To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Thursday, September 22, 2016

Remains of the Battle of Okinawa civilian internees are still buried at Camp Schwab - Okinawans call for investigation キャンプシュワブ内の遺骨調査を求めて 具志堅隆松さんらの訴え

Camp Schwab, Okinawa, August 10, 1960
1960年当時のキャンプ・シュワブ
Gushiken Takamatsu called for the United States to cooperate in finding remains of those who died at the O-urazaki Civilian Detention Camp in the months during and immediately after the Battle of Okinawa (June - October 1945). Its location is within the US Marine base Camp Schwab in Okinawa,  built in 1957. At the memorial ceremony for the victims of internment, who were civilians mostly from Motobu Peninsula and Ie jima, held on June 23 this year, Natalie Allison, Gushiken's translator, read out Gushiken's message to "all the American soldiers based at Camp Schwab": 

6月23日、沖縄・辺野古の今では海兵隊基地「キャンプ・シュワブ」になっている場所には沖縄戦時、沖縄住民が収容された「大浦崎収容地区」があった。この収容地区には1945年6-10月、本部(もとぶ)半島や伊江島(いえじま)の住民らが収容され、マラリヤや栄養失調などで多くの人が死亡している。1957年にできたキャンプ・シュワブ内にはまだ多くの遺骨が残っていると予想する、遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松(ぐしけん・たかまつ)代表は、直接米軍に訴え遺骨調査を求めている。6月23日には大浦崎収容地区で亡くなった人々の「慰霊祭」がキャンプ・シュワブゲート前で開かれ、そこで具志堅氏は米国大使館へこう訴えた(英語版をナタリー・アリソン氏が代読)。
A message to all the American soldiers based at Camp Schwab,  
Did you know that during the Battle of Okinawa, American soldiers built the Oourazaki Civilian Detention Camp here where many Okinawan people lost their lives. The main cause of death was starvation and malaria.
The burial sites have not been investigated since the end of the war.
The difference between the burial sites at Oourazaki Civilian Detention Camp and other civilian detention camps is that in 1956, soon after the end of the war, the area has been out of bounds in order to build Camp Schwab.  
As a result, it is highly likely that their remains are still left there.
On a humanitarian basis, we urgently plea to survey the burial sites located inside Camp Schwab.  
Gushiken Takamatsu
Founder of GAMAFUYA (NPO)
Volunteer Group for the Recovery of Human Remains from the Battle of Okinawa  

元の日本語版は、
キャンプシュワブのアメリカ兵のみなさんへ 
皆さんはご存じでしょうか。沖縄戦の時このキャンプシュワブはアメリカ軍が設営した大浦崎収容所という住民収容所であったことを。ここでは多くの住民が亡くなりました。 原因は飢餓とマラリアです。この基地内にある弾薬庫とビーチの間にある緑地(森)は数多くの死んだ住民を埋めた埋葬地です。その埋葬地は戦後一度も調査されたことはありません。大浦崎収容所の埋葬地が他の収容所の埋葬地と異なるのはキャンプシュワブ基地建設のため1956年という戦後の早い時期に立ち入り禁止にいなったことです。そのため埋葬地には多くの遺骨が残っている可能性が高いのです。
私たちは人道上の立場からキャンプシュワブ基地内の埋葬地の調査を希望します。 
沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」
代表 具志堅隆松

 After learning that the Japanese Government and Okinawa Prefecture went into Camp Schwab for investigation on the following day, June 24, Gushiken sent an email to the U.S. Embassy and U.S. military headquarters in Japan on September 5. See Ryukyu Shimpo's report in English. See below for the full text of the email. 

