To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Thursday, March 05, 2009

Nikkei Voice Article by Chiemi Shinohara

This is a Nikkei Voice article by Chiemi Shinohara in the December 2008/January 2009 Edition of Nikkei Voice. I have written an article in response to this article in the March Edition.



トロントの日本人学校で中学生レベルを教えていた時、生徒がクラスのなかで不意に発したり、書かせた作文に現われる同一のエピソードがあった。「現地 校(カナダの学校)で同級生から、過去にアジアでひどいことをした日本人は嫌いだから君とは口をきかない、と言われた」というものである。それを語る 時、子どもたちは困惑し、悲しいような、怒ったような複雑な表情をみせた。 その話題が授業やホームルームで持ち上がる度、同じような経験がある人はいるかと尋ねた。すると、半分ほどが手を挙げたが、その挙手の仕方がまるで自 分が悪いことをしたかのようで、手をあげずにいる生徒の中にも同じような経験をしている者がいるのだろうと思わずにはいられなかった。その度に、まだ幼 い表情の彼らが感じたであろう痛みを思い、胸が痛んだ。 カナダの学校に通う日本人の生徒(日本生まれ、カナダ生まれを問わず)の中に、こうした苦い経験をする子どもたちが少なからずいることに、私たち大人 は敏感である必要がある。 更にいうと、こうした経験に対し、どう反応したらよいのかを考えさせることは、彼らを守るべき立場にいる私たち大人の義務だと思う。「日本人はキラ イ」コメントを耳にしたとき、子どもたちに教えておきたい点を三点に絞って挙げてみたい。



●一般化の危険性 

「日本人はキライ」コメントが現わると、私たちはいつも授業を中断して、話し合いをした。まず、そう言われた時、どう感じたかを聞いてみた。そこから 話し合いが始まった。彼らは口々にこう応える。「いやな気持ち」「悲しい」「腹が立つ」 感情はパワフルだし、その感情は、今、こうして再びそのことを思い出すだけでもよみがえってくるようで、数人はそう言いながら本当に怒ったような、 つっかかるような表情をしていた。   次の「どうしてそんな気持ちになったんだと思う?」という質問には、手をあげた生徒のほとんどが「僕は何もしていないのに僕が悪いことをしたかのよう に言われたから」と答えを出す。 その点を深く考えて、私たちが導き出した結論は「過去、日本が他国にひどいことをしたからといって、全ての日本人が凶悪な人間であると仮定するのは間 違っている」で、これについては、ほぼ全員がすんなりと納得がいくようだった。 次の「では、私たちも同じような一般化をして、友達や、まわりの人たちを判断してはいないだろうか」との問いには、「アジア人は数学が得意」、「イン ド人は計算が得意」、「黒人は運動能力が優れている」、「ロシア人はよくお酒を飲む」といった答えが出されてくる。そして、ここで必ず数人が「ステレオ タイプ」という言葉を教えてくれる。 ある個人をグループの一員として一般化して考える際には、個人の感情を傷つける危険性がある。私たちの社会では、何よりも個人が優先されるべきであ る。だから、グループ分けをするときは、個人の感情を害していないかどうかを慎重に考慮すべきだという点を教える必要がある。 生徒が肌で感じた納得のいかない気持ちは、言われた本人の個の資質を無視し、グループの一員に一般化して個性が矮小化され、または無視されたことに起 因する。それを、一人ひとりが自分の気持ちを反省しながら気付き、たどたどしくはあるが自分のことばで表現する姿を見ていると、この苦い経験も人権につ いての大きな教訓になるだろう、と感じずにはいられなかった。


●「正しい歴史」の落とし穴 

ある時、他の教師たちに「日本人はキライ」コメントについて話してみた。ところ、彼らも同様のコメントを生徒から聞いたことがあると言う。その後の会 話を聞いていると、「だからこそ、生徒が過去に何が起こったのかを堂々と相手に伝えることができるように、日本人として日本の正しい歴史を教える必要が ある」という意見が大半のようだったが、私はこれには賛成しなかったし、今も賛成しかねる。 過去に何が起こったかをできるだけ正確に教えることは必要だ。しかし、それと同時に必要なのは、さまざまな立場の人たちが一つの「事実」をめぐってさ まざまな解釈をする可能性がある点を伝えることだと思う。そして、このことは、とりもなおさず歴史を教える立場の私たちが必ず念頭に置いておかねばなら ないことでもある。 子どもたちは、昨夜のお父さんとの喧嘩の顛末をお父さんから聞くのと、A君から聞くのとではまったく話が違ってくる、という簡単なエピソードで、その 点を納得していたものだ。 「カナダの太平洋戦争に関する歴史教育は偏っている」、「中国や韓国の歴史観は偏っている」という言葉を子どもたちに伝えれば、彼らに保身の術を与え るどころか、彼らを孤立させてしまう可能性すらある。 ジョージ・オーウェルの言葉「現在を支配する者が過去を支配し、過去を支配する者、が未来を支配する」を脳裏に刻み、それぞれの立場の人が主張する 「正しい歴史」の落とし穴を子どもたちに教えるようにしたいものだ。●歴史を自分の言葉で語る 時折、教室で不意に現われる「ブッシュは悪い」とか「日本の政治家は汚い」といったコメントと同様に、その中身を深く追求しようとすると口ごもって答 えられない程度の曖昧なものではあるが、多くの生徒は「過去に日本は悪いことをした」という感覚を漠然と持っている。その結果は、「後ろめた い」、「堂々とできない」といった言葉に表れるようなネガティブな態度として帰結する。 彼らが歴史を曖昧にしか知らないことは、「日本人はキライ」コメントに出会った彼らを苦しめる原因の一つとなっている。漠とした曖昧性は、私たちの理 性的判断を狂わせ、感情面においては不安を呼び起こす。 「悪いこと」とは何なのか、いつの時代に何が起こって、それはどういう結果を生んだのか。そうした点をしっかりした情報に裏付けられた知識とすること で、子どもたちは歴史のできごとを自分のものとし、それに対する自分の言葉を持てるようになる。 彼らが友達のコメントにどう反応するかは、子どもたちの判断に任せればいい。ただし、子どもたちが日本人であることを根拠もなく恥ずかしがったり、そ のコメントに対して怒りを表すのではなく、理性的に反応できるように日々の生活のなかで歴史を学ぶチャンスを与え、調べた結果や感想を話し合うプロセス を導いていくのは、私たち大人の役目である。 歴史は過去のことではあるが、同時に現在・未来を生きる私たちの頭上に長い影を落とす。それは、友達から「日本人はキライ」と言われた子どもたちに は、はっきりとした事実として感じられることだろう。「そんなとき、どうしたらいいの?」という胸をえぐるような悲しい問いに、私たちはどう答えるの か。海外に暮らす子どもたちにとっては、私たち大人はすべて歴史の教師であることを、しっかりと覚えておきたい。


*筆者の篠原ちえみ氏は、トロント在住のフリーランス・ライター、広島県出身。著書に「移民のまちで暮らす」、訳書にアーナ・パリス「歴史の影」(とも に社会評論社刊)がある。

No comments:

Post a Comment