To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Thursday, November 01, 2012

Statement of Outrage, Remorse and Solidarity from the Working Group for Peace and Demilitarization for Asia & the Pacific アジア太平洋地域の平和と非軍事化を目指すワーキンググループから沖縄へ―激しい怒り、自責の念と連帯の声明

オバマ政権の「アジア回帰」や「中国の台頭への対応」に伴い、アジア太平洋地域の平和と非軍事化を目指す活動家、学者、ジャーナリスト等のワーキンググループが発足した。これは昨年(2011)アメリカン大学で開催された「アジア太平洋の平和」会議の成果を受けて、今年6月に改めて関係者で会合が開かれ発足したものである。メンバーは Institute of Policy Studies のジョン・フェファー氏、American Friendship Service Committee のジョセフ・ガーソン氏、Hawai'i Peace and Justice のカイル・カジヒロ氏、アメリカン大学のピーター・カズニック氏、Peace Action のケビン・マーティン氏、プリンストン大学のジア・ミアン氏、映画監督のアナベル・パーク氏等である。グループのウェブサイトはここである。Working Group for Peace and Demilitarization for Asia & the Pacific メンバーのプロフィールはこちらを。

今回、沖縄でのオスプレイ配備、性暴行事件を受けてこのグループは以下の声明を出した。日本語訳とともに紹介する。@PeacePhilosophy

Statement of Outrage, Remorse and Solidarity
激しい怒り、自責の念と連帯の声明

Dear Okinawan friends, 沖縄の友たちへ

It is not enough to say that we are outraged by the most recent G.I. rape of an Okinawan woman or by the deployment of crash-prone Osprey aircraft to Futenma Air Base. It is not enough to write that we apologize for what the government that speaks in our name has inflicted on your communities. And, it is anything but sufficient for the U.S. military to set a curfew for U.S. forces based in Japan in response to G.I. sexual crimes or for the U.S. and Japanese governments to certify that the Ospreys are safe. 先日の米兵による沖縄の女性への性暴行事件、そして事故が多発しているオスプレイの普天間飛行場への配備は、私たちが激しい怒りを抱いていると言うだけではとても済むものではありません。政府が私たちの名のもとに沖縄の地域社会に対して与えている被害についても、謝罪するだけではとても済みません。さらに、性犯罪事件を受けて在日米軍に夜間外出禁止令を出したり、日米政府がオスプレイの安全性を保証したりしても、十分といえる対応からは程遠いものです。

The only way to bring an end to sixty-seven years of G.I. sexual abuse, rape and crimes or the deadly accidents, property destruction and environmental degradation that have plagued the people of Okinawa is the complete withdrawal of U.S. forces from your communities and prefecture, and from Japan as a whole.67年間に渡り沖縄の人々を苦しめ続けた、米兵による性的虐待、強姦、犯罪、致命的な事故、財産の破壊、環境の劣化に終止符を打つためには、沖縄の各地域と県全体から、そして日本全体から米軍を全面的に撤退させるしか方法はありません。

We stand in solidarity with your protests and calls for withdrawal of U.S. military forces. As we work for peace and demilitarization of Asia and the Pacific, focusing primarily on U.S. policies and actions, please keep us informed of ways that we can support your nonviolent resistance and campaigns to win the withdrawal of U.S. military forces from Okinawa and elsewhere in Japan.私たちは、沖縄の皆さんの抗議活動と米軍撤退に向けての訴えに連帯します。私たちは、アジア太平洋地域の平和と非軍事化に向けて、特に米国の政策と行動に影響を与えることに重点を置いて活動していきます。沖縄の皆さんの非暴力抵抗と、沖縄や日本全体から米軍基地を撤退させるための運動に私たちがどのように協力できるか、常に知らせていただけたらと願います。

With outrage, remorse and solidarity, 激しい怒り、自責の念と、連帯への願いを込めて、

Working Group for Asia-Pacific Peace and Demilitarization.
アジア太平洋の平和と非軍事化のためのワーキンググループ

(For more information about the Working Group seeこのワーキンググループについての詳細は: http://www.asiapacificinitiative.org)

No comments:

Post a Comment