To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Friday, November 28, 2008

(Japanese) Play "NABI/Comfort Women" (Written by Chungmi Kim)

(This article is about the play "NABI/Comfort Women," (written by Chungmi Kim) performed on November 21, 2008 at Evergreen Cultural Centre in Coquitlam, BC, Canada. See here for the English version.)


被害者と心でつながること、そして絶望から希望へ

―演劇「ナビ/コンフォート・ウィメン」(キム・チョンミ作)を鑑賞して―


ピース・フィロソフィー・センター
乗松聡子

筆舌に尽くしがたい苦難と屈辱の経験を背負いながら人間はどうやって現在を生きていくのか。過去を捨てて現在に生きていくのか、それとも現在から自らを遮断して過去の中に生きてくのか、あるいは現在の中の過去を見つめながら一瞬一瞬を生きていくのか。旧日本軍に性奴隷とされた女性たちはそれぞれの選択を生きつつ、今新たな道を歩み始める―。

2008年11月21日、カナダ西海岸・バンクーバー近郊の町コクィットラムにあるエバーグリーン文化センターの劇場で日本軍「慰安婦」をテーマにした演劇「ナビ/コンフォート・ウィメン」(原作キム・チョンミ、演出バン・ウンミ)を鑑賞した。この劇はもともと「コンフォート・ウィメン(Comfort Women)」という題で英語で書かれたものであるが、このバンクーバー公演は韓国語(英語、中国語の字幕付き)で上演された。3日間、のべ6回に渡る公演の第2回目に行ったのだが、定員260余りの劇場は満席であった。「ナビ」は韓国語で「蝶」の意味である。私の理解では、蝶はこの作品で象徴的な意味を持っており、被害者の女性たちが証言を通じて尊厳と自由を取りもどす過程を、蝶が羽ばたく姿に重ねている。

あらすじはこうである。舞台は1994年のニューヨーク。キム・ユニは娘家族と共にひっそりとした生活を送っていた。ある日、ニューヨーク大学の学生である孫のジナが勇んで帰ってくる。今度、第二次世界大戦中に旧日本軍に「慰安婦」とされた被害者たちが国連に招かれ証言をするためにニューヨークに来ているのだという。ユニは、そういった人たちと関わるのはやめなさいとジナをたしなめるが、ジナは言う。「実は二人のハルモニを今家に連れてきているの。」動揺するユニの前に二人のハルモニ(おばあちゃん)が現れた。過去の辛い体験を話しつつ豪快に笑い歌うタフなハルモニたちは、ユニの冷たい態度が気に入らない。しかし話しているうちにハルモニたちはユニのおかしな様子に気づく。爪先の傷跡、そして背中に入れ墨の跡らしきものが・・・ハルモニの一人ボキは、ユニを良く見て思い出した。昔、日本軍将校付の「慰安婦」であった「花子」ではないかと問いかけられ、ユニは激しく否定する。ユニの心の中に死んだ母の声―「あれは悪夢だったのよ。悪夢に過ぎなかったのよ。忘れなさい。」―と共に恐ろしい記憶が次々とよみがえってくる。封印した過去と直面したユニは耐えられずに自ら死を選ぶ。そこに孫のジナが駆けつけユニを抱きしめる。「ハルモニ、私はおばあちゃんを心から誇りに思う。」息を吹き返したユニはジナに「窓を開けて」と頼む。ジナが開けた窓からは、部屋全体を照らす陽光とさわやかな風が吹き込んでくる。

最後のシーンでは会場全体から涙を抑えきれない様子が伝わってきた。何を隠そうこの私も、そして一緒に行った中国人の平和活動仲間であるハン・アーク君も泣いていた。日本軍「慰安婦」問題はもちろん知っていたし昨年はソウルで日本大使館前の抗議デモ(毎週水曜日に元「慰安婦」とその支援者が行うデモで、17年間続いている)にも参加し、ハルモニたちが共同生活を送る「ナヌムの家」にも行ってきた。この問題を専門に扱う東京の博物館「女たちの戦争と平和資料館」(WAM)の会員にもなって関心を持ってきた。女性たちの悲惨な体験とその後の苦悩を、本当に理解するなどできないことは承知しつつ自分なりにわかろうとしていた。しかしこの劇を見て、いかに自分の理解がまだまだ知的理解に留まっていたかを思い知った。この劇に出てくる「花子」という日本名を与えられたユニは15歳のときに連行され、器量が良いので将校専用の「慰安婦」にさせられる。他の「慰安婦」からは「あなたは一人しか相手にしないから梅毒にならなくてすむ」などと妬まれたりした上、最終的には将校にも暴力を振るわれ、別の慰安所に移送されて多くの「慰安婦」と同じようにたくさんの兵士から強姦を受けることになる。戦後は母親から全てを悪夢だと思って忘れるように言われ、結婚し子どもを産むが、夫に「慰安婦」であったことが知れ、そこでまた暴力を受ける。この劇に出てくる数々のリアルな回想シーンが、本や証言で聞いた話を生々しく再現させ、観る人の心に迫る。後援団体であるBCアルファのテクラ・リット代表は「被害者との心情的なつながりを育んでほしい」と語っているが、 まさしくこの劇によって、私はハルモニたちとの心のつながりを深めることができたと思う。また、世界では今も進行中の戦争や内紛で、多くの市民、特に子どもや女性が犠牲となり、また性暴力という犯罪は紛争地域だけではなく一般社会でもいまだに多発している。この劇が提示するテーマは、旧日本軍「慰安婦」問題に限らず、そして決して過去のことではなく人類が直面する現在の問題として捉えていく必要がある。

