To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Wednesday, December 23, 2015

U.S. Citizens' Response to Ambassador Caroline Kennedy's Statement of Support for the Henoko Plan キャロライン・ケネディ大使の辺野古新基地支持発言に対する米国市民のレスポンス

On December 22, seventy U.S. citizens criticized Ambassador Caroline Kennedy's December 17 remark to support the plan to build a new base in Henoko, Okinawa. The signers include filmmaker Oliver Stone, linguist Noam Chomsky,  American University professor Peter Kuznick, retired Army Colonel Ann Wright, former U.S. Senator Mike Gravel, international law expert Richard Falk, and political scientist Morton Halperin. See below for the statement and the list of signers. Click HERE for PDF copy.   See here for Japan Today report. Also the Japan Times, and South China Morning Post. See Ryukyu Shimpo English page
Caroline Kennedy speaks at Japan National
 Press Club, Tokyo, December 17


12月17日日本記者クラブでの記者会見において、キャロライン・ケネディ駐日米国大使が辺野古における新米軍基地建設を支持する発言をしたことに対し70人の米国人が抗議の声を上げました。署名者の中には、映画監督オリバー・ストーン、言語学者ノーム・チョムスキー、アメリカン大学教授ピーター・カズニック、元陸軍大佐アン・ライト、元上院議員マイク・グラベル、国際法専門家のリチャード・フォーク、政治学者モートン・ハルペリンなどがいます。下方に日本語対訳付きで声明文を掲載しました。

日本語の報道は―共同通信時事通信。 共同の記事は多くの地方紙に取り上げられた。24日の東京新聞朝刊2面、同日沖縄タイムスは1面トップと社会面で特集、琉球新報は1面に報道、7面で声明日本語訳全文と署名者リストを掲載。あとは東京新聞に独自記事


(日本語訳は参考訳です。)

U.S. Citizens’ Response to Ambassador Caroline Kennedy’s Statement of Support for the Henoko Plan
キャロライン・ケネディ大使の辺野古新基地支持発言に対する米国市民のレスポンス

In her December 17 press conference at the Japan National Press Club in Tokyo, U.S. Ambassador to Japan Caroline Kennedy faithfully parroted the Obama administration’s contention that Henoko is the best place for the new U.S. marine base in Okinawa.
12月17日、日本記者クラブ(東京)における記者会見で、キャロライン・ケネディ駐日米国大使は、辺野古が沖縄における米国海兵隊の新基地の場所として最善であるとのオバマ政権の主張を忠実に繰り返した。

After cordial comments about the U.S. striving to “be good neighbors” and being “mindful” of the impact on the local communities of the dozens of U.S. bases that occupy almost 20 percent of the land mass of Okinawa Island, Kennedy declared her support for the base that Okinawans have been protesting against tirelessly and in the face of brute physical force and intimidation for hundreds of days.
米国が「よき隣人」であろうと努力しており、また[沖縄本島の約20%を占める何十もの米軍基地の]地域社会への影響については「気を配る」という丁寧なコメントをしたあと、ケネディ大使は、沖縄の人々が容赦ない実力行使と威嚇にもかかわらず何百日も抗議活動をしている基地に対しての支持を表明した。

Asked what she thinks about the Okinawan people’s opposition to the base construction and if the U.S. would consider an alternative plan, Kennedy replied: “People worked very hard, considered many options and developed this plan [for closing and relocating the U.S. marine base currently located in densely populated Ginowan] that I think is the best of any other plan that was considered.”
[訳者註:記者会見で]基地建設に対する沖縄の人々の反対についてどう思うか、また、米国は代替案を検討するだろうかとの問いに対しケネディ大使は「この計画[現在人口の密集する宜野湾に位置する米海兵隊基地を閉鎖し移設するための]は人々が大変懸命に努力し、多くの選択肢を検討し、練り上げてきたものだ。だから私は今まで検討された計画でこれが最善のものと思っている」と答えた。

