To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Monday, September 07, 2020

NHK広島放送局「ひろしまタイムライン」の「シュン」ツイッターが参考にしたと思われる新井俊一郎氏の手記

 「ひろしまタイムライン」の「シュン」6月16日、8月20日ツイートの元になっていると思われる、新井俊一郎氏の手記『激動の昭和史を生きて』(2009年)を友人が図書館から借りて該当ページを送ってくれました。差別的な言葉が含まれていますが、事実を伝えるためにここに公開します。閲覧には注意してください。


『激動の時代を生きて 戦争の時代を乗り越え半世紀』表紙

以下、傍線はブログ運営者によるものです。「朝鮮人」についての言及のある部分を中心に傍線を引きました。傍線を引いていない部分でも、「シュン」の6月16日、8月20日ツイートが参考にしたと思われる部分があります。

112-113ページ


114-115ページ


144-145ページ



146-147ページ



奥付

尚、問題になっているツイートがどのようなソースからどのような経緯で発信されたにせよ、それらのツイートが及ぼす差別的影響には何らの変わりもありません。このようなツイートがこのまま存在することは、新井氏にとっても不本意であろうことは、9月6日の朝日新聞報道からも読み取れます。これらツイートに対する責任はNHKにあるのであって、引き続き、これらの差別的ツイートの削除をNHK広島放送局に対して求めていきたいと思います。

以下の投稿を併せて読んでください。

NHK広島放送局は「ひろしまタイムライン」の、「シュン」による一連のヘイトツイートを削除してください。

No comments:

Post a comment