この劇を観てもう一つ感銘を受けたのが、主人公ユニの絶望から希望への転換である。「慰安婦」であった過去を隠して結婚し、何も知らない娘夫婦や孫と一見幸せに暮らしているが、突然目の前に現れた二人の被害者を前に隠し続けることができなくなり、50年近く封印をしていた過去と対峙することになる。それは自分の中に今も住む、傷ついて癒されないままでいる少女時代の自分だけでなく、将校の専属として他の女性たちよりも「ましな」待遇を受けた経験や、一緒に逃亡を試みた友人を見捨てなければいけなかった体験への深い罪悪感や、自分が悪いのではないとわかりつつ家族に真実を打ち明けられなかった葛藤といった全ての耐え難い感情と向き合うことになる。ユニが死を選ばなければいけない理由など一つもないのに、そうするに至ったユニの苦悩が痛いほどわかった。しかしここで死なないで欲しい。お願いだから死なないでと心の中で叫んでいる自分がいた。この劇で孫のジナ役の女優は「慰安婦」時代のユニも演じている。死の淵をさまよい目覚めたときに自分を抱きしめていた孫のジナを見て、苦しみを知らなかった少女の自分と重なっただろう。そして未来の世代を担うジナに希望を見出したであろう。そしてそのジナの愛情を受け、「誇りに思う」と言われたことで、生き続ける勇気を得ていく。長崎の被爆者である下平作江さんを思い出す。戦後、病気と貧困と絶望の中「死ぬ勇気と生きる勇気のどちらかを選択しなければいけなかった」状況で、生きる勇気を選んだ人だ。状況は違うとはいえ、戦争を生き延びた人たちがその苦悩や絶望の先に勇気や希望を見出していく過程には、家族や友人、支援者たちの愛情が重要な役割を果たすことは間違いないと思う。この劇のユニには孫という存在があったが、多くの性奴隷の被害者たちは、この劇の二人のハルモニのように、頼れる家族はいない。そうすると一体誰がハルモニたちにジナのような愛情を注ぐことができるのか。それは、この劇を見た一人一人、そしてこの性奴隷の問題を直視し、ハルモニたちを支援していく私たち一人一人に託されているのではないだろうか。ユニは人間性というものへの一縷の信頼を頼りに生き延びる決心をした。その信頼に応える責任は、国境や性別、立場を超えて、私たち人間の一人一人にあるものだと固く信じる。
劇作家キム・チョンミ氏によると、「コンフォート・ウィメン」は2004年秋にニューヨークのオフ・ブロードウェイで初めて上演された。この戯曲は『ニュー・プレイライト:2005年のベスト戯曲』(スミス&クラウス出版)に収録された。2005年の5月には、韓国語版の戯曲「ナビ」として、ソウル・シアター・フェスティバルで上演された。演出家のバン・ウンミは、2005年の秋に自らの劇団「ナビ・シアター・カンパニー」を立ち上げた。この劇団はそれ以来韓国で200回に上る公演を行い、この秋のトロントとバンクーバーでの初の海外公演に至った。このコキットラム市での上演は、劇団ハヌリという、バンクーバー地元の劇団がプロデュースした。劇団ハヌリのマーケティング・ディレクターのケヴィン・ソン氏によると、ハヌリは19年の歴史を持つ劇団で、メンバーはおもにコリアン系カナダ人だという。今回はキャスト7人全員とスタッフ4人が韓国から来加した他は、劇団ハヌリの20人余の地元スタッフが協力し、この公演を実現させた。会場にはコリアン系だけではなく、ヨーロッパ系、中華系、日系等のさまざまなカナダ人の顔ぶれがあった。世界にこの問題への認識を広めるという意味で、多文化社会バンクーバーでの公演には大きな意味があったであろう。これをきっかけに韓国外での公演が広まり、特に日本での公演が実現することを願っている。

9 comments:

