To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Monday, July 21, 2014

ヒロシマからイスラエルへ―パレスチナ市民無差別殺傷を今すぐやめるように!14団体声明 14 Groups in Hiroshima Demand Israel Stop Indiscriminate Killing of Palestinian Civilians

広島の14団体が連名で7月20日、イスラエル大使館に送った要請を紹介します。Fourteen peace and anti-nuclear groups, Article 9 groups, and religious groups sent a statement to the Israeli Embassy on July 20, demanding an immediate halt to the Israeli Army's bombing and bombardment of Gaza. SCROLL DOWN FOR ENGLISH VERSION. 
 
 
イスラエル軍によるパレスチナ市民無差別殺傷の即刻停止要求


歴史上最も残虐な無差別空爆を受けた都市の一つである広島、その市民である私たちは、イスラエル軍が7月8日からほとんど毎日連続して行っているガザ地区パレスチナ住民に対する無差別空爆殺傷、ならびに7月18日から開始した地上砲撃による無差別殺傷を即刻停止するよう強くイスラエル政府に要求します。これまでの空爆と地上砲撃による犠牲者は、死亡者はすでに400名を超え、負傷者は2600名以上となっていますが、その大半が子どもと女性であって、イスラエルがテロリストと主張するイスラム原理主義者グループであるハマスのメンバーの犠牲者はごく少数にしか過ぎません。犠牲者のほとんどがハマスとは全く関係のない一般市民であって、このような無差別殺傷は、明らかに国際法に違反する「人道に対する罪」であり重大な戦争犯罪行為です。いまや6万人を超えるパレスチナ市民が避難民となり、いつ殺傷されるか分からないという恐怖の中での生
活を強いられているにもかかわらず、イスラエル政府はさらにガザ地区への地上砲撃を拡大しようとしています。このような無法な残虐行為は、どのような理由によっても正当化することは許されません。 

今回のこの空爆の発端は、イスラエル占領下にあるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ヘブロン近郊で6月30日、行方不明になっていたイスラエルの少年3人とみられる遺体が発見されたことだと言われています。ハマスは犯行を否定したにもかかわらず、イスラエルのネタニヤフ首相は、これをパレスチナ人自治区のイスラム組織ハマスの犯行だと主張し、報復を宣言しました。7月2日には、今度は、東エルサレムで16歳のパレスチナ人少年が誘拐され殺害されましたが、この少年は生きているうちに体に火をつけられ、大やけどをして死亡したと報道されています。しかし、イスラエル少年3名の誘拐・殺人の1ヶ月前に、2人のパレスチナ少年がイスラエル軍に殺害されたことも今回の殺人応酬と深く関係していることは明らかです。

行方不明となったイスラエル少年3人の探索活動中、イスラエル軍は、子どもを含む数人のパレスチナ人を殺害、数十人に重傷を負わせ、400人あまりを拉致、多数の家屋を取壊し、深夜に「捜索」と称して数百に及ぶ市民家屋のドアをぶち破って乱入し私物を破壊するという蛮行を犯しています。これに対してハマス側がイスラエル側にロケット弾攻撃を行ったことが双方の武力行為をエスカレートさせ、今回の激しい無差別空爆へと状況は急速に悪化してしまいました。中でも私たち広島市民がひじょうに心配するのは、イスラエルの核兵器製造に関連していると言われているディモナ原子炉への、ハマスによるロケット弾攻撃です。大事に至らなかったことは、文字通り不幸中の幸いでした。どちらが最初に少年殺傷行為を始めたにせよ、また、どのような理由があるにせよ、いかなる市民殺傷も私たちは許すことはできません。ましてや、無差別大量破壊兵器である核兵器製造ならびにその製造と深く関連する原発施設への攻撃を、原爆と原発事故の両方を経験しその被害の重大性を知っている私たち日本市民は決して許すことができません。 

