To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Sunday, August 23, 2020

NHK広島放送局は「ひろしまタイムライン」の、「シュン」による一連のヘイトツイートを削除してください。NHK Hiroshima, please delete tweets that instigate hate against Koreans in Japan.

8月28日追記。28日付東京新聞「こちら特報部」で取り上げられました。見出しは
NHK広島 「コリアン差別助長ツイート」国境越え削除求める声 抗議ブログに被爆者ら賛同 「創作と事実ごちゃ混ぜ」「植民地支配説明を」』。被爆者の和田征子さん、三宅信雄さん、元広島市長の平岡敬さんの談話が載っています。

8月26日追記。こちらの続報も見てください。

8月25日追記。多くの賛同をありがとうございます。私のもとに寄せられるコメントは「まだ削除されてないの」という驚きの声が目立ちます。みなさんNHK広島放送局に個別にも抗議してください⇒https://www.nhk.or.jp/hiroshima/contact/

8月24日追記。NHK広島局は8月24日「6月16日・8月20日のツイートについて」という声明で、「戦争の時代に中学1年生が見聞きしたことを、十分な説明なしに発信することで、現代の視聴者のみなさまがどのように受け止めるかについての配慮が不十分だった」とし、過ちを認めたにもかかわらず、肝心のツイートの削除をしていない。これには目を疑った。「おわび」も、関係者(内輪)に対してしかしておらず、このツイートが脅威をもたらす対象である在日コリアンの人たち、公共放送がヘイトを発信するという社会全体への重大な影響への配慮はゼロだ。一部の関係者が個人攻撃的な批判を浴びているということを聞いており、これは不当だと思うが、この声明は、批判を浴びた関係者を守るという立場しか取っておらず、このヘイトがターゲットにされた人たちを完全に無視しているのである。私にはこの声明は謝罪文などではなく、「ヘイトツイート削除拒否宣言」にしか見えない。NHK広島局、「ひろしまタイムライン」の関係者は事の重大さを理解してほしいと思う。コメント欄も読んでほしい。賛同は続々届いており、「まだ削除されていないのか」という驚きの声が多い。

平岡敬(ひらおか・たかし)元広島市長の賛同も得ました。引き続きこのサイトでは賛同を募ります。下の賛同者リストにならいお名前等の情報を peacephilosophycentre@gmail.com に送ってください。同時にNHK広島局に抗議もしてください。コメントもいただければこの投稿のコメント欄に掲載します。(8月26日追記:賛同しているけれどお名前を出すのは躊躇される方はいらっしゃると思います。ぜひNHK広島局に直接抗議をお願いします。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日本では公共放送局がこのようなヘイトを行うのか。



「1945ひろしまタイムライン」は、「日本が戦争をしていた1945年にSNSがあったらどんなことをつぶやいていたのだろう」というテーマで、当時広島にいた3人の市民の日記を「手がかりに」、現在広島で暮らすメンバーが「当時の生活をじっくり想像」しツイッターで日記のような形で発信するというプロジェクトだ。ホームページは https://www.nhk.or.jp/hiroshima/hibaku75/timeline/ 

ツイッターのアカウントは
シュン@ひろしまタイムライン (中学1年生の新井俊一郎さん)
やすこ@ひろしまタイムライン(主婦の今井泰子さん)
一郎@ひろしまタイムライン(新聞記者の大佐古一郎さん)

今回問題視されているのは「シュン」のツイートの中で、朝鮮半島にルーツのある人たちへの差別を再現あるいは扇動するような内容のものである。最初にハフポストの報道でこれを知り、実際のツイートを読んだときは、現代の日本で、仮に「当時の再現」といった設定で発信されたにせよこのようなヘイトともいえる内容が平気で発信されてしまっていることに衝撃と恐怖を感じた。それもネトウヨとかではなくNHKという日本を代表する公共放送局がである。内容はひど過ぎて、ここに直接その表現を引用することは私はできない。リンクを張ることさえはばかられるが、何を問題視しているか示さなければいけないのでリンクだけは張る。