  1. Yumiko12:34 pm

    聡子さん、

    記事の感想です。

    まず、この劇のタイトル韓国語で「蝶」というのに惹かれました。
    どこかで読んだのか、誰かに教えてもらったのか忘れましたが、
    蝶って、さなぎから成虫になるときに、さなぎの中で筋肉が溶けていったんドロドロに
    なるそうなんです。
    だんだん形が変わるというよりも、いったんドロドロになって、蝶として飛び立つ。。
    このドロドロが「ゼロ」を意味すると表現していたので、ホーポノポノ関係の記事を読んだのかな?
    聡子さんの記事のあらすじなどを読んでいると、従軍慰安婦になる以前の自分達を
    取り戻すというよりも、それをもっと超えた新しい”何か”に彼女達がなろうとしているような
    感じがしました

    そして、私も去年バンクーバーで従軍慰安婦だったハルモニの話を聞きました。
    それだけでもショックであり、重かった・・・。
    そのときは、そのおばあさんの従軍慰安婦のときの悲惨な体験だけだったけど、
    この劇では、従軍慰安婦中の様々な葛藤、開放されてからの更なる苦悩、そして、忘れようとしていた
    過去が、年老いてから追いかけてきて追いつかれたことが繊細に表現されていたのですね。
    日本で講演されるとしたら、私もぜひ見たいです。被害者の心情的なつながりをはぐくむために・・・。

    なぜ、従軍慰安婦問題を過去の問題ではなく、現在の問題として捉える必要性があることも伝わってきました。
    そして、元従軍慰安婦の方達を愛情で支えることが必要不可欠なのである、という聡子さんの
    思いが感情的にというだけでなく、論理的にも伝わってきました。

    ReplyDelete
  2. 平野慶次4:11 am

    聡子さん

     ご無沙汰しています。読ませて貰いました。バンクーバーでこのような素晴らしい公演が
    あったのですね。読みながら、思わず泣きたいような気持にかられました。

     「戦時性奴隷被害者」のこと、本当にもう少しで生き証人たるハルモニらがいなくなりそ
    うです。京都では、今もお一人のアーマ(台湾の言い方です)が来られていて、30日に証
    言集会も予定されています。

     慰安婦の今日的な意味を考えて、過去の戦争の責任と向き合うことを真摯にしなければい
    けないギリギリの時期なのだと思います。

     聡子さんのキメ細かく繊細な描写を読みながら、改めて聡子さんの誠実さと向き合えたよ
    うな気分です。

     ひょいと軽く扱ったり、過度に重く扱うには、本当に微妙なゆらぎを含む話題ですが、頭
    が下がりました。

     ありがとございました!

    ReplyDelete
  3. 東海林路得子4:13 am

    乗松聡子様

    とてもよい報告をお送りくださいましてありがとうございました。大変感動しまし
    た。現代にどうつなげるかや被害者の精神的な回復をどう支えるかなどをよくあらわ
    した演劇であると同時に乗松さんが、どのように受け止められたかも詳しくお書きい
    ただき、教えられることがたくさんありました。これをぜひバウネットの会員にも転
    送したいと思います。本当に日本でも上演できたら素晴らしいと思います。どうぞ今
    後もお元気で御活躍ください。

    東海林路得子

    ReplyDelete
  4. Yang Tian3:16 pm

    聡子さん:
    私は自分の感想を話したいですが、日本語のレベルが有限なので、もし誤ったところがあれば、お許しください。
    慰安婦問題は第二次世界戦争の歴史遺留問題として、二戦が終わった後長い間で、人々の重視を得ていませんでした。前世紀の90年代、いくつかの良知がある日本の専門家と学者が慰安婦問題の資料を考証し、研究するため、日本政府はやっと“日本軍側が前線将兵のために慰安所の設立を命令しました”、“組織して‘慰安婦’に対して性酷使を行うことがありました”ということを承認して、これは疑いをはさむ必要がない事実ということを認めました。どうしてこんな長い時間を経て、この歴史事実は水面を浮かびだしたのか、これは私達が深く考えるべきなのだと思います。
    最近、だんだん多くの国家は慰安婦問題に対し関心を持ち始めます。中国、韓国、オランダ、フィリピンなどの国々の慰安婦は次から次に立ち上がって、その痛ましい歴史を証明します。米国の衆議院も慰安婦問題に対して公聴会を行いました。しかし日本のたくさんの政治家は依然としてこの歴史を承認しないので、人に心を痛めていさせます
    二戦において、中国の20万女性は日本軍に「慰安婦」を強征されました。、前世紀の90年代以来、中国は相前後して100数名の慰安婦の生存者を発見しました。しかし歳月の経過に従って、彼女たちの中でいくつかの人はもうなくなりました。現在46人だけ残しています。歴史にもっと多くの証拠を残すために、中国の学者達はいま生存者の録画を順々に進んでいます。彼女たちの口述資料を保存し、そしてこれらの資料に対して法律公証を行います。同時に、たくさんの書面資料を整理し、大量の本を出版しました。しかも07年7月に「中国慰安婦資料館」が創設されました。これは韓国ソウルと日本東京に継いで、世界第3の慰安婦資料館です。
    彼女たちは戦争の被害者として、われわれの同情と関心が必要です。彼女たちに公正な返答をあげて、残念がない、幸せに人生の最後の時を歩き終わることは私達がやり遂げられるのですが、私達はやらなければなりません、これは私たちの責任です。
     