あらためて述べるまでもなく、イスラエルによるパレスチナ人市民と住宅地を攻撃目標とする無差別空爆=国際法違反の犯罪行為は、これまで数えきれないほど無数に行われてきました。2000年以来、今回の空爆直前までに、無差別空爆を含むイスラエル武力行為の犠牲者となった子どもの数は1407名、すなわちこの14年間平均では毎週2人の子どもがイスラエル軍によって殺害されたことになります。今年5月だけでも、214名の未成年者がなんの罪状もなく勾留され、なんの告訴や裁判もなく拷問を受けています。イスラエルによる交通封鎖で十分に食糧供給をえられないため、ガザ地区の多くの子どもたちが、長年、貧血症などの栄養失調症を患っている上に、激しい空爆や武力行為による恐怖心のため、重い不眠症や深い精神不安に悩まされ続けています。 

こうした子どもたちの苦しみが、子どもを失った親の悲しみがいかに深いものであるか、少しでも想像していただくよう、イスラエルの政治家、軍人、市民の皆さんに訴えます。このような残虐行為はパレスチナ住民の間にイスラエルに対する強い憎悪を産み出すだけで、なんの解決にもならないとは、これまでイスラエルが長年にわたって繰返してきた軍暴力で自明のはずです。 

したがって、真の「事の発端」は少年殺害事件ではなく、ほぼ半世紀にもわたってイスラエルが不法に行っているガザ地区占領と植民地的支配、それに伴うパレスチナ市民の基本的人権の由々しい侵害にあることは誰の目にも明らかです。360平方キロという狭い土地に180万人が激しい貧困と暴力に苦しむ生活を強いられているという状況を、「パレスチナ自治区」などと称すること自体が犯罪的であり、その実態は「収容所」と呼ぶべきでしょう。第2次大戦中、ナチスによる強制収容所で無数の市民が殺害され、生き延びた人たちも残酷な処遇に長年耐えなければならなかった悲壮な経験をもつ民族で構成されたイスラエル国家が、このような惨たらしい「人道に対する罪」を半世紀にわたって他民族に犯し続けていることに、原爆無差別市民殺傷という「人道に対する罪」の犠牲となった広島市の市民である私たちは、本当に残念に思うと同時に、厳しい非難の声をあげずにはいられません。

したがって、私たちは、いかなる暴力、いかなる武力、いかなる殺傷にも強く反対するという立場から、以下のことをイスラエル政府に強く要求します。 

1)パレスチナ市民への無差別空爆を即刻停止すること。

2)パレスチナ市民への地上砲撃を即時停止すること。

3)パレススチナ住民、とくに子どもの殺傷を即刻やめること。

4)パレスチナ市民の人権侵害を即刻やめること。

5)パレスチナ住民地域の不法占領を即刻やめること。 

イスラエル政府が以上の犯罪行為をただちに停止し、パレスチナ人はもちろん、どのような民族の市民の基本的人権も尊重し、「正義と平和」の思想に基づいた公正な政策を一日も早く打ち立て且つ実行することを強く要望します。
 

2014年7月20日

「8.6ヒロシマ平和へのつどい2014」実行委員会(代表:田中利幸)
733-0022 広島市西区天満町13-1-810
(電話)090-4740-4608(FAX)082-297-7145 

「呉YWCA WE LOVE 9条」(代表:木村浩子)
737-0028 広島県呉市幸町3-1  

「東北アジア情報センター」(代表:横原由紀夫)
731-5128 広島市佐伯区五日市中央4-14-1-205   

「ピースリンク広島・呉・岩国」(世話人:新田秀樹・西岡由紀夫・田村順玄)
737-0028 広島県呉市幸町3-1 呉YWCA気付 

 「第九条の会ヒロシマ」(代表:藤井純子) 
734-0015 広島市南区宇品御幸一丁目9‐26‐413 

 「原発はごめんだヒロシマ市民の会」(代表:木原省治)
731-5135  広島市佐伯区海老園2-17-9 

 「poco a poco ~あったか未来をつくる会 from Hiroshima~」
(共同代表:徳岡真紀 弓場則子 長橋綾子)(電話)080-1934-0866

