To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Friday, June 24, 2011

Coco Magazine Interview, June 2011 Issue 『ココマガジン』6月号原発問題特集

バンクーバーの『Coco Magazine 』に取材を受けて6月号に掲載されたものを紹介します。Coco Magazine は2002年創刊、カナダの移住者や短期滞在者向けの隔月刊の情報誌です。


子どものいるお母さんたちもたくさん読んでいる Coco Magazine

記事をクリックすれば大きく見られます。

2 comments:

  1. 6月25日、この2-3日で目立つ情報、アップデートです。全部自分のツイッ
    ターより。@PeacePhilosophy

    表題ですが、ABCCというのは Atomic Bomb Casualty Commission といって
    広島長崎原爆後に放射線の人体影響を日米で調べた、「調査だけして治療はせず」
    の悪名の高かった組織です。それが今RERF(放射線影響研究所)となって伝
    統は引き継がれ、市民に放射線を心配させないように吹きこんでいます。と同時
    に何十億円もかけて線量計を持たせて研究対象にするという、当時のABCCの
    価値観をそのまま引き継いだ行為をしています。詳しくは下記を。

    【必読】徹底調査 放射線汚染食「食べてはいけない」 http://t.co/g113ccI

    【必聴】
    小出裕章 たねまきジャーナルスペシャル 政治家3人、司会含めた白熱議論 
    http://t.co/BI4tIa0 すごい聞き応えだった。小出氏はもちろん、民主川内議
    員の一貫した明確さに期待を持つ。

    【書評】
    『広島・長崎への原爆投下再考 -日米の視点』(木村朗/ピーター・カズニック著)
    書評紹介
    http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/06/blog-post.html

    【バンクーバー地元情報】
    Coco Magazine インタビュー記事
    http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/06/coco-magazine-interview-june-2011-issue.html
    (Cocoの6月号エネルギー問題総力特集は大変充実しています。ぜひピック
    アップして読んでください。)

    【沖縄慰霊の日。優れた社説】
    東京新聞:沖縄慰霊そして普天間 他策ナカリシカ:社説・コラム(TOKYO Web)
    http://fb.me/AGQLZJDE

    【被曝、汚染の広がり】

    静岡茶、県の検査でも基準値超 仏で廃棄処分の静岡茶 http://t.co/03ZAILu
    「静岡県は22日、業者が保管していた製茶を再検査した結果、1キログラム当
    たり981ベクレルのセシウムを検出したと発表」水際検査はやはり必要と思う。

    海水中セシウムの濃度分布アニメーション。2018までに北米の方に到達。薄
    まっているというが・・・ http://fb.me/Kf6cJNn7

    WSPEEDI のアニメーションを初めて見た。3月15-16日の空間線量分布。
    http://fb.me/MANAXMMH

    放射性物質、7年で太平洋に拡散 福島原発からの放出 http://t.co/vKmTH9A
    「海に放出されたり大気から降下したりしたセシウムは、高濃度の部分が塊とな
    り、黒潮などの海流に乗って東方に移動しながら拡散する」

    共同「1年後には最も濃度の高い部分でも、高濃度だった約50年前の約3分の
    1に低減。7年後には過去の大気圏内核実験によるものと見分けがつかなくなる。」
    そして被爆惑星の日常は続く、か・・・原発推進シンクタンクによるとんでもな
    い論理だ。

    もう汚染されている地球だからもっと汚染してもいいという考えに反対する。
    http://t.co/m4UrGkG 放射性物質は一端環境に出てしまったら、移動はできて
    も、なくしたり、半減期を早めたりすることはできない、という意味で 
    http://t.co/vKmTH9A は誤解を生む。

    文科省が追加でこっそり発表していたと思われるWSPEEDI http://t.co/ciR3GDK
    (3月15日のところの下方書類3つ)(私は6月15日発見)もJAEA計算
    によるもの。

    福島第1原発:2号機原子炉格納容器に窒素を注入へ http://t.co/IiTpmHK 2
    号機水素爆発の危険性が高まっていると理解している。

    毎日「また6月2日に福島第1原発近く沖合3キロの海底の土壌から1キロあた
    り0.45~0.43ベクレルのプルトニウム239、240を検出したと発表
    した。過去の調査と同じ水準で、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「も
    ともと(核実験で)存在していたものと区別できない」としている。」

    【勇気ある行動】
    学校疎開求め仮処分申し立て 郡山市の児童生徒14人 http://t.co/MKL3eiw
     応援したい。

    被ばくから子ども守れ 平泉で原発・放射能学習会 http://t.co/fzFBOS4 国立
    大学や研究所の「専門家」先生たちより、こういった市民主導の講習会の方がずっ
    と納得のいく講習会をやっているようだ。

    【避難、除染より人体実験を優先する行政】
    子ども28万人に線量計 http://t.co/q8wJYG1 先行地2800人 来月から
    http://t.co/U4u6JrT バスで千葉の放医研に運ぶと。現代のABCCの本格開始
    だ。「調査」「管理」すれば「安心」と刷り込む。体重計に乗ったら体重減るん
    ですか。

    全福島県民対象に健康調査  基金設立、国主導で30年間
    http://t.co/eRu33T1 避難「勧奨」とか、年20mSv超えそうな場所を放置し
    ておいて補償も見通し立たぬうち、「調査」には1千億円を簡単に出す。後手後
    手の国が調査に関してだけは30年後を見通している。怒り。

    7月上旬にも「警戒区域」「避難準備区域」設定見直しへ 
    http://t.co/nHXD7vt 呆れる記事。周辺の汚染はすでに堆積しているセシウム
    等によるもので原子炉の収束とは別個に考えねばいけないのに。

    警戒区域縮小検討へ 政府、工程表「1」達成条件 お盆明け帰宅目指す
    http://t.co/XfwevVq ああ、今帰る時期じゃないだろう!例えば子どものため
    に帰らない選択をした人は補償を受けられなくなるのか。域内の学校が再開した
    りするのか。

    県が15歳未満や妊婦30万人に「小型線量計」配布へ http://t.co/DYO6Q6F 福島
    県は線量計をばらまく事業を「ふくしまの子どもを守る緊急プロジェクト」と呼
    んでいる!