    CHINA   YANGTIAN

    ReplyDelete
  5. 由美子さん、平野さん、東海林さん、楊さん、コメントをありがとうございます。

    楊さんに中国における慰安婦資料館について聞いたところ、このようなお答えが帰ってきました。

    「中国慰安婦資料館は上海師範大学の校内にあります。展覧は200数平方メートルがあり、280数件の実物、写真、音声資料があります。六つの部分に分かれています。立命館大学平和博物館と同じように大学の一部分です。見学者に無料に開放します」

    中国の資料館については知らなかったので勉強になりました。

    乗松聡子

    ReplyDelete
  6. 人権平和浜松の竹内さんからも情報をいただきました。11月23-25日のアジア連帯会議の詳しい報告が出ています。

    >> 浜松の竹内です。
    >> 東京で開かれた23日の連帯会議に参加したので、
    >> 記事を書きました。
    >> 以下にあります。
    >>
    http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/sensosekinin/0811ajia.html

    ReplyDelete
  7. 大変乗松さんの文章には力がこもっていて、私も動かされました。その
    文章を読ませていただいたおかげで「よし、私も。」と、流そうと思いました。
    多くの教職員がはいっているMLに先ほど流したばかりです。(了承をとら
    ないでごめんなさい。大丈夫でしょうか。)ありがとうございました。

    ReplyDelete
  8. 「慰安婦」の劇の感想、読ませていただきました。
    教えてくれてありがとう。
    私も改めて「慰安婦」について知っていただけなんだ、と思いました。
    聡子さんの文章を読んで泣いちゃいました。
    そして、劇っていいと改めて思いました。
    やはりこういうことが必要なんですよね。
    「慰安婦」のことを本で知る、ネットで知る、あって話を聞く、劇を見る、映画を見る、歌を聞く、小説を読む、そういうさまざまな媒体を通して、感じ、共感する心を育む。
    まさに平和文化です。私もその一助となりたいです。
    日本でもぜひやってほしいですね。
    見たいです。

    ReplyDelete
  9. 「岡まさはる記念長崎平和資料館」館長の高實康稔さんからコメントをいただき、了承を得た上でコメントとして掲載させていただきます。

    ★★★

    演劇「ナビ/コンフォート・ウィメン」についても貴重なご紹
    介とご感想をいただきながら、お礼が遅れまして心苦しく思い
    ます。「被害者と心でつながること、そして絶望から希望へ」
    というお言葉に胸を打たれました。一人ひとりがそうあらねば
    ならないのに、日本の全体状況は情けないの一語に尽きます。
    これほど世界から批判されても、政府が鉄面皮を決め込んでい
    るばかりではなく、マスコミもほとんど報道しません。一人か
    ら数人へ、数人から多数へと伝え広げる努力が欠かせません。
    乗松さんが日々その努力をしておられることに感銘を禁じえま
    せん。実は資料館で良心的兵役代替勤務をしているドイツ青年
    ゲオルグ・フライゼさんが、ナチスの犯罪を政治的にのみとら
    えるのではなく、文化の問題としてもとらえる必要があるとし
    て Remembrance of culture という一文をしたためてスピー
    チをしましたが、まさにそのとおりだと思いました。ナチスを
    生んだのはドイツ文化でもあり、それを克服しえたかどうかが
    問われるというのです。もとよりこれは日本文化への問いかけ
    でもあります。「慰安婦」問題一つを考えても、その制度を許
    した背景には日本の文化が脈打っているといわざるをえません
    。文化には否定的な側面も含まれますから、民族差別や女性差
    別(ジェンダー)は否定的な側面の最たるものでしょう。「慰
    安婦」問題の現状をみるとき、日本は戦前の文化を濃厚に温存
    しているからこそ、政治的にも社会的にも謝罪と賠償と教育と
    いう当然の責任を果たしえないでいるのだと思えてなりません

    韓国ではすでに300回を超える公演が行われていることに驚
    きました。カナダでも公演できて本当によかったですね。劇団
    ハヌリの尽力に頭がさがります。日本でも公演されて当然と思
    いますが、未だにできないのは物理的な困難だけではなく、負
    の文化が克服されていないことも原因ではないでしょうか。そ
    の克服のためにも是非公演を実現してほしいものです。
    ★★★

    高實先生、ありがとうございます。

    乗松聡子

    ReplyDelete