「憲法と平和を守る広島共同センター」(代表:川后和幸)
737-0051  広島市中区大手町4-2-27 

 「ヒロシマ革新懇(平和・民主・革新の日本をめざす広島の会)」
(事務局長:利元克巳)
737-0051  広島市中区大手町4-2-27 

 「広島県AALA連帯委員会」(代表:林紀子)
737-0051  広島市中区大手町4-2-27 

「日本基督教団西中国教区宣教委員会社会部」(委員長:新保能宏)
739-0602‎ 大竹市南栄3-1-29  西中国教区事務所 

「一般財団法人広島YWCA」(代表:半井康恵)
 732-0053 広島市東区若草町6‐7 広島主城教会気付

「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」(共同代表:青木克明 田中利幸 森瀧春子)
730-0005 広島市中区西白島18-4城北ビル2F 足立修一法律事務所内  

「広島宗教者九条の会」(代表:宗藤尚三)
730-0016広島市中区幟町 カトリック教会内 


A Call to Stop Indiscriminate Attacks on Palestinian Civilians by the Israeli Military Forces
 
We the citizens of Hiroshima, the city that was completely destroyed by indiscriminate atomic bombing 69 years ago, demand that the Israeli Government immediately stops indiscriminately killing and injuring Palestinian civilians. So far more than 500 people have been killed and about 3,600 injured as a result of continuous aerial bombing and bombardment on the ground, which started on July 8 and July 18 respectively. More than 80 percent of these casualties are ordinary civilians, in particular, women and children, not members of Hamas that Israel calls terrorist Islamic fundamentalists. Clearly such indiscriminate killing and injuring of Palestinian civilians by the Israeli military forces are crimes against humanity and war crimes. More than 60,000 people are now displaced within the Gaza Strip and struggle to survive under intense fear for their lives. Yet, the Israeli government is planning to further escalate indiscriminate attacks on the Palestinians. We strongly condemn such actions, which cannot be rationalized in any way. 

The reason for the present mass killing is said to have been the discovery of the dead bodies of three missing Israeli boys near Hebron in Palestinian territory on June 30. Hamas denies responsibility, but Israel’s Prime Minister, Mr. Benjamin Netanyahu, claims they were murdered by Hamas, hence the retaliation. On July 7, a 16-year-old Palestinian boy was abducted and killed after his body had been doused in kerosene and set alight. Yet, it should be remembered that one month before the murder of the three Israeli boys, two Palestinian boys were cold-bloodedly killed by Israeli soldiers. This incident is also related to the vicious cycle of escalating violence.   

According to one source, during the search for the above-mentioned three Israeli boys, Israeli occupation soldiers murdered 7 Palestinians (including a 13 year old child), injured dozens, kidnapped nearly 400 people, demolished many houses, destroyed the contents of hundreds of homes that they invaded in the middle of the night and blocked travel attempts by hundreds of thousands of people. They continue to imprison thousands of others, many of whom are on hunger strikes for being held without charge for months. 

In retaliation for such actions by Israeli soldiers, Hamas began launching rocket bombs at Israel, thereby intensifying the reciprocal military violence. The recent attempted rocket attack on the Dimona Nuclear Power Plant in southern Israel by Hamas is of particular concern. It is extremely lucky that this attempt failed. As Japanese citizens, we are well aware of the devastating consequences of the use of nuclear weapons and nuclear power accidents, due to our personal experience of such disasters on our home soil. It is this knowledge that causes us to strongly condemn both the possession of nuclear weapons by Israel and the rocket attack on the Israeli nuclear power plant by Hamas.            

To date, Israel has repeatedly violated international law by indiscriminately attacking Palestinian civilians and their domains. From the year 2000 until immediately before the recent onset of aerial bombing, 1,407 Palestinian children were the victims of indiscriminate attacks by Israeli forces. In other words, over the past 14 years on average two children were killed every week. In May this year alone, 214 minors were arrested, detained and tortured without charge or trial. For years many children in the Gaza Strip have suffered malnutrition, resulting in anemia, due to the shortage of food and medicine as a result of the blockade by the Israeli government. In addition, many children suffer serious psychological problems caused by intense and long-lasting fear, due to repeated aerial bombing and bombardment.

