To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Saturday, September 08, 2012

Proposal for a World Convention of the Victims of Radiation 「核被害者世界大会」広島開催の提案


Yuki Tanaka of Hiroshima Peace Institute (Hiroshima City University) proposes a World Convention for Victims of Radiation in Hiroshima in 2015, the year that marks the 70th anniversary of the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki. 広島平和研究所教授田中利幸さんより、2015年、広島長崎原爆の70周年の年に広島で「核被害者世界大会」を開催する提案です。日本語版の提案書は英語の下をご覧ください。


A Proposal for a World Convention for Victims of Radiation
- What we must do when all living creatures are facing crisis caused by radiation -  
 
 
The large quantity of high-level radiation, which is still being emitted from the crippled Fukushima No.1 Nuclear Power Plant continues to endanger not only the people and environment of Fukushima, but the entire nation, as well as many parts of Asia. 
 
The current situation constantly reminds Japanese people, in particular those from Hiroshima and Nagasaki, of the dreadful destructiveness and fatal consequences of radiation, as there are still A-bomb survivors amongst us, who have suffered deep physical and psychological pain for over 67 years. 
 
On August 6 1945, Hiroshima City was annihilated by a uranium bomb, and three days later Nagasaki City was destroyed by a plutonium bomb. Tens of thousands of people were killed instantly in each case, and by the end of the year more than 210 thousand had died.  A-bomb survivors always live with the fear of sudden illness, such as leukemia or cancer, due to irradiation.    
 
The use of nuclear weapons is unquestionably a crime against humanity. Similarly, indiscriminately killing and injuring large numbers of people and causing severe physical and psychological pain to the survivors must also be seen as such a crime. As citizens of Hiroshima we are well aware of this inhumanity. Unfortunately, it is likely that over the next decades many people will suffer from various illnesses due to both external and internal irradiation as a result of the nuclear power accident at Fukushima. It is estimated that 3.43 million people were irradiated in the Ukraine alone as a result of the Chernobyl Nuclear Power accident. A high incidence of various types of cancer and heart disease has since emerged amongst these people.  It seems appropriate, therefore, to claim that a nuclear power accident is a crime inflicting indiscriminate mass killing and injury. Radiation attacks indiscriminately, affecting unborn babies, infants and children in particular. 
 
Mass destruction and damage caused by a nuclear accident is equivalent to that caused by a nuclear attack.  We must remember that the nuclear reactor was originally invented to produce nuclear weapons. Thus when an accident happens to the reactor, the result is the same as employing nuclear weapons.
 
Victims of radiation are not limited to those of nuclear power accidents and nuclear weapons. Contamination by radiation is constantly produced at every phase of the so-called nuclear chain. It is a factor in uranium mining, in the enrichment of nuclear fuel, in the production of nuclear weapons including the so-called DU weapons, in nuclear tests, in operating nuclear power stations and in transporting and treating nuclear waste. As a result many people and environments in different places throughout the world have become victims of radiation.
 
In particular, many ethnic minority groups and their living environments have been affected. Algeria, Namibia, Zambia, Western Kazakhstan, Semipalatinsk, Lup Nur (Xinjiang-Uygur district), central Australia, the South Pacific Islands, North-western United States and many parts of Canada have all suffered as a result of radiation released from uranium mining and enrichment or from nuclear tests. Fishermen from the Japanese port of Yaizu are also among the victims of nuclear tests. So, too, are residents living near nuclear arsenals, such as Ural in the Russian Republic, Hanford and Rocky Flats in the United States and Sellafield in England, who have been irradiated by high levels of radiation released from the arsenals.
 
Looking at the effects of radiation caused by major nuclear power accidents, such as those at Chernobyl and Fukushima, as well as over 2,000 nuclear tests conducted to date on this planet, it is clear that victims of radiation are scattered across the world. Indeed, the entire planet and its inhabitants are now victims of radiation.
 
If one accepts the argument that “nuclear deterrence” is a crime against peace and “nuclear energy” contributes to this crime, it becomes clear that the entire nuclear chain is in fact a crime. Not only is it a crime against peace, the nuclear chain is also a crime against humanity, because it is indiscriminately victimizing large numbers of people. 
 
The Age of Nuclear Power, which began in the middle of the last century, could even be called a  “genocidal socio-political, economic and cultural system,” which was built upon the victimization of many living creatures including human beings. Human activity that contributes to the establishment and maintenance of such a system can be seen as criminal conduct, as it constantly endangers the existence of all living creatures and the planet as a whole. Sadly many people are still constantly engaged in such activities in various parts of the world.
 
