To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。info@peacephilosophy.com までご連絡ください。

Friday, July 09, 2010

Ochiai Eiichiro's Article in Nikkan Berita on Oura Bay Documentary 大浦湾軍港計画ドキュメンタリーについての日刊ベリタ記事

(Photo from Ryukyu Asahi Broadcasting's website)

This is Ochiai Eiichiro's article in Nikkan Berita, an on-line alternative journal in Japanese, on Ryukyu Asahi's documentary on the U.S. plan to build a military port in Oura Bay, Okinawa. See Japan Focus article (with YouTube links) for the English introduction and summary of this documentary.

私が『Japan Focus: Asia-Pacific Journal』誌のために紹介記事を書いた琉球朝日放送のドキュメンタリー番組について、落合栄一郎さんが『日刊ベリタ』に紹介してくれました。以下に貼り付けます。『ベリタ』の記事はここにあります


*********************

落合栄一郎

辺野古移設の欺瞞

普天間基地閉鎖、県外移設を約束した鳩山首相は、最
後になって自民党時代からの約束であったとされる辺
野古への移設をアメリカ側と約束してしまった。菅首
相はそれを引き継ぐと明言している。これはあくまで
普天間の代換地提供という形で行われる。アメリカ側
は、鳩山政権にたいして、代換地は辺野古に限ると強
く主張し、日本側は、その他の候補地を断念させられ
た。辺野古以外の候補地はなぜいけないかについての
明確な説明はなく、辺野古移設を無理矢理に飲まされ
たのである。なぜそうだったのか。

その答えは、琉球朝日放送が、昨年10月初旬の深夜
(深夜の放送しか許可されなかったようである)に放
映した「狙われた海—沖縄・大浦湾 幻の軍港計画」
というドキュメンタリーにある。それによれば、44年
前に辺野古を含む大浦湾一帯に軍港も含む大規模な軍
事施設を作る計画がアメリカ軍部で作られていて、そ
れが頓挫して諦められていたのが、今回の普天間移設
という形で復活してきたということのようである。だ
から、辺野古・大浦湾でなければならなかったのであ
る。移設ではなく、元からあった計画の復活である。
これをアメリカ側が本気で実現するつもりでいるかど
うかは、不明であるが、いったん辺野古海上基地が着
工されれば、なしくづしに拡張される可能性がある。
これは今の時点で阻止しなければならないであろう。

一つは、先にも報告した(日刊ベリタ:2010.01.14)
ように、この海域を基地化することによって、天然記
念動物ジュゴンの絶滅をもたらす可能性があるから、
環境保護のために、辺野古・大浦湾を破壊するような
開発は御法度であるというアメリカでの判決などを援
用するとともに、日本国民全体が、沖縄に更なる基地
増設に断固反対するという意思を示す必要があるであ
ろう。

なお、上記のドキュメンタリーは、以下のユーチュー
ブで見ることができるので、是非ご覧いただきたい。

http://www.youtube.com/watch?v=UrLM3hkd5cY&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=ERhCNuSW4CQ&feature=related 

http://www.youtube.com/watch?v=y9GZ-COUDXU&feature=related 

なお、英文の解説も含めて、http://peacephilosophy.blogspot.com/2010/07/japan-focus-article-assault-on-sea-50.html でも見る事が出来ます。

***********************

(付記―上のリンクはピースフィロソフィーセンターが Japan Focus 誌の記事を転載したものなので、元の記事についてはhttp://www.japanfocus.org/-Norimatsu-Satoko/3381 をご覧ください。)

No comments: