To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Monday, May 31, 2010

Okinawa's Voice Reconfirmed, and Reinforced

Nago Citizens' Gathering on May 28 to protest the U.S. and Japanese Governments' joint statement to build a new base in Henoko. 1,200 people attended. (photo from Dugong Keijiban blog.)

Latest Mainichi Shimbun poll
, conducted from May 28 to 30 with Okinawans:

84% of Okinawans oppose a new base construction in Henoko.
6% agreed.

Support for Hatoyama: 8%
(drop from 63%, in November 2009)

71% don't think Marines are needed in Okinawa
15% think they are needed.

50% think US military bases in Okinawa should be reduced, and 41% think
they should be removed.

55% think Japan-US Security Treaty should be changed into a Peace Treaty,
and 14% think it should be abolished. 7% think it should be maintained.

Okinawans' anger and oppposition to the new base plan are accelerating.

Gavan McCormack, Co-ordinator of Asia-Pacific Journal: Japan Focus and Professor of Australian National University concluded his speech on May 28 in Oslo, Norway, at PIO(Peace Research Institute) saying:

“Tokyo cannot roll tanks into Nago, like the Soviet Union into Budapest or the PLA into Lhasa, to crush resistance and impose something so plainly against the will of the people. Neither Tokyo nor Washington can do this. The new base should not, can not, will not be built.”

PeacePhilosopher

http://mainichi.jp/select/today/news/20100531k0000m010043000c.html
2010年5月30日 19時39分 更新:5月31日 0時52分

毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象

米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市で2009年10月11日、本社機から野田武撮影 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古周辺に移設する日米合意を受け、毎日新聞と琉球新報は28~30日、沖縄県民を対象に合同世論調査を実施した。辺野古移設に「反対」との回答が84%に達し、「賛成」はわずか6%だった。鳩山内閣の支持率は8%と1ケタにとどまり、昨年10~11月に実施した合同調査の63%から大幅に下落。「最低でも県外」「地元合意を得ての5月末決着」の約束を破る形になった鳩山由紀夫首相への不信感が沖縄県民に広がっていることを示した。

 「反対」と回答した人にその理由を尋ねたところ「無条件で基地を撤去すべきだ」(38%)と「国外に移すべきだ」(36%)の合計が7割を超えた。「沖縄県以外の国内に移すべきだ」との回答は16%、「沖縄県内の他の場所に移したほうがいい」は4%だった。

 米海兵隊の沖縄駐留についても「必要ない」が71%を占め、「必要だ」の15%を大きく上回った。「東アジア情勢の緊迫」や「抑止力」を理由に県内移設を決めた首相の説明は理解を得られていない。在日米軍基地の約74%が沖縄に集中していることに関しては「整理縮小すべきだ」が50%、「撤去すべきだ」が41%だった。

 米軍の日本駐留を定めた日米安保条約については「平和友好条約に改めるべきだ」が55%と半数を超え、「破棄すべきだ」との回答も14%あった。「維持すべきだ」は7%しかなく、日米同盟自体に反感が強いことを示した。【坂口裕彦】

No comments:

Post a Comment