To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Saturday, February 24, 2007

(Japanese) Documentary Film 'Annyong Sayonara' Screening

Announcement of film screening 'Annyong Sayonara' Japanese version. Infomration of the English version is coming soon.

ピース・フィロソフィー・サロン 3月特別企画


ドキュメンタリー映画 「あんにょん・サヨナラ」

日韓両国語版先行上映会

★日時 3月10日(土)
第一回 2:10 PM - 3:57 PM (2時集合、2時10分上映開始)
第二回 5:10 PM - 6:57 PM (5時集合、5時10分上映開始)

★場所 ピース・フィロソフィー・センター (ノース・バンクーバー)

★会場までの詳しい行き方は申込みされた方に案内します。

★申込み info@peacephilosophy.com までどうぞ。2時の会か5時の会か、明記してください。

★定員 各回 大人 20名まで

★子連れ OKです。お子様の安全は保護者の責任となります。

★費用 大人一人5ドル 学生3ドル

★映画案内 http://plaza.rakuten.co.jp/annyongsayonara/ より。

日韓共同ドキュメンタリー「あんにょん・サヨナラ」
◆「あんにょん・サヨナラ」 とは、靖国をテーマにした日韓共同ドキュメンタリーです。  タイトルには 「日韓の辛い過去にサヨナラ、和解と未来よ、こんにちは」 という意味がこめられています。
「あんにょん・サヨナラ」 は、多くのインタビューから  靖国神社の本質を浮かび上がらせただけではなく、平和のために活動している人びとに勇気を与える作品です。  釜山国際映画祭 ドキュメンタリー部門最優秀賞受賞作品  山形国際ドキュメンタリー映画祭 アジア千波万波 特別招待作品
◆ストーリー  李熙子 (イ・ヒジャ) の父はアジア太平洋戦争中に日本軍に徴用され、中国で戦死した。  日本政府から、父について何の通知もなく、彼女が父の死の詳細を知るのは90年代に入ってからのこと。その上、父は遺族の知らないうちに靖国神社に合祀されていた。  父の命日に、父が死んだ場所へと旅するイ・ヒジャを追い、在韓遺族にとっての合祀の意味を訊ねる。墓石にアボジの名前を彫れるその日まで──。  イ・ヒジャの願いを共に叶えようとする日本の友人の姿は、イ・ヒジャの旅に新たな意味をもたらした。
◆2005年/107分/DV/日本・韓国  監  督 キム・テイル  共同監督  加藤久美子  助監督 ジヘ

No comments:

Post a Comment