To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Thursday, August 20, 2009

Daniel Ellsberg's Memoir for Hiroshima Day

I wanted to share this deeply moving and alarming memoir that Daniel Ellsberg wrote for the Hiroshima Day this year.

"Hiroshima Day: America Has Been Asleep at the Wheel for 64 Years"

The same article is available in Japan Focus with photos.

ベトナム戦争における政府の嘘を告発するために機密書類をメディアに発表した「ペンタゴン・ペーパー」でも知られるダニエル・エルズバーグ氏は米国の核政策を批判し続けてきている論客でもあります。エルズバーグ氏が原爆開発、投下前後の個人的な体験とその核兵器、核政策の知識を駆使してこの2009年の広島の日に捧げた回顧録「ヒロシマの日:アメリカは64年居眠り運転を続けてきた」(英語)をここに紹介します。

この記事は、中国新聞ピース・メディアセンターの「ヒロシマと世界」特集記事として短縮版が8月24日に発表されました。日本語版はこちらです。

Chugoku Newspaper ran a shortened version of this article on August 24, 2009 as part of the series "Hiroshima and the World." The Japanese version is here.


**************************************************************
Hiroshima Day: America Has Been Asleep at the Wheel for 64 Years
Daniel Ellsberg of Pentagon Papers fame writes that official secrecy and deceptions about our nuclear weapons posture and policies and their possible consequences have threatened the survival of the human species.・

http://www.truthdig.com/report/item/20090805_hiroshima_day_america_has_been_asleep_at_the_wheel_for_64_years/
**************************************************************
また、エルスバーグ氏は、2009年の9月以降から随時、最新の機密解除された文書などをもとに、アメリカの核政策の隠された歴史についての論文をネット上で連続発表する予定です。このブログでも随時紹介していきます。

No comments:

Post a Comment