To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Thursday, December 04, 2014

転載:『週刊金曜日』、ろくでなし子さんと北原みのりさんの逮捕に抗議

賛同の意とともに転載します。週刊金曜日サイトから。

この件は英語でも報道されています。ジャパンタイムズデイリーメールなど。
 
ネット署名は 「芸術家・ろくでなし子氏の即時釈放を要求します」(Change.org)

金曜日の抗議文にこうある。「ろくでなし子さんの一連の作品は、女性の性を商品化する「わいせつ」物を氾濫させている男性的な社会に対して疑義を唱える表現活動です。」

やはりそうだったのかと思った。ろくでなし子さんの最初の逮捕のときから、これは表現の自由とか「わいせつ」の定義とかよりもジェンダーの問題と思った。

一連の逮捕は「わいせつは男の特権だ、女は引っ込んでろ!」というメッセージではないでしょうか。私にはそう受け取れます。@PeacePhilosophy

追加:ろくでなし子さんの弁護士の山口貴士氏のツイッターより。

ろくでなし子弁護団【カンパ口座の案内】 (ゆうちょ口座から) 記号:14100 番号:56560871 名称:ロクデナシコシエンベンゴダン (他銀行から) 金融機関名:ゆうちょ銀行 支店名:四一八支店 口座種別:普通 番号:5656087 名義:ロクデナシコシエンベンゴダン

『週刊金曜日』、ろくでなし子さんと北原みのりさんの逮捕に抗議


警視庁が12月3日、漫画家のろくでなし子さんと作家の北原みのりさんを逮捕した件で、『週刊金曜日』は同日、逮捕に抗議するとともに、一刻も早い2人の釈放を求める抗議声明文を発表した。
平井康嗣・編集長名での抗議声明では、ろくでなし子さんの『週刊金曜日』連載が、再逮捕のきっかけになった可能性について言及するとともに、「自由な表現活動に対する重大な侵害と暴力行使でしかありません」と批判している。
抗議声明文の全文は次の通り。
(『週刊金曜日』編集部)

//////////////////////

ろくでなし子さん、北原みのりさん逮捕への抗議声明文
 
本日12月3日、ろくでなし子さんが警視庁小岩署にわいせつ物頒布等の容疑で再逮捕されました。今年7月12日に続く逮捕です。

ろくでなし子さんは、自身の女性器を主題にした作品の発表をつづけてきました。

ろくでなし子さんの一連の作品は、女性の性を商品化する「わいせつ」物を氾濫させている男性的な社会に対して疑義を唱える表現活動です。いまだに一連の作品を“刑法違反のわいせつ物”ととらえる警視庁の不勉強さにはあらためて残念な思いを抱きます。

また、今回の再逮捕のきっかけの一つとして、『週刊金曜日』における、ろくでなし子さんの連載漫画が考えられます。

この漫画では小岩署での勾留体験がつまびらかに描かれています。その中で、警視庁小岩署の不当な取り調べや、そもそもの容疑理由の不明朗さも明らかにされてきています。

警察や司法当局が自らの不都合な事実を隠ぺいするために、または報復的に、ろくでなし子さんの逮捕に及んだとすれば、これは自由な表現活動に対する重大な侵害と暴力行使でしかありません。

さらに今回は、北原みのりさんも同日、わいせつ物公然陳列容疑で警視庁に逮捕されました。北原さんも『週刊金曜日』に連載を持つ作家です。北原さんも性を女性が取り戻すために活動を続けてきた代表的な人物の一人です。

ともかく不当な理由で国民の平穏な生活を侵害することはやめてほしい。一刻も早く2人が釈放されること、そして強硬な捜査を取りやめることを強く、強く求めます。

抗議の意思表示として、ろくでなし子さんが「わいせつ」と表現について考える対談を来週発行の12月12日号に掲載します。

                                                                2014年12月3日
平井康嗣・『週刊金曜日』編集長

No comments:

Post a Comment