To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Wednesday, July 02, 2014

これから

2014年7月1日は日本の戦後最大の「屈辱の日」Day of Infamyだ。自国が攻撃されていなくても世界にどこに行っても武力行使ができる道が開かれてしまった。少数の時代錯誤的好戦家に完全に国がハイジャックされ憲法が覆された。いや本当に覆されたのか。これは違憲行為である。闘いはこれからだ。

1 comment:

  1. sasaki azusa10:17 am


     今までにないほど、自由意思で!自己選択で!多くの人々が集会に参加し、抗議の声をあげています。
     幼子を真ん中にした若い夫婦、自衛隊員の息子、孫を持つシニア、学校帰りの高校生、あの戦争を直接体験した70代以上の方、そして民主主義の国ではありえないような方法でごり押しする安倍政権に意義を唱える日本人、平和憲法の価値を実感する外国のみなさん、国外に身を置きながら、あらゆる手段で日本の変節を許さない皆さんの存在に胸が熱くなります。
     今まさに、「これから」ですね。
     佐々木あずさ(北海道十勝)より

    ReplyDelete