私が把握している限りは問題のツイートは、6月16日のこの3つ

と、8月20日のこの3つだ。


私はカナダに四半世紀住んでいることもあり、すぐ、これが「カナダで起ったら」と想像して、SNSでこう発信した。
<ジャ○プだ!! 敵性外国人となったジャ○プの群衆が、列車に乗り込んでくる!>といった発言は当時の北米にあってもおかしくないですね。当時の再現としてカナダの公共放送局CBCがこんなツイートしたら恐ろしくて外に出られなくなりそう。
アジア太平洋戦争時、米国やカナダでは日系人は「敵性外国人」とされ、財産を奪われ、強制収容所に送られた。NHKに相当する公共放送のCBCが現在、このような歴史を記憶するプロジェクトをはじめて、このような発信をするなど到底考えられないし、万が一あったら、ヘイトであると、瞬時に全国の世論が炎上し、政府や国会も黙っていないだろうし、国際的な批判も浴びCBCは謝罪と撤回を余儀なくされるであろう。これはやはり差別・迫害された歴史をもつ(現在も続いている)先住民、ユダヤ人やムスリムの人たち、ブラックの人たちなどについても同様である。もちろん、苦い歴史の記述という文脈で、このような差別があったのだ、という解説番組はあり得るし、そういう場合は、歴史から学び二度と起こさないという意味では大事であろう。しかしそういった差別発言をそのまま生の形で、実在する人が今言っているかの如くSNSで発信してしまうというのはこれは差別行動にほかならず許されるものではない。今回のツイートで脅威にさらされるのはむろん在日朝鮮・韓国人の方たちである。1923年9月1日の関東大震災後に、朝鮮半島出身者についての根も葉もない流言飛語が流され、何千もの人たちが虐殺された事件を思い出すであろう。おまけに、現在の日本は政府・メディアを筆頭とし、植民地支配の歴史を反省し植民地主義を乗り越える努力をするどころか、歴史を学ばず否定さえ行い、朝鮮半島をルーツに持つ人たちへの偏見や差別は悪化している風潮さえある。そのような社会の中でのこの一連のツイートは、公共放送ともあろうものが社会にはびこる差別心にお墨付きを与え、ますます増長させるきっかけになりかねない。そういう意味でこの一連のツイートは「ヘイトスピーチ」であると私は断言する。

だからNHK広島局がこれだけの批判を浴びても謝罪・撤回しないのはただただ信じられないという思いで見ている。私はSNSでこうも呼び掛けた。
NHKに抗議のメールしました。「平和都市広島」の心ある人たち、また「ノーモアヒロシマナガサキ」運動をやっている人たち、「被爆地」の放送局がこういうヘイトをやることに対しいまこそ立ち上がり毅然と声を上げるときではないですか。
NHK広島局への連絡方法はここにある。私も引き続き、メール、電話をしようと思っている。現地で抗議・スタンディングをしている人たちもいるようだ。敬意を表する。

一連のツイートの、朝鮮半島にルーツを持つ人々に関連する内容は、サイトで公表されている新井さんの日記の原文には出てこない。NHKは「手記とご本人がインタビューで使用していた実際の表現にならって掲載しました」と言っている。しかし実際に当時の13歳の少年が見たことの記述としては不自然な表現もある。過去の漫画作品の中にそっくりの場面が出てきているという声もある。当時の日記を「手がかり」に、「当時の生活をじっくり想像」しているというが、NHKはここまでの具体的な内容のソースを明らかにすべきである。

NHKは、さる6月「これでわかった!世界のいま」という番組で Black Lives Matter 運動を解説する中でブラックの人々への偏見に満ちたアニメーションを流しツイッターでも発信したということで批判が噴出、謝罪と撤回を行った。今回は対照的に、居直りとも取れる声明を出している。「これでわかった!」のときは米国大使館からの抗議があったことが影響したのかもしれないと思っていた。NHKに伝えたいが、公共放送として、ヘイトを助長し人を危険と恐怖にさらすようなツイートは即刻削除していただきたい。

また、被爆者の新井俊一郎さんには、ご自分の名前でこのようなヘイトツイートが発信されてしまっていることを容認しないでいただきたい。発言主とされている新井さんが削除を要請すればNHKは拒否はできないはずです。