    県が国対象外幼・保・小・中学校の表土除去費半額を補助 http://t.co/JDlcpID
     福島県は線量計は全額補助でばらまき、かたや具体的な放射線軽減事業には半
    額しか出さない。

    30万人分の線量計の予算60億円があれば・・・たとえば自主避難補助として
    一家庭100万円でも配布すれば6000家族に行き渡る。時1μSv以下の全
    ての学校の除染が全額負担できる。そもそも疑問なのが線量計持たしてその数値
    によって何をするのかの情報がない。無行動、実験材料明らか。

    (つづく)

    ReplyDelete
  2. 【福島の避難、被曝等の問題】

    「ホットスポット」点在 福島市一斉線量測定 3マイクロシーベルト以上15
    地点 http://t.co/Wd7Ilru 飯館村役場が福島市「飯野地区」に移ったと聞い
    たとき不安になったが、飯野でも高い値が出ている。

    原発の再爆発想定し大規模避難も 福島市が防災計画見直し
    http://t.co/BptXhey 市幹部は「少しでも市民の不安を取り除くための措置。最
    悪の事態に早急に備える必要があると判断した」と説明・・・正しい方向性だが、
    「最悪の事態」はもう起こっている。

    【飯館村問題】
    河北新報 東北のニュース/「2年後に全住民帰村」 飯舘村が「希望プラン」
    発表 http://t.co/PZx1R20 via @kahoku_shimpo 村長のこの「2年後帰村」発言
    は昨晩ニュースでも見て、2年の根拠は何だろうと思っていたら、「希望を持つ」
    ための数字だった。

    河北新報:(飯館村長)「避難するかどうかを住民が判断する「特定避難勧奨地
    点」に切り替えるよう国に求めることも、選択肢の一つとして挙げた。」村長は、
    飯館村の汚染度を示す数々の地図を見たことがないのだろうか。
    http://t.co/2QS4zCe 

    飯館村のほとんどを覆う平方メートル148万ベクレル以上のセシウム137汚
    染地域は、チェルノブイリの場合いまだに住むことのできない居住禁止区域であ
    る。避難「勧奨」地域に変えてなんて呑気なことを言っている村長は、飯館村の
    避難が遅れた一因、事業所営業を許している一因を担っているのか。

    村民の皆さんは、嘘でもいいから希望を与えて欲しいと思っているのだろうか。
    それとも辛くとも真実を知りたいと思っているだろうか。両方あるのだろう。村
    長は、住み慣れた土地を離れる辛さと無念さを思えばこその発言でもあるのだろ
    う。しかし、希望だけの目標を与えるのはやはり無責任ではないか。

    指定解除後の復興支援を要望 知事に飯舘村長 http://t.co/O366zIq 「草野小
    の大規模改修、村公民館の建て替え事業、公営住宅整備事業」など。3カ月被曝
    放置された挙句やっとほぼ避難が終わったばかりの村民の安全や健康よりもこの
    人はハコモノの方が大事なのか。

    【構造問題】
    風知草:株価より汚染防止だ http://t.co/vwJ30lX 戦争時代の指導部に今の政
    権を喩えるのは妥当だと思うが、当時と全然違うのが国民主権だ。大本営発表と
    メディアのオウム返しを鵜呑みにする選択をしている市民たちの責任は重い。悪
    い政府がのさばるのは私たちが選ぶからだ。

    企業論理でしか動かない組織に危険な原子力を任せることが間違っている。紙キ
    レ同然になった株価でもまだ守ろうとする。企業人としてはある意味で当然。
    「コーポレーション」という本・映画があったが、企業の限界責任という構造自
    体に環境破壊、社会責任放棄の根源があるという論で、その通りと思う。

    【安全キャンペーン】
    G20農相会合が開幕 日本、安全性アピール http://t.co/0ianhjy 何度も言
    うが本当に安全だったら「アピール」などする必要はない。基準値2倍の静岡茶
    が水際で押収されたばかりのフランスで一体どんな言葉を使って「アピール」し
    たのだろう。

    レディー・ガガに記者会見で「すでに日本は安全」Japan is Now Safe. と言わ
    せていた。誰?いくらで?

    レディー・ガガは日本政府や産業に協力して、日本は安全だからもっと訪問しよ
    う、日本産のものを買おうというキャンペーンをしているのだと思う。被災地に
    寄付するのはいいことと思うが、日本全体を指して、ただ単純に「安全」とアピー
    ルするのはやはり無責任ではないかと思う。

    「安全」の考え方は人によって違うだろうが、日本の今の状況で、国全体を「安
    全」とか「危険」とかただ単純に括れる状況ではないことは明白だろう。ただ
    「安全」と叫ぶことは、原子炉の深刻さと、核危機で土壌、空気、海洋、水や食
    の汚染が進んでいることに目をつぶり無理に否定している行為に見える。


    (以上)

    ReplyDelete