We urge Israeli politicians, military officers and soldiers, as well as civilians to imagine the pain and sorrow of Palestinian children and parents, in particular those of parents who have lost their children because of your indiscriminate and inhumane attacks. Such horrific acts upon Palestinians will only cause them to hate Israel more, and thus produce no solution at all. This logic is self evident from your past actions repeated over many years.  

It is crystal clear that the real cause of the present tragedy is not the recent reciprocal killing of boys, but the illegal occupation and colonization of the Gaza Strip and the grave violation of Palestinian human rights by Israel over the last half-century. A situation where 1.8 million people are confined to an area of 360 km square, suffering from acute poverty and intense violence, cannot be called an “autonomous region.” It could more appropriately be called a “detention camp.” It is indeed tragic to see a nation, which suffered so badly as a result of the horrendous holocaust by the Nazis during World War II and which lost so manly lives as a consequence, committing “crimes against humanity” against a neighboring nation over the past 50 years or so. As citizens of the city, which became the victim of a nuclear holocaust, we urge you to take the following actions. These are based on our commitment to non-military violence or any other form of violence, in particular the killing or injuring of others. We beg you to 

1) Immediately stop the indiscriminate aerial bombing of Palestinian civilians

2) Immediately stop the ground targeted bombardment of Palestinian civilians

3) Immediately stop killing Palestinian civilians, in particular children

4) Stop violating the human rights of Palestinian civilians

5) Stop the illegal occupation of Palestinian territories      

We strongly urge you to cease your on-going illegal actions, to respect basic human rights of all people including Palestinians, and to establish and implement new policies based on peace and justice as soon as possible. 

Yours sincerely,
 

July 21, 2014

 

Yuki Tanaka,

A citizen of Hiroshima,

on behalf of the following 14 organizations in Hiroshima

 

* The August 6 Peace Assembly in Hiroshima (Representative: Dr. Yuki Tanaka)

Tenma-Cho 13-1-810, Naka-Ku, Hiroshima City, 733-0022, Japan

 

* Kure YWCA (Representative: Ms. Hiroko Kimura)

Saiwai-cho, Kure City, Hiroshima Prefecture 737-0028, Japan

 

* The Northeast Asian Information Center (Representative: Mr. Yukio Yokohara)

Itsukaichi Chuo 4-14-1-205, Hiroshima City, 731-5128, Japan

 

* The Peace Link Hiroshima, Kure and Iwakuni (Co-Representatives: Mr. Hideki Nitta, Mr. Yukio Nishioka, Mr. Jungen Tamura)

c/o Kure YWCA, Saiwai-cho, Kure City, Hiroshima Prefecture 737-0028, Japan

 

* The Hiroshima Association of Article 9 of Japan’s Constitution (Representative: Ms. Sumiko Fujii)

Ujina Miyuki 1-9-26-413, Minami-Ku, Hiroshima City, 734-0015, Japan

 

* The Hiroshima Civil Association for No Nuclear Power (Representative: Mr. Shoji Kihara)

Ebizono 2-17-9, Saeki-Ku, Hiroshima City, 731-5135, Japan

 

* The Hiroshima Association for the Establishment of the Future with Friendly Environment (Co-Representatives: Ms. Maki Tokioka, Ms. Noriko Yumiba, Ms. Ayako Nagahashi) Phone: +81-80-1934-0866

 

* The Hiroshima Cooperative Center for Japan’s Constitution and Peace (Representative: Mr. Kazuyuki Senko)

Ote-Machi 4-2-27, Naka-Ku, Hiroshima City, 737-0051, Japan

 

* The Hiroshima Association for the Establishment of Peaceful, Democratic and Reformed Japan (Representative: Mr. Katsumi Toshimoto)

Ote-Machi 4-2-27, Naka-Ku, Hiroshima City, 737-0051, Japan

 

* The Hiroshima Committee of AALA Solidarity (Representative: Ms. Noriko Hayashi)

Ote-Machi 4-2-27, Naka-Ku, Hiroshima City, 737-0051, Japan

 

* The Committee of Social Concerns, West Chugoku Area, the United Church of Christ in Japan (Representative: Yoshihiro Jinbo)

Minami Sakae 3-1-29, Otake City, Hiroshima Prefecture 739-0602, Japan

 

* Hiroshima YWCA (Representative: Ms. Yasue Nakarai)

c/o Hiroshima Shujo Church, Wakakusa Cho 6-7, Higashi-Ku, Hiroshima City 732-0053, Japan

 

* The Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition (Co-Representatives: Dr. Katsuaki Aoki, Dr. Yuki Tanaka, Ms. Haruko Moritaki)

c/o Adachi Shuichi Law Firm, Jyohoku Building 2F, Hakushima 18-4, Naka-Ku, Hiroshima City, 730-0005, Japan

 

* The Religious Association of Article 9 of Japan’s Constitution (Representative: Mr. Shozo Muneto)

c/o Nobori Machi Catholic Church, Hiroshima City, 730-0016, Japan 

4 comments:

  1. Anonymous4:26 pm

    イスラエルによるパレスチナ攻撃と無辜の民の殺害はナチスによるユダヤ人迫害と一体何が変わるのか?自分たちの場合は、自衛の為というのは卑怯ないいわけに過ぎない。殺傷されている人々の多くが、子供を含む弱者だし、両国の力と立場の差が圧倒的だからだ。イスラエルとユダヤ人は、最早暴虐の執行部の幹部として現代史に記されつつある。

    ReplyDelete
  2. 成澤宗男3:50 am

    これには、少し違和感があります。
     
     イスラエルは、米国の帝国主義政策が生み出した化け物です。あのナチにも匹敵する凶暴性を発揮でき、好き勝手できるのは、米国の援助と有形無形の支援があるからです。今回の虐殺に使われた弾薬も、大半が米国製です。米国のことを一言も触れずに現代のおぞましいナチス国家、レイシズム国家を批判するのは、僕には理解できません。それとも、原爆投下で米国の戦争犯罪を口にしない広島
    のメンタリティみたいのがあるのでしょうか。

    ReplyDelete
  3. 「イスラエルは欧米植民地主義の最前線」と言われていますから、テロ国家イスラエル擁護は米国だけでもないのです。もちろん最大の擁護者ですが・・・。たとえば風刺画論争の発生地のデンマークの情報関係者は3年ごとイスラエルでモサドの訓練を受けているようです。あるいは「フランス司法はパリでのパレスチナ支援デモの禁止を明言」(村野瀬玲奈の秘書課広報室http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-5786.html)とか。

    また米国のイスラエル・パワーが米国の外交を左右しているというジェイムズ・ペトラスの指摘もある。

     まあいずれにしても、欧米(恥ずかしいが日本も含む)のやりたいこと(植民地主義・人種主義・占領で発達したセキュリティ産業が企業独裁下でも必須)をイスラエルが率先してやってくれている。

    ReplyDelete
  4. 田中利幸3:18 pm

    アメリカが背後で支援していることは言うまでもないこと。周知の事実です。
    しかし、今、私たちが緊急に問題にしなければならないのは、ガザでイスラエルがなにをやっているのか、その犯罪そのものを批難し、止めさせることです。
    ここにアメリカの問題をもちだしたら、日本の武器輸出まで問題にしなければならず、視点がずれてしまいます。大学の講義やジャーナル論考を書いているのではありません。
    私たちが行っているのは、状況分析ではありません。イスラエル政府に対するイスラエルの蛮行非難です。反戦運動をやっているのであって、論文をかいているわけではありません。アメリカ批判をやるなら、アメリカ政府に対する別の抗議文が必要です。日本政府に対する要請文も必要ですが、この仕事は、すでに東京ですでに別の団体がやっています。私がアメリカの原爆批判を徹底的やっているのは、もう説明するまでもないことでしょう。広島で、私ほど原爆批判をやっている者はいないと自負しています。アメリカの原爆批判とガザ問題の関連について、論文ならいくらでも書きます。もう一度言いますが、イスラエル政府に対するイスラエルの犯罪行為批難を書いているのです。成沢氏の批判は、政治的
    な抗議文を書いたことのない人の批判です。(一例:オバマ大統領宛書簡を参照して下さい)

    ReplyDelete