Kennedy’s statement that the U.S. wants to close Futenma and build at Henoko as fast as possible is at once a threat, an insult and a challenge for the vast majority of Okinawans who are vehemently opposed to the plan and the brazen disregard for the law, the environment, and the outcome of elections. MCAS Futenma must be closed, but moving it to Henoko isn’t the solution. It merely shifts the problem to a less conspicuous location, introducing environmental and safety threats to another part of the island and reinforcing Okinawa’s role as a U.S. military bastion.
米国が普天間基地を閉鎖し辺野古に基地建設を一刻も早くすることを欲しているというケネディ大使の発言は、この計画に激しく反対してきた沖縄の圧倒的多数の人々に対する脅威、侮辱、挑戦であり、同時に法律、環境、選挙結果を恥ずかしげもなく軽視する行為である。普天間基地は閉鎖されなければならないが、辺野古に移設することは解決策とはならない。この計画はより人目のつかない場所に問題を移動するだけであり、島の別の場所に新たな環境・安全面の脅威を導入し、沖縄の米軍拠点としての役割を強化するものだ。

Kennedy signed the Press Club’s guest book, quoting a JFK statement about press freedom. She should instead have selected a quote from President Kennedy's 1963 American University Commencement Address in which he offered a powerful and compelling argument for world peace.
ケネディ大使は、日本記者クラブのゲストブックに、ジョン・F・ケネディ元大統領による報道の自由についての発言を引用しながら署名した。しかし大使が引用するべきはむしろ、ケネディ元大統領が世界平和について強力で説得力のある主張を行った、1963年アメリカン大学における卒業式スピーチだったのではないか。

 “Every thoughtful citizen who despairs of war and wishes to bring peace,” President Kennedy said, “should begin by looking inward — by examining his own attitude toward the possibilities of peace…”
ケネディ元大統領は言った。「戦争に絶望し、平和をもたらすことを望む思慮深い市民は誰でも、まず内面を見ることから始めるべきだ―平和の可能性への自らの態度を調べることを……」

Ambassador Kennedy serves as a public microphone for U.S. elected officials, policymakers, and military leaders who have neither the guts nor the gumption to honestly or honorably address the concerns of Okinawans. She should reread her father’s speech wherein he rejects a “Pax Americana enforced on the world by American weapons of war.”
ケネディ大使は、沖縄の人々の懸念に対し、誠実に尊厳をもって取り組む勇気も度胸も持たないような、米国の選挙で選ばれた公職者、政策立案者、軍の指導者たちの代弁者としての役割を果たしている。大使は父親が「アメリカの軍事力によって世界に強制的にもたらされるパクス・アメリカーナ」を拒絶したスピーチをもう一度読むべきだ。

If she were to do so, Ambassador Kennedy would be reminded that her father asked, “Is not peace, in the last analysis, basically a matter of human rights — the right to live out our lives without fear of devastation — the right to breathe air as nature provided it — the right of future generations to a healthy existence?”
もし再読したならばケネディ大使は父親が「つまり平和とは、基本的に、荒廃の恐怖を感じることなく生活できる権利、自然の空気をそのまま呼吸する権利、将来の世代まで健全に存続する権利といった、人権に関する問題ではないか」と問うたことを思い起こすことだろう。

Because those words still have meaning to us, as U.S. citizens we insist that Washington stop denying basic human rights, including self-determination and living in a healthy, safe environment, to the citizens of Okinawa.
これらの言葉は我々にとってまだ意味があるがゆえに、我々は米国市民として、米国政府が、自己決定権、健全で安全な環境で暮らす権利を含む、沖縄の市民の基本的人権を否定することを止めるよう強く要求する。