Surely, it is now time to unite against this mass killing of living creatures due to the nuclear cycle and to abolish every phase of that cycle. If we fail to do so, sooner or later, we will destroy our planet and annihilate the human race. The late A-bomb survivor from Hiroshima and professor in philosophy, Moritaki Ichiro, once claimed “human beings cannot co-exist with nuclear weapons and power.” This dictum should be emphasized by rephrasing it as “no living creature can co-exist with nuclear weapons and power.” 
 
In her last years, the well-known Japanese sociologist, the late professor Tsurumi Kazuko, said “When all living creatures are now in danger of extinction, the last resort is our determination to live through.” As she said, we need determination to live through, but that determination must be extended to protect all fellow living creatures and the environment. Now is the time to act as we recognize the common fate of all creatures on this planet.    
 
To this end, we propose that representatives of all the victims of radiation in the world gather in Hiroshima in 2015, 70 years after the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki, to appeal to the world for total abolition of the nuclear chain.
 
If you are interested in participating in planning this event, please contact us. 
 
Preparatory Committee for the World Convention of the Victims of Radiation
 
(Representative: Yuki Tanaka   E-mail: tanaka-t@peace.hiroshima-cu.ac.jp )
 


「核被害者世界大会」広島開催の提案

− 放射能による生命と地球の汚染に直面して私たちは何をなすべきか —

 
2011311日に起きた福島第1原発事故によって放出され、今も放出され続けている大量の高レベル放射能は、福島ならびにその周辺地域住民と環境にはもちろん、今や日本全国、いやアジアを含む世界の様々な地域に及ぶ住民と自然環境にまで危険をもたらしていることは、誰の目にも明らかです。
 
私たち日本の市民、とくに原爆攻撃による放射能被害で、言語に絶する深い肉体的・精神的苦痛を70年近く強いられてきた被爆者をもつ広島・長崎市民にとっては、放射能が持つ恐るべき破壊力と殺傷力について、あらためて考え直すことを迫られている毎日です。
 
周知のように、194586日早朝、広島市はウラン爆弾による爆風・火炎・放射能によって焦熱地獄と化しました。3日後には、プルトニウム爆弾で長崎市が潰滅。両市で12万人もの市民が即時に殺戮され、その年末までには21万人以上が、主として放射能によるいわゆる「原爆病」が原因で死亡しました。被爆者は、いつ癌やその他の致命的な病に冒されるか分からないという恐怖に怯える生活を、70年近く経た今も余儀なくされています。
 
このように、長年にわたり無数の市民を無差別に殺傷する核兵器の使用は、明らかに重大な「人道に対する罪」です。ひじょうに残念ながら、今回の福島原発事故でも、外部・内部の両被曝の結果、これから長期にわたり、予想もつかないほど多くの市民が様々な病気に苦しむことになるでしょう。19864月に起きたチェルノブイリ事故では、ウクライナ国内の被曝者数だけでも343万人に上ると言われており、周辺住民の癌や心臓病などの発生率はとりわけ高くなっています。このことから、原発事故も「無差別大量殺傷」という犯罪行為です。「無差別殺傷」ではありながらも、とくに胎児・乳幼児・小児に犠牲者が多いのが、放射能汚染の特徴の一つです。
 
一旦、チェルノブイリや福島でのような大規模事故が起きれば、放射能放出汚染による甚大な人的・物的損害ならびに環境破壊は、もはや金銭的な計算ではとてもはじき出せないような天文学的数字の額に上ってしまいます。原発事故による「被害と破壊」は、まさに核兵器使用による「被害と破壊」に匹敵するものです。なぜなら、原子力の「平和利用」は、本来は「軍事利用」であるからに他なりません。原子力「軍事利用」の目的は軍事目標の破壊であり、敵国将兵と市民の無差別殺傷ですから、原発事故も、核兵器攻撃と同じく、放射能による「無差別大量殺傷行為」となりうることは、したがって全く不思議ではありません。
 