2020年8月23日 

乗松聡子     ピース・フィロソフィー・センター代表(カナダ・バンクーバー)

【以下、賛同し連名してくださった方々】
★賛同される方は下の例にならってお名前などの情報を peacephilosophycentre@gmail.com にメールを送ってください。「NHK広島の件」などと、わかるようなタイトルをつけてください。コメントも歓迎です。コメントをいただけた場合、この投稿のコメント欄に掲載の許可もいただいたとみなしますのでよろしくお願いします。★同時にNHK広島放送局にも抗議をしてください⇒https://www.nhk.or.jp/hiroshima/contact/

仲渡尚史 保育所所長 広島市
兼近修身 翻訳業 滋賀県高島市
姜英哲 会社員 東京都
加藤夕貴 専門職 カナダ
安西玲子 ピアノ教室講師 岐阜県
レイチェル・クラーク 通訳 米国ニューヨーク州
鄭剛憲 団体職員 神奈川県
黄 圭 IM Holdings Ltd代表 会社役員 カナダ・バンクーバー
成澤宗男 ジャーナリスト 神奈川県
羽田ゆみ子 出版社 東京都

浜田守彦(ひこぱぱ) 無職 兵庫県
紺田亮 飲食店
久保田竜子 大学教員 カナダ・バンクーバー
藤岡惇 教員 京都市
田中利幸 歴史家
山本英夫 沖縄県名護市
東本高志 Blog「みずき」主宰 大分市
ノーマ・フィールド シカゴ
長谷川澄 退職大学教員 カナダ・モントリオール
鬼原 悟 広島県福山市

木村朗 鹿児島大学名誉教授 鹿児島県鹿児島市
吉澤文寿 大学教員 新潟市
長坂りえ 無職 東京都
前田 朗 東京造形大学教授 東京都
文英愛 専門学校講師 広島県
申嘉美  事務員   東京都
佐相洋子 大学研究所研究員 東京都
金井良樹 編集者 広島県
小島亜佳莉 編集者 広島県
吉池俊子 アジア・フォーラム横浜 神奈川県

渡辺孝 バンクーバー9条の会 
勝守真 元大学教員 仙台市
富田杏理 自営業 沖縄県
大槻とも恵 カナダ・モントリオール
李美恵 岡山県倉敷市
平岡敬 元広島市長
新海智広 高等学校教員 長崎県
中野昌宏 大学教員 神奈川県
田中裕介 著述家 カナダ・トロント
船井汎彦 無職  千葉県 

中川健太 大学院生 カナダ
和美マースィエンセン アーティスト カナダ
厚木ロバーツ世以子 大学講師 カナダBC州
藤村寛 広島市
安藤かがり 翻訳業 カナダ、バンクーバーアイランド
落合栄一郎 カナダ・バンクーバー
斉藤正美 富山県高岡市
加藤圭木 一橋大学大学院社会学研究科准教授
高橋哲哉 哲学者
鈴木博子 保育士 カナダ・モントリオール

宮本ゆき 大学教員 シカゴ
辻 央 沖縄県 団体職員
小東ゆかり 自営 兵庫県
北崎由美子 無職 長崎県
奥本京子 教員 大阪市
高橋博子 大学教員(歴史学)元NHK中国地方放送番組審議会委員
園田尚弘 長崎市
ピーター・カズニック アメリカン大学教授(歴史学) 米国メリーランド州
野平晋作 ピースボート共同代表
三宅信雄 広島の被爆者 埼玉県志木市在住

崎山昇 無職 長崎県
原 京子 主婦  カナダ
秦 珠子 団体職員 茨城県
幸野真 会社員 東京都
リ ムナム 無職 神奈川県横浜
米津篤八 翻訳家/大学非常勤講師/大学院生 東京都
インドールかおる 日本
ランメル幸 広島被爆者 カナダ・ノースバンクーバー
チャールズ・ランメル 温泉評論家 カナダ・ノースバンクーバー
河野誠 C.R.A.C. Okayama 広島県福山市

趙貞淑 会社員 東京都
染木 冨美代 岡まさはる平和資料館受付スタッフ 長崎市在住
平野伸人 平和活動支援センター所長 長崎市在住
朴修鏡 狭川平和の家運営委員会
高橋郁臣 大学院生 東京都
丸尾育朗 被爆二世 長崎県諫早市
福田美智子 岡まさはる記念長崎平和資料館 山口市/フィリピン・マニラ首都圏
日本被団協 事務局次長 和田征子
東 耕三 兵庫県
スティーブ・リーパー 元広島平和文化財団理事長

与那覇恵子 名桜大学非常勤講師 沖縄
松﨑涼子 社会福祉士 神奈川県川崎市
井上まり 弁護士 米国 ニューヨーク市
奥山 忍 高校教員 長崎県
有田光希 会社員・YouthForumFukuoka所属 福岡県
大賀和男 ジャーナリスト(元新聞記者)福岡市
サーロー節子 広島被爆者 カナダ
山口智美 モンタナ州立大学准教授
木村静子 無職 埼玉県
有田芳生 参議院議員 東京

横山知枝 辺野古抗議船船長 沖縄県
堂前圭佑 弁護士 広島県
モーガン ジャイルズ 翻訳者 英国•ロンドン
石田謙二 会社員 長崎市
木村英人 長崎県西彼杵郡
上田真弓 演劇人 大学非常勤講師 沖縄県
大阪府 谷川佳子  
高原孝生 明治学院大学 神奈川県
朴金優綺 団体職員 大学非常勤講師 東京都
林田光弘 神奈川県

花垣ルミ 広島被爆者
田中むつみ 沖縄県
田部井杏佳 職員 東京都
松浦弘幸 出版社 東京都 
葉山慧 学生 東京都
宜寿次順子 沖縄県 パート
水出真砂絵 行政書士 鹿児島県
瀬口典子 大学教員 福岡 ミズーラ/モンタナ USA
押田江里子 府中市
岩谷和美 「東アジア共同体沖縄(琉球)共同体研究会」「大阪いしずえ会」会員

石原昌家 沖縄国際大学名誉教授 
藤澤宜史 会社員/労働組合執行委員 神奈川県
戸田清 大学教員 長崎市
久保俊一  建設業
双葉恵 Kei Futaba(反核平和運動の末端にいる者)
高嶋 道 元教師
奥村 弘 福祉職員 広島市
田中一彦 会社員 横浜市
石川求 東京都立大学教授
高嶋伸欣 琉球大学名誉教授 元・教育テレビ通信高校講座講師

岡原美知子 広島県
北村めぐみ 手話通訳 広島市
内野端樹 アナーコパンクス 福岡県
寺尾光身(てらおてるみ) 名古屋工業大学名誉教授 埼玉県
吉田明彦 大学非常勤講師 兵庫県神戸市
永津悦子 高麗博物館会員 神奈川県
砂田和美 テレビ番組アシスタント・プロデューサー 千葉県
かがや浩子 無職 東京都
堀江節子 富山市
高雄きくえ ひろしま女性学研究所 広島市

豊永恵三郎 広島被爆者 広島市
安くんじゅ 比治山大学非常勤講師
高橋えいき アルバイト 神奈川
秋葉忠利 前広島市長
田代雅美 長崎市
小寺隆幸 原爆の図丸木美術館副理事長 明治学院大学国際平和研究所研究員 東京都
前田佐和子 宇宙科学研究者
戸田光子 無職 東京
永津悦子 高麗博物館会員 神奈川県
ヴェール ウルリケ 広島市立大学教員

武田興欣 青山学院大学 東京都
文英淑 信用組合職員 山口県
李由美 自営業 山口県
文相淑 飲食業 山口県
文赫 会社員 山口県
浅野健一 元同志社大学大学院教授 元共同通信記者 日本国千葉県柏市

25 comments:

  1. 賛同してくれた広島市の仲渡尚史さんのコメントです(NHK広島局にも送られたとのこと)

