To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Monday, January 03, 2022

核戦争の防止と軍拡競争の回避に関する核兵器国5カ国首脳の共同声明 Joint Statement of the Leaders of the Five Nuclear-Weapon States on Preventing Nuclear War and Avoiding Arms Races

 新年もよろしくお願いします。なかなかブログを更新できなくなってしまいましたが、できるときに重要な内容をアップしていきたいと思います。

新年、核保有5カ国が核戦争を回避するための共同声明を出しました。日本語の報道では朝日新聞「核保有5カ国、核戦争の回避「一番の責務」 共同声明を発表」、英語では Guardian 紙「Five of world’s most powerful nations pledge to avoid nuclear war」などが報道しているようですが、ホワイトハウスのHPに原文がありました。以下に原文をコピーし、Deepl による日本語訳にブログ運営者が多少手を入れた日本語訳も段落ごとに載せます。核不拡散条約の条文を引用している部分は外務省のHPにある日本語版にならいました。米国が、ロシアや中国との緊張を高めている中このような外交努力は注目されるべきではないかと思います。翻訳に問題があったら指摘ください。


White House Website 


Joint Statement of the Leaders of the Five Nuclear-Weapon States on Preventing Nuclear War and Avoiding Arms Races

核戦争の防止と軍拡競争の回避に関する核兵器国5カ国首脳の共同声明

JANUARY 03, 2022 

2022年1月3日

The People’s Republic of China, the French Republic, the Russian Federation, the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland, and the United States of America consider the avoidance of war between Nuclear-Weapon States and the reduction of strategic risks as our foremost responsibilities.

中華人民共和国、フランス共和国、ロシア連邦、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国、およびアメリカ合衆国は、核兵器国間の戦争を回避し、戦略的リスクを低減することが、我々の最も重要な責任であると考えている。

We affirm that a nuclear war cannot be won and must never be fought.  As nuclear use would have far-reaching consequences, we also affirm that nuclear weapons—for as long as they continue to exist—should serve defensive purposes, deter aggression, and prevent war.  We believe strongly that the further spread of such weapons must be prevented. 

私たちは、核戦争は勝つことができず、決して戦ってはならないことを確認する。 核兵器の使用は広範囲に影響を及ぼすため、私たちは、核兵器が存在し続ける限り、防衛目的、侵略の抑止、戦争の防止を目的としたものであることを確認する。 私たちは、このような核兵器のさらなる拡散を防止しなければならないと強く信じている。

We reaffirm the importance of addressing nuclear threats and emphasize the importance of preserving and complying with our bilateral and multilateral non-proliferation, disarmament, and arms control agreements and commitments.  We remain committed to our Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) obligations, including our Article VI obligation “to pursue negotiations in good faith on effective measures relating to cessation of the nuclear arms race at an early date and to nuclear disarmament, and on a treaty on general and complete disarmament under strict and effective international control.”

我々は、核の脅威に対処することの重要性を再確認し、二国間および多国間の核不拡散、軍縮、軍備管理に関する合意と公約を維持し遵守することの重要性を強調する。 我々は、核不拡散条約(NPT)第6条の義務である「核軍拡競争の早期の停止及び核軍備の縮小に関する効果的な措置につき、並びに厳格かつ効果的な国際管理の下における全面的かつ完全な軍備縮小に関する条約について、誠実に交渉を行うこと」を含む核不拡散条約の義務に引き続きコミットしている。

We each intend to maintain and further strengthen our national measures to prevent unauthorized or unintended use of nuclear weapons.  We reiterate the validity of our previous statements on de-targeting, reaffirming that none of our nuclear weapons are targeted at each other or at any other State. 

我々はそれぞれ、核兵器の無許可または意図しない使用を防止するための国家的措置を維持し、さらに強化することを意図する。 我々は、非標的化に関する我々のこれまでの声明の有効性を再確認し、我々のいかなる核兵器も相互に、あるいは他のいかなる国家にも向けられていないことを再確認する。

We underline our desire to work with all states to create a security environment more conducive to progress on disarmament with the ultimate goal of a world without nuclear weapons with undiminished security for all.  We intend to continue seeking bilateral and multilateral diplomatic approaches to avoid military confrontations, strengthen stability and predictability, increase mutual understanding and confidence, and prevent an arms race that would benefit none and endanger all.  We are resolved to pursue constructive dialogue with mutual respect and acknowledgment of each other’s security interests and concerns.

我々は、万人のための安全保障が損なわれない「核兵器のない世界」という究極の目標に向けて、軍縮の進展により資する安全保障環境を構築するために、すべての国と協力していくことを強調する。 我々は、軍事的対立を回避し、安定性と予測可能性を強化し、相互理解と信頼を高め、誰も得をせずかつすべての人を危険にさらす軍拡競争を防ぐために、二国間および多国間の外交的アプローチを引き続き模索するつもりである。 我々は、相互に尊重し、互いの安全保障上の利益と懸念を認識した上で、建設的な対話を追求することを決意する。