この「慰霊祭」の翌日、6月24日に実は県(平和援護・男女参画課)と国が遺骨収集に関連する立ち入り調査をしていたことが7月29日までにわかった(琉球新報の7月30日報道)。報道によると調査は「県の厚労省への申請に基づいたもの」で、調査には「厚労省と防衛相、県、遺骨収集情報センターの職員らと共に証言者の女性も同行した」とのことだ。しかし「女性の証言場所にはすでに建造物があり、確認が難しい状態だった」という。これについて具志堅さんは、女性の証言は埋葬地の一部にすぎず、その一部をもって全体を否定できないと、9月5日にあらためて米国大使館と在日米軍司令部に直接要請文をメールで送った(琉球新報9月6日報道)。県も国も通さず直接米国と交渉するという姿勢だ。

英語版、次に日本語版をここに掲載する:


A request to the Ambassador of the United Sates of America to Japan  

I was told about the discussion between Captain Michael M Bosack, Aaron Snipe and Natalie Allison on the 16th August 2016. According to Ms. Allison, a survey took place inside Camp Schwab on the 24th June 2016 by the Japanese Government accompanied with a witness and other Okinawan respresentatives. It seems to have been decided that there are no human remains left because the ground had already been leveled and a building stood on top of the indicated location.  

We know Oohama Toshiko [the witness] personally as we, Gamafuya NPO, introduced Oohama-san to the Nago Education Committee. We are also the first people to listen to Oohama-san's story. We also know that Oohama-san can only provide evidence for one part of the burial site. We are currently arranging other witnesses including Yamakawa-san (Okinawa Times, 21st June 2016, Aragaki Ayako) and Matsuda-san who can provide further evidence to the location of the burial site.  

First of all, the US Military are responsible for the remains of Okinawan War victims located in Camp Schwab. In order o build military bases during the Battle of Okinawa, the US Military forcibly removed residents of Matobu Town, Nakijin Village and Ie Island to what is now the location of Camp Schwab. Oourazaki Civilian Detention Centre was a compulsory detention centre that robbed Okinawan people's freedom of movement. Furthermore, many people held at the detention centre were not provided food and are victims of starvation and the outbreak of malaria. The US Military broke International Law by causing mass death by abuse at a compulsory Civilian Detention Centre. We, Gamafuya NPO, can confirm at the very least, the deaths of more than 304 peoplel at Camp Oourazaki.  

Matsuda-san, a survivor of the same Civilian Detention Centre recalled "400 souls", a song sung inside the Detention Centre. This clearly indicates the death of 400 people. Oourazaki Detention Centre is one of many compulsory civilian detention centres. In Ginoza Village, 427 at Kochiya (古知屋) and 603 at Fukuyama (福山) Civilian Detention Centres refers to the known number of fatalities alone. At least 1017 of the 4000 people held at Oogawa (大川) Detention Centre in Kushi Village are the confirmed number of people who died. The difference between the burial sites at Oourazaki Civilian Detention Centre and other civilian detention centres is that in 1956, soon after the end of the war, the area has been out of bounds in order to build Camp Schwab.  

I want to point out that the issue of collecting the remains of the war dead located inside Camp Schwab is an issue between the US Military and Okinawa. It is not a country-wide issue. The victims are Okinawan people and the cause is the US military. The damage caused has not yet been resolved. Therefore, the US Government has a responsibility to respond to the request of the Okinawan people. I question the necessity to involve the Japanese Government. The plan to build a military base on top of the burial site of Okinawan people whilst hiding behind the Japanese Government is an unforgivable violation of a humanitarian concern. Outside of Japan, this is unjust and unthinkable.  

The US should facce Okinawan people, not the Japanese Government. We have the ability and qualifications to talk directly with the US Government. We request the following:  

     * A conference between the US Government and an Okinawan delegagtion concerning the investigation and excavation of human remains located inside Camp Schwab.  

Gushiken Takamatsu Founder of GAMAFUYA NPO Volunteer Group for the Recovery of Human Remains frmo the Battle of Okinawa 

