To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Wednesday, February 25, 2009

Feb 21 Salon on Japan's Constitution - Comments by Participants

The Peace Philosophy Salon on February 21, on the birth of Japan's Constitution was a great success. We had 14 people - students and professionals, and with Chinese, Korean, American and Japanese cultural backgrounds. Our discussion topics included Article 9, Self Defense Force, the constitutional revision debate, national referendum, happiness, "Power Over" versus "Power To," nationalism and patriotism in education. Here are excerpts from the comments from some of the participants.

"The meeting was very informative for me. I am surprised that the Article 9 doesn't say "in any circumstances" but "preceding paragraph" as we discussed. Still, I believe Japan should never lose it. " H. T.

Following are in comments in Japanese, followed by simple translation.

・・・多くの人たちが「戦争に負けたから勝った人のいうことを聞くのが9条がもつ意味だ」と言っていて、
私もそう思ったこともありました。でも、日本国憲法誕生のDocumentaryを見て、それを作った人たちがどんな思いで、どんな願いを込めて作ったものかわかる事ができました。憲法9条は戦争に勝った国たちの都合のいい、日本を操るためのものではなく、ただ平和で、幸せに暮らしたい、9条の会で合った皆さんのような人たちを守るための物であることがちゃんと分かりました。 Kim Junghoon
(I used to think Article 9 was given to the defeated by the victors. Seeing this documentary, I now know what thoughts and wishes those people had in drafting the Constitution. Article 9 was not for controlling Japan, but it is for protecting people's peace and happiness.)

・・・国民投票法により、憲法の改正が国民に委ねられてしまったことが非常に危険なことだと改めて感じました。私の個人的な意見ですが、日本人は他の国に比べて政治的関心が低く、憲法改正についても知識のない人が多いと思うので、そんな国民のことをわかりながら政府は民主主義をよそおい、国民を利用して改憲しようとしているのではないかなぁと感じました。 M. F.
(I think the government is trying to take advantage of the Japanese people, who are generally apathetic to politics, by passing the national referendum law and leading to a constitutional revision.)

・・・ドキュメンタリーの中でベアテさんが女性の人権のところへ来たときに日本側のスタッフが「これは日本の文化ではない、合わないので削除してほしい」と言った言葉が衝撃的でした。たったの60数年前の日本はこうだったのですね。 Y.B.
(I was shocked to know that the Japanese government officials, in discussing the clause on equal rights for women and men, resisted by saying that the clause did not suit the Japanese culture and it should be removed. This was Japan, only 60 years ago. )

・・・勉強することであれだけ楽しかったのは久しぶりというぐらいすごく充実した時間が過ごせました。自分の心の中のどこかで平和に関する何かに従事していたいという気持ちがまた強くなりました。ディスカッションがあれだけ盛り上がるのは日本ではあまりないので、その点でも新鮮な感じがして良かったです。 T.Y.
(I had not had such joy of learning for a long time. I want to act for peace. Such engagement in discussion does not happen so often in Japan, so the whole experience was refreshing. )

・・・今回見たビデオは、日本国憲法の誕生の多重なプロセスをわかりやすく紹介していて、かつ、「憲法誕生という歴史」の解釈、構築のされかたなども考えさせられました。今後の憲法に関するディスカッションにも役に立つ重要な点を提供していたと思います。憲法9条の会のマサさん、ピースフィロソフィーの聡子さん、の豊富な知識や分析やコメントがとても勉強になりましたし、20代の参加者のみなさんの真摯でまっすぐに社会と人間を見つめる姿勢はこれからも大事にしていってほしいと思いました。 N.T.
(The documentary introduced the multiple layers of the process in the birth of the Japanese Constitution. I learnt from knowledge and analysis of Masa (Vancouver Save Article 9) and Satoko (Peace Philosophy Centre). I was impressed with the young participants' genuine interests in society and humanity.)

Thank you all and I look forward to seeing all of you again in the next event!

Love,

Satoko

No comments:

Post a Comment