    広島市民です。NHK広島の日本の侵略、加害、差別に無自覚なままの「一部の事実らしきもの」を切り取ったtweet、当時の差別的、排他的な価値観をまき散らす「装ったイノセントさ」と「開き直り弁明」には深い絶望と嫌悪を覚えました。
    日本人や広島市民が、天皇、軍部や軍事産業一体の側にいた歴史を改竄し、被害者面することが、未来の平和に繋がるとでも考えているのですか?
    それをいまの高校生にtweetで参画させる醜悪さは、まさに戦前の再現、翼賛体制です。強く抗議します。
    仲渡尚史

    ReplyDelete
  2. 黄 圭4:15 pm

    敗戦直後むろんこういう事があったのでしょうが、数十年にわたり祖国の主権を奪われ抑圧の中、生きるために差別環境の日本に渡って来て最下層で生きてきた人たちの事を、それでも暴力的であったと告発したいのでしょうか?

    一般の人の中に植民地支配のことを理解している人たちがどれだけいるとお考えなのでしょうか?

    今の半島にある両政権と日本との関係を鑑みるとき、これは社会性ありとお考えなのでしょうか?

    ある「事象」だけに焦点をあてクローズアップして拡散する事は、誤解と偏見を助長するのみで、公共放送のあるべき理念に適っているとは全く思えません。

    ReplyDelete
  3. yoko utsumi4:46 pm

    賛同します。日本の加害の歴史が語られず、いまだにヘイトスピーチがある現状を恐ろしく思いますが、そのような中での今回の公共放送アカウントでのツイート内容は非常に残念です。
    朴壽南監督の『もうひとつのヒロシマ−アリランのうた』をみたばかりで、日本の植民地支配による搾取で生まれ育った地にいられなくなったり、強制連行で日本に連れてこられた朝鮮の方たちが広島で7万人、もっと?被爆し、今も苦しんでいる人がいる。そのような何重もの被害こそ大きく伝えられるべきです。

    ReplyDelete
  4. 成澤宗男6:28 pm

    まだ削除されていないなんて、唖然。もっと大きな運動にして自己批判させるべき。仮に日本人がこうした感情を当時抱いたとしても、それは植民地主義の無反省からくる劣情であって、ヘイトが溢れている現在こんなものを出すのは、新たなヘイトの加担以外何ものでもないことぐらいわからないのでしょうか。決し
    て許してはいけないと思います。

    ReplyDelete
  5. 久保田竜子8:15 pm

    これは公共放送として言語道断であり、謝罪と撤回すべきです。朝鮮人を戦勝国人と呼んでますが、これは加害者としての帝国日本による植民地支配を覆い隠し、被害意識のみを助長する不当な表現です。

    ReplyDelete
  6. 賛同します。高橋博子 元NHK中国地方放送番組審議会委員(2012年5月〜2015年9月)、大学教員、奈良

    そもそもツイッター社の投稿規定に反しています。
    https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/hateful-conduct-policy

    ReplyDelete
  7. yoko utsumi9:19 pm

    賛同します。日本の加害の歴史が語られるどころか、まだヘイトスピーチがある現状を恐ろしく思っています。このような状況を認識されているなら、公共放送アカウントで、当時の日本側の加害の説明もなくツイートされた内容がどのような影響を与えるのか、多くの方の人命、安全な生活に関わる大きな問題と分かるはずです。
    朴壽南監督の「もうひとつのヒロシマーアリランのうた」を見たばかりです。当時日本の植民地支配による搾取によって生活を奪われたり、強制動員で連れてこられて広島にいた朝鮮の方たちが、広島で7万人、もっと?被爆し、補償もされず苦しみ亡くなられた方、今も苦しむ方がいます。このような日本の加害による何重もの被害こそ大きく伝えられるべきです。

    ReplyDelete
  8. 中野昌宏11:51 am

    当時そのままを再現するという意図は一見正論のように聞こえますが、それはよほど多角的になされて初めて成立することであって、今回のツイートは正しい効果を生んでいるとは言いがたいです。結果として「朝鮮人ひどい」という類のリプライがついてしまっています。これについてはしかるべき方が責任をもって、何らかの対処をなさるべきと思います。