駐日アメリカ大使への要請 

内容の性格上儀礼的な挨拶は省略することを了承ねがいます。先にナタリー女史を通じて届けた「キャンプシュワブのアメリカ兵の皆さんへ」のメールはご覧になって頂けたでしょうか。小文ですが大事なことを書いてあります。8月16日にナタリー女史から大使館やUSFJとのやりとりがあったことを聞きました。それによると日本政府が6月24日に証言者や沖縄県を伴ってキャンプシュワブ基地内で現地確認を行い、地形に手が加えられていることを理由に犠牲者遺骨の存在には否定的とのことですが、証言者のOさんは私も知っています。なぜなら彼女に最初に聞き取りをしたのも名護市教育委員会に彼女を紹介したのも私達です。彼女の証言は埋葬地の一部にすぎません。その一部をもって全体を否定することはフェアーではありません。私達は新たな証言者を準備しています。そもそもキャンプシュワブに沖縄人の遺骨があるのはアメリカ軍に責任があります。沖縄戦当時アメリカ軍は本部・今帰仁・伊江島に基地を作るため住民を強制移動させました。その移動先が現在のキャンプシュワブだったのです。そこは「大浦崎収容所」と呼ばれ移動の自由も奪われた強制収容所でした。にもかかわらず食料はほとんど与えられず収容者は飢餓に陥りそこへマラリアが発生し多くの人が死んでしまったのです。これは国際法にも違反したアメリカ軍による住民強制収容所における集団虐待死です。私達が調べた範囲でも304人以上の死者が確認できます。同収容所生存者の松田さんの証言によれば当時、収容所内で歌われていた歌には「400の魂」という一節があり400人の死者があったことを示しています。この様な住民強制収容所は大浦崎収容所だけではありません。死者の数字が判明しているだけでも宜野座村の古知屋の収容所で427名、福山の収容所で603名、久志村の大川にいたっては4000人余り収容されていたうちの1017人が死んだと言われています。大浦崎収容書が他の収容所と異なる点は1956年という戦後の早い時期にキャンプシュワブ建設のため立ち入りができなくなったことです。そのため未収用の遺骨が多く残っている可能性が高いのです。 

要点を申します。キャンプシュワブ内の遺骨収集の問題はアメリカ軍と沖縄の問題です。日本の国内問題ではありません。被害者は沖縄人であり原因はアメリカ軍です。被害はまだ解消されていません。キャンプシュワブ内で遺骨収集をさせてくれという沖縄の要求に対してアメリカ政府は答える責任があります。どうして日本政府を間に入れる必要があるのですか。日本政府の後ろに隠れて沖縄の現地人の墓の上に軍事基地を作ろうというのは人道上許されることではありません。日本以外の地域では考えられないことです。正義ではありません。アメリカは日本政府でなく沖縄人と向き合うべきです。私達はアメリカ政府と話し合う資格も能力もあります。私達は次のことを要請します。 

◎ キャンプシュワブ基地内での遺骨の調査・発掘についてアメリカ政府と沖縄代表団で協議すること

沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」具志堅隆松 
Gushiken makes his point clear that the United States government is directly responsible for finding these remains, as the deaths at the detention camps during and after the Battle of Okinawa were caused by the United States Army. We will see how the U.S. government will respond.   @PeacePhilosophy 

強制収容所における死亡は、米軍がもたらした沖縄の住民の被害であることから、米国政府に対し、日本政府を介せず沖縄人と直接向き合えと要求するのは極めて全うである。 人道的対応を求める具志堅氏の訴えに米国政府はどう応えるのか。@PeacePhilosophy



1 comment:

  1. 小林はるよ12:12 am

    具志堅隆松さんの訴えには、日本政府にはなんの期待もないという、煮えたぎる怒りを感じて、やるせない気持ちになりました。

     たしか日本は沖縄で死んだ日本兵の遺骨も収集しないままで放置していて、沖縄の人々が今も「発掘」してくださっているようです。南アジアでもまだ日本兵の遺骨がたくさん、ジャングルに放置されたままだそうです。

     日本人は、英霊だとか慰霊だとか言う割に、「外地」の「遺骨」にはひどくひどく冷淡です。強きにつき、弱きをくじく日本人。

     国連総会で、100年に1度という大洪水に見舞われている北朝鮮にさらなる制裁をと、制裁を主導する意思を披瀝したという日本の首相。事実上の核保有国、核開発国で、今も経済大国の日本が、北朝鮮をさらに追い詰める先頭に立つと言って、得々としている。世界中から奇異の目で見られているに違いない。蔑まれているに違いない。

    ReplyDelete