December 22, 2015

1.         Christine Ahn, Women Across DMZ
クリスティーン・アン 「DMZをわたる女性たち」
2.        Gar Alperovitz, Co-Chair The Next System Project, former Lionel R. Bauman Professor of Political Economy, University of Maryland
ガー・アルペロビッツ、「ネクスト・システム・プロジェクト」共同代表、メリーランド大学政治経済学元教授
3.        Christian G. Appy, Professor of History, University of Massachusetts
クリスチャン・G・アッピー、マサチューセッツ工科大学歴史学教授
4.        Sandi Aritza, Translator
サンディ・アリッツァ、翻訳家
5.        Davinder Bhowmik, Associate Professor of Modern Japanese Literature, University of Washington
ダビンダー・ボウミック、ワシントン大学近代日本文学准教授
6.        Herbert Bix, Emeritus Professor of History and Sociology, State University of New York at Binghamton
ハーバート・ビックス、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校歴史学・社会学名誉教授
7.         Courtney B. Cazden, Professor Emeritus, Harvard University
コートニー・B・キャズデン、ハーバード大学名誉教授
8.        Noam Chomsky, Professor Emeritus of Linguistics, Massachusetts Institute of Technology
ノーム・チョムスキー、マサチューセッツ工科大学言語学名誉教授
9.        Marjorie Cohn, Professor, Thomas Jefferson School of Law
マージョリー・コーン、トーマス・ジェファーソン法科大学院教授
10.     Elizabeth Cori-Jones,  M.Ed. (Harvard)
エリザベス・コリ―ジョーンズ、教育学修士(ハーバード大学)
11.      Frank Costigliola, Professor of History, University of Connecticut
フランク・コスティグリオラ、コネチカット大学歴史学教授
12.     Fr Bob Cushing, Pastor at St Joseph Church, Georgia
ボブ・クッシング、セント・ジョセフ教会(ジョージア州)神父
13.     Sasha Davis, Assistant Professor, Keene State College
サーシャ・デイビス、キーン州立大学助教授
14.     Jean Downey, M.A., J.D., Contributing Editor, Kyoto Journal
ジーン・ダウニー、M.A., J.D.,『京都ジャーナル』寄稿編集者
15.     Alexis Dudden, Professor of History, University of Connecticut
アレクシス・ダデン、コネチカット大学歴史学教授
16.     Richard Falk, Milbank Professor of International Law Emeritus, Princeton University
リチャード・フォーク、プリンストン大学国際法名誉教授
17.      John Feffer, Director, Foreign Policy In Focus
ジョン・フェッファー、『フォーリン・ポリシー・イン・フォーカス』ディレクター
18.     Norma Field, Professor Emerita, University of Chicago
ノーマ・フィールド、シカゴ大学名誉教授
19.     Max Paul Friedman, Professor of History, American University
マックス・ポール・フリードマン、アメリカン大学歴史学教授
20.    Bruce K. Gagnon, Coordinator, Global Network Against Weapons & Nuclear Power in Space
ブルース・ギャグノン、「宇宙への兵器と核エネルギーの配備に反対する地球ネット」コーディネーター
21.     Daniel H. Garrett, Former US Department of State Foreign Service Officer; Senior Associate, The Asia Institute
ダニエル・H・ギャレット、元国務省外交局職員、アジア・インスティテュート研究員
22.    Joseph Gerson, PhD, Working Group for Peace & Demilitarization in Asia and the Pacific
ジョセフ・ガーソン(PhD)、アジア太平洋平和と非軍事化ワーキンググループ
23.    Gary R. Goldstein, Professor, Tufts University
ゲリー・ゴールドスタイン、タフツ大学教授
24.    Mike Gravel, U.S. Senator (1969-1981)
マイク・グラベル、元米国上院議員(1969-1981)
