

@PeacePhilosophy