    ReplyDelete
  9. 記憶を風化させないため、悲惨な出来事を現代の人が少しでもリアリティをもって追体験できるよう今回の企画を実施されたNHK広島局の意図は理解できます。しかし、朝鮮半島にルーツのある人たちへのヘイトとも言える内容のツイートを未だに削除しないということは、NHK広島局の人権意識と歴史認識を疑います。配慮がなかったことだけを詫び、こうしたツイートを削除しないことは、今この日本でともに暮らしている在日コリアンの方々に対して無関心であることと、他のアジアの国々への侵略戦争と植民地支配の果てに広島、長崎へ原爆投下があったことへの反省もないことを示しています。こうした内容のツイートはすぐに削除すること求めます。

    ReplyDelete
  10. インドールかおる2:58 pm

    NHK広島のシュンくんツイッターに異様な緊張をおぼえた。

    https://twitter.com/nhk_1945shun/status/1272695340660076547
    https://twitter.com/nhk_1945shun/status/1272734320982216704
    https://twitter.com/nhk_1945shun/status/1272770868050038784
    https://twitter.com/nhk_1945shun/status/1296216569832513544
    https://twitter.com/nhk_1945shun/status/1296225307079344129
    https://twitter.com/nhk_1945shun/status/1296225903740096512
    1910年の朝鮮植民地化、日中戦争での中国人2000万人殺人、朝鮮人中国人強制連行強制労働100万人という背景にホッカムリをした上で、「普通の日本人の頑張りがー」、「朝鮮人がー」、「戦勝国がー」、云々のツイート。

    視野が限られた中学生の被害者意識は賛同しないが理解はできる。

    しかし、ツイート主は公共放送NHKであるので、植民地・侵略戦争・強制連行・差別生産の構造にホッカムリをしていることが異様に目立つ。

    嫌中嫌韓 DPRK悪魔化 植民地支配当然 がまかり通っているのが2020年の現実。

    つまり差別というものでしょ。

    ReplyDelete
  11. 福田美智子11:44 pm

    このプロジェクトの意図は「当時の人々のリアルを表現する」ことにあるのかもしれない。しかし、未だに在日コリアンの人々への偏見と差別がある状況で、なぜ朝鮮半島の人々が日本に来ざるを得なかったかという歴史的背景・日本の加害性を説明せずに、こうした言葉を世の中に放つことは、在日コリアンの方々、コリアンの被爆者の方々にさらなる暴力をふるうことにほかならない。


    私の最も親しかった被爆者の方はコリアンの方だった。彼が少年の頃に家族と別れてたった一人で日本に渡らざるを得ず、日本で差別とつらい労働を経験した上、原爆で同胞をなくし、自身も被爆したことを思うと、こうしたヘイトスピーチが公然となされることに怒りと悲しみをおぼえる。

    ReplyDelete
  12. 国際的に被爆者証言活動などで活躍されている 日本被団協 事務局次長の和田征子さんからのメッセージです。

    日本被団協の和田征子です。
    2017年、バチカンの軍縮会議に出席した時、「和田さんだったらわかっていただけると、
    思いますので申し上げます」と穏やかな口調で韓国の大使は、「日本人の被害ばかりでなく
    韓国人の被害のことも語ってください」と、言われました。
    原爆被害者の中には、韓国、中国の方々もあり、かろうじて生き延びた方々は、更に
    人種的な差別に苦しまれたと、私はスピーチの中ではいつも述べます。

    国が戦争の責任をとらないまま75年が過ぎ、日本人の心の中には、戦後生まれが多くなっているにも
    拘わらず、敗戦によるアメリカ占領下での従属する思いが今もあり、そしてアジアの人達については、自分たちが
    支配していた時代のmind が、どこかにあるのではないでしょうか。

    公共放送の責任として、偏り見ることのない内容の番組が放送されるべきです。
    SNSに関心を持ち、原爆のことを初めて見た若者たちには、この番組を通して
    制作者が意図したものとは、異なるものが刷り込まれてしまうことを危惧します。

    ReplyDelete
  13. 勝守真11:27 am

    このヘイトツイートへの読者たちの応答メッセージを見て、ますます寒気がしました。このツイートが差別を助長・扇動するおそれがあるどころか、まさに現にそのように機能していることは一目瞭然です。この期におよんでNHKがこれを削除しないというのは、開き直り以外の何ものでもありません。