25.    Mel Gurtov, Professor Emeritus of Political Science, Portland State University
メル・ガートフ、ポートランド州立大学政治学名誉教授
26.    Morton H. Halperin, Political Scientist
モートン・ハルペリン、政治学者
27.     Laura Hein, Professor Northwestern University
ローラ・ハイン、ノースウェスタン大学教授
28.    Dud Hendrick, Deer Isle, Maine, Member of VFP 2015 delegation to Okinawa
ダッド・ヘンドリック(メイン州デア・アイル)2015年「平和のための退役軍人会」沖縄派遣団メンバー
29.    Mickey Huff, Professor of History, Diablo Valley College, Director of Project Censored
ミッキー・ハフ、ディアブロ・バリー・カレッジ歴史学教授、「プロジェクト・センサード」ディレクター
30.    Pat Hynes, Director, Traprock Center for Peace and Justice, Massachusetts, USA
パット・ハインズ、「トラップロック・センター・フォー・ピース・アンド・ジャスティス」(マサチューセッツ州)ディレクター
31.     Kyle Ikeda, Associate Professor of Japanese, University of Vermont
カイル・イケダ、バーモント大学日本語准教授
32.    Vincent Intondi, Associate Professor of History, Montgomery College
ビンセント・イントンディ、モンゴメリー・カレッジ歴史学准教授
33.    Xeni Jardin, Technology Journalist
ゼニ・ジャーディン、テクノロジー・ジャーナリスト
34.    Rebecca Jennison, Dept. of Humanities, Kyoto Seika University
レベッカ・ジェニソン、京都精華大学人文学部
35.    John Junkerman, Documentary Filmmaker
ジャン・ユンカーマン、ドキュメンタリー映画監督
36.    Sheila K. Johnson, Anthropologist
シーラ・K・ジョンソン、人類学者
37.     Kyle Kajihiro, Board Member, Hawaiʻi Peace and Justice
カイル・カジヒロ、「ハワイ・ピース・アンド・ジャスティス」理事
38.    Tarak Kauff, Veterans For Peace, Board of Directors
タラック・カウフ、「平和のための退役軍人会」理事
39.    Peter Kuznick, Professor of History, American University
ピーター・カズニック、アメリカン大学歴史学教授
40.    Barry Ladendorf, National President, Veterans for Peace
バリー・レイデンドーフ、「平和のための退役軍人会」全国会長
41.     Joe Lauria, former Wall Street Journal United Nations correspondent
ジョー・ローリア、元『ウォール・ストリート・ジャーナル』国連担当記者
42.    Jon Letman, Journalist
ジョン・レットマン、ジャーナリスト
43.    Stanley Levin, Korean War Veteran and member of the VFP 2015 delegation to Korea
スタンリー・レビン、朝鮮戦争退役軍人、「平和のための退役軍人会」2015年韓国派遣団メンバー
44.    C. Douglas Lummis, Visiting Professor, Okinawa Christian University Graduate School
C・ダグラス・ラミス、沖縄キリスト教大学大学院客員教授
45.    Catherine Lutz, Professor, Brown University
キャサリン・ルッツ、ブラウン大学教授
46.    Andrew R. Marks, M.D., Professor of Columbia University
アンドリュー・R・マークス、M.D.、コロンビア大学教授
47.     Kenneth E. Mayers, Major USMCR (Ret’d), Member of the VFP 2015 Delegation to Okinawa
ケネス・E・メイヤーズ、米海兵隊予備役(退役)、「平和のための退役軍人会」2015年沖縄派遣団メンバー
48.    Yosi McIntire, lifetime student
ヨシ・マッキンタイア、生涯の学生
49.    Katherine Muzik, Marine Biologist, Kaua'i
キャサリン・ミュージック、海洋生物学者(ハワイ州カウアイ島)
50.    Khury Petersen-Smith, doctoral candidate, Clark University School of Geography, Massachusetts
クリー・ピーターソン―スミス、クラーク大学(マサチューセッツ)地理学部博士課程在籍
51.     Robert Naiman, Policy Director, Just Foreign Policy
ロバート・ナイマン、「ジャスト・フォーリン・ポリシー」政策ディレクター
52.    Koohan Paik, Program Director, International Forum on Globalization
