To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Tuesday, October 27, 2009

Kinuko Laskey's Bust Unveiled at Seaforth Peace Park ラスキー絹子さんの銅像 バンクーバー シーフォース平和公園に設置

Late Hiroshima Hibakusha (A-bomb survivor) Kinuko Laskey's Bust was unveiled at Vancouver's Seaforth Peace Park, at a ceremony held at 1 PM, on the warm and sunny Saturday, October 24th.
広島の被爆者、故ラスキー絹子さんの胸像がバンクーバーのシーフォース平和公園に設置され、10月24日(土)1時から、除幕式が開かれました。
The event was attended by around 50 people, including David Laskey, Kinuko's husband, Nanami, Kinuko and David's daughter, Bill Saunders, President of Vancouver and District Labour Council that sponsored this project, and Dunc Shields, brother of artist Keith Shields who sculpted Kinuko's Bust. Keith passed away this past winter.
式に参加したのは50人ほどで、絹子さんの夫のデイビッド・ラスキーさん、娘のナナミさん、この胸像のスポンサーとなったバンクーバーおよび地域労働評議会会長のビル・ソンダースさん、胸像を作った彫刻家のキース・シールズさんの弟のダンク・シールズさん等が出席しました。キースさんは昨冬、亡くなられています。
The inscription says,
KINUKO LASKEY
KINUKO LASKEY WAS A SIXTEEN YEAR OLD NURSE WHO SURVIVED TH
E BOMBING OF HIROSHIMA.
SHE MOVED TO VANCOUVER IN 1954 AND FOR MANY YEARS WAS UNABLE TO SPEAK OF HER EXPERIENCE. IN 1982 SHE BROKE HER SILENCE AND BEGAN WHAT BECAME A LIFELONG WORK AS A PEACE EDUCATOR AND ACTIVIST. THIS BUST HONOURS
KINUKO'S LIFE AND HER WORK.
SPONSOR: VANCOUVER AND DISTRICT LABOUR
COUNCIL IS PROUD TO DEDICATE THIS MONUMENT
TO KINUKO LASKEY'S MEMORY.
SCULPTOR: KEITH SHIELDS
碑文はこのように述べています。
ラスキー絹子
ラスキー絹子さんは、広島で被爆した当時、16歳の看護婦でした。1954年にバンクーバーに来たあと、長い間、体験について話すことはできませんでした。しかし1982年にその沈黙を破り、平和教育と活動にその余生を捧げました。この胸像は、絹子さんの人生とその業績を讃えるも
のです。
提供:バンクーバーおよび地域労働評議会はラスキー絹子さんを記念してこの銅像
を捧げます。
彫刻家:キース・シールズ
(Photos by Walter Matsuda 写真 ウォルター・松田)

No comments:

Post a Comment