To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Wednesday, August 26, 2020

NHK 広島放送局に電話し、広島の平和・反核の訴えを担ってきたこれだけの人たちが差別ツイート削除を求めていると伝えました。I called NHK Hiroshima and told them that many people who are leading the No-More-Hiroshima/Nagasaki movement are demanding deletion of their Tweets that instigate hate against Koreans.

8月23日(8月25日追記)の投稿をまだの人は読んでください。

NHK広島放送局は「ひろしまタイムライン」の、「シュン」による一連のヘイトツイートを削除してください。

NHKが「謝罪」したという報道が流れたとき、私が声をかけた多くの人が、NHKは「謝罪」したのだからツイート自体を削除したと思い込んでおり、いや、ツイートはそのままですと言ったら「信じられない」という反応を示していました。当然と思います。過ちを認めているのに、いつでも削除できるツイートをそのままにしておく(削除を拒否する)とは誰の目にも理解できないと思います。

削除の訴えには、26日の時点で、80人以上の人が賛同してくれました。

日本時間の8月27日午前10時すぎ、私はNHK広島放送局の「ご意見・お問い合わせ」番号に電話しました。ここでは意見を聞くだけで、返答はしてくれないということで、とりあえず以下を伝えました。

★すでに何度もメールしましたが、返信をもらえていないこともあり、電話しました。

★「配慮が不十分だった」という「謝罪」を出したのに、差別的ツイートを削除しないというのはおかしい。そのままでは差別は助長され、傷つく人たちがもっと出てくるので削除してほしい。

削除の訴えには80人以上の人たちが連名してくれている。この中に、広島・長崎の平和、反核の訴えを中心的に担ってきた人や、団体の人がいる。たとえば、

  • サーロー節子さん(カナダ在住の広島被爆者)
  • 和田征子さん(日本被団協事務局次長、長崎被爆者)
  • 平岡敬さん(元広島市長)
  • スティーブ・リーパーさん(元広島平和文化財団理事長)
  • ピーター・カズニックさん(アメリカン大学教授)
  • 野平晋作さん(ピースボート共同代表)
  • ノーマ・フィールドさん(シカゴ大学名誉教授)
  • ランメル幸さん(バンクーバー在住の広島被爆者)
  • 三宅信雄さん(埼玉在住の広島被爆者)
  • 高橋博子さん(大学教員・元NHK中国地方放送番組審議会委員)
  • 田中利幸さん(広島市立大学平和研究所元教授)
  • 藤岡惇さん(立命館大学名誉教授)
★あとはこのサイトを見てくださいと伝えておきました。

NHKは、公共放送が差別を再現・扇動するようなツイートを発信するなど許されない、国際的に見てもあり得ないということをわかってほしいですし、ツイートを削除してもらいたいと思います。

乗松聡子@PeacePhilosophy 

PS:全員のお名前を言う時間がなかったのは悔しいですが、当サイトに来て賛同者リストをみてくださいと念を押しました!

賛同者リストはこの投稿の末尾にあります↓コメントも読んでください。



No comments:

Post a comment