To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Monday, August 31, 2020

関東大震災97周年 9.1朝鮮人犠牲者追悼集会 オリバー・ストーン監督とピーター・カズニック教授のメッセージ Oliver Stone and Peter Kuznick's message for the 97th anniversary of the massacre of Koreans in the aftermath of Great Kanto Earthquake

 きょう(日本の9月1日午前11時~)東京・墨田区の横網町公園「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」前でとり行われた「関東大震災97周年 9.1朝鮮人犠牲者追悼集会」に、オリバー・ストーン監督と、ピーター・カズニック教授(アメリカン大学、歴史学)のメッセージが寄せられました。英日語でここに紹介します。From 11 AM, September 1, the annual memorial ceremony for the victims of the massacre of Koreans and others in the aftermath of the Great Kanto Earthquake that occurred on September 1, 1923, was held at the Korean victims' memorial within the Yokoamicho Park, Sumida Ward, Tokyo. This year marked the 97th anniversary of the worst hate crime in modern Japan. Filmmaker Oliver Stone and historian Peter Kuznick sent a message for this memorial. 

式典の動画はここです。 



「鎮魂の舞」

Message for the Memorial for the Victims of the 1923 Kanto Massacre


September 1, 2020   

Americans may know Japan’s four decades of brutal colonial rule of Korea, but few know about the massacre of thousands of Koreans, hundreds of Chinese, and some Japanese socialists in the aftermath of the Great Kanto Earthquake of September 1, 1923, by Japanese soldiers, police, and civilian vigilantes, who were instigated by false rumors. We are heartened to hear that some Japanese remember and feel remorse for this terrible injustice and hold a memorial ceremony to honor the victims of the massacre. We are disappointed, though not surprised, to hear about intensified efforts by right-wing Japanese history deniers, including the governor of Tokyo, to whitewash this history. We know that confronting the past honestly is not easy for any nation. Our own country is struggling with this problem right now, especially as it involves racial oppression, the legacy of the Second World War, including the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, and the history of empire. We stand firmly in solidarity with those, like you, who fight for a truthful view of history and join you in mourning the victims, with the determination that we will never allow such crimes of hatred to happen again. 

Oliver Stone and Peter Kuznick     


1923年関東大震災時虐殺の犠牲者のための追悼式典へのメッセージ


アメリカ人は、日本の40年にわたる朝鮮半島の残酷な植民地支配について知っているかもしれませんが、192391日の関東大震災の後、流言飛語に扇動された軍、警察、民間の自警団によって、何千人もの朝鮮人、何百人もの中国人、そして日本人社会主義者が虐殺されたことを知っている人はほとんどいないでしょう。私たちは、日本人がこの恐ろしい不正義を記憶し、反省し、大虐殺の被害者を追悼する式典を行っていることを聞き、勇気づけられる思いがします。私たちは、東京都知事を含む、日本の右翼的歴史否定主義者たちが、この歴史を歪曲しようとする動きを強めていることを聞いて、驚きはしませんが、失望しています。過去に正直に向き合うことは、どの国にとっても容易なことではないでしょう。それは私たちの国が今直面している課題でもあります。とりわけ人種的抑圧、広島・長崎への原爆投下を含む第二次世界大戦の負の遺産、帝国の歴史といった歴史問題があります。私たちは、皆さんのような、真実の歴史観のために闘う人々との連帯を強固にし、このような憎悪に基づく犯罪を二度と起こさせないという決意のもと、みなさんと共に被害者を追悼したいと思います。

2020年9月1日 

映画監督 オリバー・ストーン & アメリカン大学教授 ピーター・カズニック

(翻訳 乗松聡子)

No comments:

Post a comment