    ReplyDelete
  14. 朴金優綺8:45 pm

    在日朝鮮人への差別と暴力を扇動する効果を持つヘイトツイートをNHKが削除せず放置している現実に、そしてそれを日本政府が傍観している現実に、在日朝鮮人の一人として、何度目とも知れない失望感を抱いています。国連の人種差別撤廃委員会は2018年、日本政府に対して「政治家およびメディア関係者を含む、私人あるいは公人によるヘイトクライム、人種主義的ヘイトスピーチおよび憎悪の扇動を調査し、適切な制裁を科すこと
    」を勧告しています。NHK広島による当該ツイートの削除はもちろんのこと、日本政府による同勧告の履行と再発防止措置を強く求めます。

    ReplyDelete
  15. 松浦弘幸3:06 am

    NHKは「ヘイトスピーチ」の危険性を全く理解していないと思わざるを得ません。
    公共放送として許し難い暴挙であり、事後の対応も含めて犯罪的ですらあると考えます。

    ReplyDelete
  16. 井上まり11:11 am

    コロナ禍のアメリカでは大統領が中国を蔑視する発言を連発し、その結果、アメリカに在住する日系人を含むアジア系の人たちに対する差別のみならず、更には暴力などのヘイト犯罪も増えました。現在問題になっているひろしまタイムラインのシュンのツイートは、日本に住む外国人に対する差別助長だけではなく、ヘイト犯罪にも発展しかねません。在日外国人の身の安全を守るためにも、問題のひろしまタイムラインのシュンのツイートを削除することを強く求めます。

    ReplyDelete
  17. 賛同してくれた藤澤宜史さんがNHK広島放送局に送った抗議です。

    1.被曝地ヒロシマの代表的な放送局が、こうしたコリアン差別を助長するツイート
    をそのまま掲載したことは看過できません。NHK広島の中には発表前にチェック機
    能がなかったと言わざるを得ません。
    2.「1945ひろしまタイムライン」は若者向けと承知しています。しかし問題の場面
    を放置したままだと、これを読んだ若い世代は少年シュンのツイートを「是」と受け
    止めかねません。
    3.NHK広島はいったん「1945ひろしまタイムライン」自体を閉鎖し、今回引き起
    こした問題について編集方針や発表方法を被爆者や平和運動家、市民、地元報道機関
    などの意見を取り入れつつ検証すべきです。
    4.平和関連でそれぞれ独自に取り組んでいる在広島の新聞社、民放各社などの報道
    機関は、NHK広島の今回の一連の対応ぶりについて同業者の立場から批判の声を上
    げて下さい。

    ReplyDelete
  18. 水出真砂絵12:16 pm

    原文にないヘイト表現を、参照元を脚注などで明示することなく挿入しているのは、「再現」ではないです。NHK広島の釈明文が言い訳しかしていないせいで、余計に誤解を招いています。問題部分の削除と、問題点についての説明と謝罪の掲載を求めます。

    ReplyDelete
  19. 双葉恵12:47 am

    【被爆ナショナリズム】
    歴代日本政府は「唯一の被爆国」という言葉を使い続けてきました。世界中には核実験による被爆者がいるにもかかわらず、それを無視する言葉です。同時に、広島・長崎で被爆した「日本人以外の人」を無視する言葉でもあります。その多くは朝鮮人です。労働者として連れてこられた、あるいは仕事を失ったために食い扶持を失った人が渡ってきたから、多数の朝鮮人が被爆したのです。
    歴代日本政府は徹底して戦争の加害責任から逃げてきました。そのもとで、不充分とはいえ伝承されてきた被害体験にくらべて、植民地支配や侵略といった加害の歴史はどんどん風化させられてきたのではないでしょうか。そういった背景が今回の問題に繋がっていると思います。
    広島の被爆について描いた「はだしのゲン」では、当初から主人公の身近に朝鮮人がいて、差別の様子も描かれています。終戦後に朝鮮人の横暴な姿も描かれますが、それは「日本人による苛烈な朝鮮人差別」の中で起きた部分的な反発として受容されています。しかし、そういう表現でさえ、一部を切り取って「こんな横暴な朝鮮人がいたのだ」と差別のネタに使う不届き者たちが現れるのです。ましてストーリーのない、個別の短文で当時の状況を伝えるには、より慎重な表現が必要であることは言を俟たないでしょう。
    NHK広島の弁明を読むと、問題とされているツイートから派生して吹き荒れているヘイトスピーチに対して全く危機感を持っていないことがわかります。削除せずに放置すればするほど被害は広がります。この日本社会において朝鮮・韓国人差別に目を向けないことは、植民地支配から繋がる歴史を無視する「歴史修正主義」の立場でもあります。核兵器廃絶を目指す私たちは、特に日本に関わりのある者は、被爆の実相を継承すると同時に、それがナショナリズムに陥らないよう努力を続ける必要があると思います。