クーハン・パク、「グローバライゼーションを考える国際フォーラム」プログラム・ディレクター
53.    Samuel Perry, Associate Professor, Brown University
サミュエル・ペリー、ブラウン大学准教授
54.    Margaret Power, Professor of History, Illinois Institute of Technology
マーガレット・パワー、イリノイ工科大学歴史学教授
55.    Craig Quirolo, Founder, Rape Relief
クレイグ・キロロ、「レイプ・リリーフ」創立者
56.    Steve Rabson, Professor Emeritus, Brown University
スティーブ・ラブソン、ブラウン大学名誉教授
57.     Betty A. Reardon. Ed.D., Founding Director Emeritus, International Institute on Peace Education
ベティ・A・レアドン、Ed.D., 「平和教育に関する国際研究所」創立者
58.    Lawrence Repeta, Member, Washington State Bar Association
ローレンス・レペタ、ワシントン州弁護士会メンバー
59.    Coleen Rowley, retired FBI Agent and former Minneapolis Division Legal Counsel
コリーン・ラウリー、元FBI捜査官およびミネアポリス支部顧問弁護士
60.    Arnie Saiki, Moana Nui Action Alliance
アーニ・サイキ、「モアナ・ヌイ・アクション・アライアンス」
61.     Pete Shimazaki Doktor, Hawai`i Okinawa Alliance & Veterans for Peace Ryukyu Working Group co-founder
ピート・シマザキ・ドクター、「ハワイ・沖縄アライアンス」、「平和のための退役軍人会」琉球ワーキンググループ共同創立者
62.    Tim Shorrock, Journalist and trade unionist
ティム・ショロック、ジャーナリストおよび労働運動家
63.    Alice Slater, World Beyond War, Coordinating Committee
アリス・スレーター、「ワールド・ビヨンド・ウォー」調整委員会
64.    John Steinbach, Hiroshima/Nagasaki Peace Committee of the National Capital Area to the Citizen's Response
ジョン・スタインバック、「首都エリアヒロシマ・ナガサキ平和コミティー」
65.    Oliver Stone, Academy Award-winning Filmmaker
オリバー・ストーン、アカデミー賞受賞映画監督
66.    David Swanson, Author
デイビッド・スワンソン、著述業
67.     Roy Tamashiro, Professor, Webster University
ロイ・タマシロ、ウェブスター大学教授
68.    Eric Wada, Ukwanshin Kabudan Director, President
エリック・ワダ、御冠船歌舞団ディレクター、会長
69.    Lawrence Wittner, Professor of History Emeritus, State University of New York at Albany
ローレンス・ウィットナー、ニューヨーク州立大学アルバニー校歴史学名誉教授
70.    Ann Wright, retired US Army Reserve Colonel and former US diplomat who resigned in 2003 in opposition to the Iraq War
アン・ライト、退役米国陸軍大佐、元外交官(2003年イラク戦争に反対して辞職)

(In the alphabetical order of family names)

追記:この「レスポンス」発表後に届いた署名を以下、賛同順に記します。Below are signatures that arrived after the release of the statement. 

Michael Minch, Professor of History, Utah Valley University
マイケル・ミンチ、ユタ・バリー大学歴史学教授

BeauRyan Kiyoshi Kennedy, Account Manager
ボーライアン・キヨシ・ケネディ、経理職

John Decker, President, ISHECI
ジョン・デッカー、 ISHECI会長

Noriko Oyama, Director, ISHECI
ノリコ・オーヤマ  ISHECIディレクター

Brandon Ing, English (as a foreign language) teacher
ブランドン・イング、英語(外国語としての)教師



12月31日追記:『沖縄タイムス』12月30日に平安名純代記者によるこのアクションについてのコラムが出ました。





1 comment:

  1. 占領され蹂躙され、基地建設を強いられていることに拒絶を示している人々に対し「懸命に努力し、多くの選択肢を検討し、練り上げてきたものだから今まで検討された計画でこれが最善のものと思っている」とは、あまりに心ない発言と言わざるをえないでしょう。そもそも、何のための、誰のための基地なのか?沖縄が基地を望んだことが一度でもあっただろうか?

    ReplyDelete