To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Friday, January 18, 2013

ジョセフ・ウォン: 領土問題で血を流したり人命を犠牲にしたりしてはいけない。Dr. Joseph Wong: Territorial disputes should not be causes for bloodshed or loss of lives.

今日は、カナダ・トロントに拠点を置く医師・社会事業家のジョセフ・ウォン氏による言葉を紹介します。日中関係を憂慮するカナダのアジア系市民たちの対話の中、1月7日にウォン氏がメールで書いたものを許可を得て引用します。Here is a quote from Dr. Joseph Wong, a Toronto-based physician and a philanthropist.
Territories are not sacred.  They have been used as excuses to satisfy some people's ambitions.  I believe they should not be causes for bloodshed or loss of lives.  The problem now at East China Sea is a symptom of what has been simmering from failure to get a proper closure for the atrocities committed by Imperial Japan during and before WWII in Asia in the first half of the last century.  What we are discussing and trying to do is to hopefully bring a voice of reason and harmony, recognizing the historical truth, promoting reconciliation and understanding, bringing eventual peace to a troubled and chaotic region, avoiding war and loss of lives in the short term, but more importantly, we should be brothers and sisters irrepective of our race and skin colors.  After all, China, Japan, and Korea are neighbours, and we are in a global village.

領土というものは聖域ではありません。領土問題は、一部の人たちの野心を満たすための口実として使われてきています。血を流したり人命を犠牲にしたりする原因になってはいけないのです。現在の東シナ海における問題は、前世紀の前半、第二次世界大戦の前と最中に日本帝国が行った残虐行為の数々についてしっかり解決できていない問題がいまだにくすぶっていることの一つのあらわれです。私たちが話し合うことによってやろうとしていることは、理性と調和の声をもたらし、歴史の真実を認識し、和解と理解を促進し、問題を抱え混沌としている地域に最終的に平和をもたらすことであり、短期的には戦争と人命の喪失を防ぐことです。しかしさらに大事なことは、私たちは人種や肌の色の違いなどに関係なく、兄弟姉妹であるということです。結局のところ、中国、日本、コリアは隣国同士であり、私たちは地球村の住人なのです。
ウォン氏の言葉は、隣人と仲良くし、トラブルを起こさないという当たり前のことを思い出させてくれる。

Also see a call for peace by a group of Okinawan intellectuals.
Intellectuals in Okinawa assert that the Senkaku Islands should be shared
http://english.ryukyushimpo.jp/2013/01/17/9033/

沖縄からも良識の声があがっている。

琉球新報 尖閣は共存共生の場 県内学識者が緊急声明
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-201252-storytopic-3.html

琉球新報社説 「尖閣」識者提言 草の根交流重ね信頼回復を
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-201324-storytopic-11.html

沖縄タイムス 尖閣の平和へ 学術組織設立を計画
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-01-11_43785

No comments:

Post a Comment