    ReplyDelete
  20. 石川求8:26 pm

    NHKの暴挙は浅慮というより、多数派集団の狂気に悪酔いしているとすら感じます。

    ReplyDelete
  21. 考えられない放送です。何も解説もなく、これがポーンと出ることに危惧を感じます。「当時のままだからいいのだ」は、詭弁です。新たな差別を拡散してしまいます。なぜ朝鮮人は氏名を改名しなければならなかったのか? なぜ彼らは、大声で「戦勝国人」と言わねばならなかったのか、きっちりした7説明が必要でしょう。日本人の恥を拡散したいようですね。NHKは。
    即この企画をやめてください。

    ReplyDelete
    Replies
    1. コメント確認を数日怠っていたので掲載が遅れてすみませんでした。コメントをありがとうございます。NHK広島局にもぜひ直接抗議をお願いいたします。

      Delete
  22. 高嶋伸欣9:49 pm

    NHK広島局は、被爆地として被害者目線の番組つくりに傾斜し続けた結果とし
    て、戦時中の日本人社会同然の差別構造に無神経な感覚にまで陥っていることを
    巧まずして自ら証明したように思えます。

     今後は、広島局(に限りませんが)制作の番組は、これまで以上に眉に唾を
    つけて視聴しなければ、と意識しています。

     現在の広島局内には、在日韓国・朝鮮人の皆さんからも得ている聴視料でNHKが成り立ち、自分たちの給与が賄われていることを自覚できている人がいないのでしょうか。

     NHKは安倍政権下でおかしな人物を会長職に迎えて以来、報道部門でジャーナリズムの道から外れる動きを際立たせていますが、ローカル番組にまでそれが及びつつあるという証のようにも見えます。

     新聞の場合、『読売』や『産経』でも、全国版の紙面が社論カラーに染められていても地方版紙面は自由闊達で、各支局の活気を反映しているケースが少なくありません。

     広島局は地方局の中でも「ヒロシマ」のイメージで注目度が高く、NHK内でも赴任希望が多い局として、これまではそれなりの番組を制作をしてきたのが、今回の件でそうした評価・イメージをぶち壊し、「企画探しに行き詰って何をやるか、油断できない局」という印象を一気に広めてしまったように見えます。

     「一度失った信用は簡単には取り返せない」ことを、この際脳裏に留めて出直しの道を、局員総出で歩むしかないように思われます。

    ReplyDelete
  23. 山本英夫10:26 am

    差別煽動になることは言うまでもありませんが、NHKの担当者・上司の差別への無配慮が丸出しだという意味で、もっと悪辣。
    戦争の加害と被害の原因と結果の取り違いが、「戦勝国」という言葉に出ています。敗戦後の混乱期の問題の一断面を取り上げるやりかたもグロテスク。植民地支配していた大日本帝国が朝鮮人に怨みを買ったのは当然です。様々な軋轢があったのでしょう。NHKはこうした軋轢の歴史を紐解かなければならないはず。

    ReplyDelete
  24. 戸田光子10:05 pm

    韓国との関係が悪くなっている現在の状況でこのようなツィートは嫌韓をあおるものでしかありません。
    NHKひろしまには細心の注意をする必要がありました。黙っていてはいけないと思います。(高麗博物館の会員です)

    ReplyDelete