放射能汚染の被害者は、核兵器攻撃と原発事故の被害者に留まるものではありません。ウラン鉱石の採掘・精錬、ウラン濃縮、核兵器製造と核爆発実験、核燃料製造と原子力発電運転、使用済み核燃料の再処理、核廃棄物の処理・処分など、核兵器製造と原子力発電の全ての工程で放射能が放出され、無数の人間を殺傷し、環境を激しく汚染してきました。さらに最近では、いわゆる「劣化ウラン兵器」、すなわち放射線兵器の製造と使用によっても、世界各地で多くの被害者が作り出され、環境破壊が行われています。
 
ウラン鉱石採掘・精錬と核実験は、とくに、アルジェリア、ナミビア、ザンビア、西カザフ、セミパラチンスク、ロプノール、オーストラリア中央部、南太平洋諸島、アメリカ北西部、カナダ各地などに居住している少数民族の多くの人命と自然環境を犠牲にして続けられてきました。核実験の犠牲者には、焼津の漁民の人たちも含まれていることは周知のところです。さらには、核兵器製造工場からの放射能放出汚染では、ロシア共和国のウラル、アメリカのワシントン州ハンフォード、コロラド州ロッキーフラッツ、イギリス北西部セラフィールドなどの施設からの、高濃度レベル放射性廃棄物の垂れ流しが問題となっています。こうした核兵器製造工場からの放射能汚染で被曝した周辺住民の数はあまりにも多く、確定数が出せませんが、おそらくは百万という単位の数になるはずです。
 
このように、核物質を取り扱う「核・原子力サイクル」の各局面を概観してみても、核被害者は世界の様々な地域に無数に存在することが分かります。チェルノブイリや福島原発事故による放射能の拡散状況、さらには、これまで世界で2千回以上行われてきた核実験による放射能の拡散状況を考えてみるならば、地球全体が核の被害を被っており、人類全てが被曝者であるといっても決して過言ではないのです。
 
このような状況にあってもまだなお、「核兵器抑止力」とか「原発の経済性」などと主張することは、まさに犯罪的行為であると言わざるをえません。無差別に無数の被曝者を世界各地で出し、今も出し続けている「核・原子力サイクル」の維持・運用そのものが「人道に対する罪」という明らかな犯罪行為であることを、私たちははっきりと認識すべきなのです。
 
しかし、放射能は、人間のみならず、動植物を含む海陸の生きものを無差別に且つ大量に殺傷します。20世紀半ばから始まった「核の時代」は、かくして、人類を含むあらゆる「生きもの」、すなわち様々な生命体を犠牲にして築き上げられてきた、いわば「殺戮の政治・経済・社会・文化体制」であると言えます。このような体制の確立と維持に努力または協力してきた人間の行為は、あらゆる「生きもの」の「生存権の否定」という行為であり、人類とすべての生物と地球を絶滅の危険に曝すことを厭わなかった明確な「犯罪行為」であったし、現在も多くの人間が、そうした犯罪行為に深く関わっているのが実情なのです。
 
「核・原子力サイクル」による「あらゆる生物の無差別殺戮行為」という犯罪に対して、今、私たちは一致団結して立ち上がり、「核・原子力サイクル」全体を廃棄しなければ、遅かれ早かれ、地球と人類が破滅するのは目に見えて明らかです。「核と人類は共存できない」という森瀧市郎の言葉は、「核・原子力と“生き物”は共存できない」という命題にまで深められるべきでしょう。
 
そこで、私たちは、世界各地の核被害者が一カ所に集い、核被害者の救済と「核・原子力サイクル」の全面廃棄を世界各国政府に要求し、核なき世界、すなわち自然と人間が調和し、穏やかな人間関係に基づいた平和な世界を如何にしたら構築できるのか、その展望を探るため、「世界核被害者大会」を、広島・長崎原爆投下70周年に当たる2015年に、広島で開催することを提唱します。
 
「人類は生きねばならぬ」という森瀧市郎のもう一つの言明は、思想や信条を超えた普遍的なメッセージです。「人類が生きる」ためには、人類が共存するあらゆる生きものと自然環境が生きねばなりません。このメッセージの下に、日本だけではなく世界中の多くの市民が広島に集い、「核サイクル」絶対否定という強い声を一つにし、核廃絶に向けて現実的な大きな一歩を踏み出そうではありませんか。
 
 
この提案を、故・鶴見和子氏が詠った言葉に託します。

      生類の破滅に向う世にありて、生き抜くことぞ(つい)の抵抗
 
 
201286

核被害者世界大会実行委員会・準備会

(文責:田中利幸)

 

No comments:

Post a Comment