To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Wednesday, March 20, 2013

山下俊一氏らによる原発事故後の子どもの甲状腺結節のがん化についての追跡調査に対する見解: 松崎道幸

北海道の松崎道幸医師より:

「昨年山下チームの発表した論文の解説と私の見解をまとめました。
原発事故後のこどもの甲状腺結節がどれほどがん化するかについての追跡調査です。
福島の事態を解釈するうえで参考になると考えました。」

リンク歓迎。転載の場合はこの投稿のコメントとして転載先をお知らせください。

福島の甲状腺検査結果についての松崎医師による過去の投稿:

福島の小児甲状腺がんの発生率はチェルノブイリと同じかそれ以上である可能性: 福島県県民健康管理調査結果に対する見解(2013年2月16日)

福島県甲状腺検査、35%が「5ミリ以下の結節、20ミリ以下の嚢胞」-ゴメリ以上の甲状腺異常の可能性 (2012年4月28日)





 






 





 

No comments:

Post a Comment