To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Saturday, March 06, 2010

A petition for the Japanese Government to include Korean schools in the tuition-free subsidy program 朝鮮学校を高校無償化制度から外すことに関する緊急要請

Scroll down for a Japan Times story on this issue in English.

★これは転載です。この要請の呼びかけ団体、賛同送付先については下記をご覧ください。★

内閣総理大臣 鳩山由紀夫 様
文部科学大臣 川端 達夫 様

<NGOと市民の共同要請>
私たちは朝鮮学校を
「高校無償化」制度の対象とすることを求めます

 私たちは、多民族・多文化社会の中ですべての子どもたちに学ぶ権利の保障を求めて活動するNGOであり市民です。
 新政権のかかげる「高校無償化」制度においては、政権発足当初より各種学校である外国人学校についてもその範囲に含むことが念頭におかれ、昨秋、文部科学省が財務省に提出した概算要求でも朝鮮学校などの外国人学校を含めて試算されていました。

 ところが今年2月、法案の国会審議を目前にしたこの時期、新聞各紙では「中井拉致問題担当相が、4月から実施予定の高校無償化に関し、在日朝鮮人の子女が学ぶ朝鮮学校を対象から外すよう川端達夫文部科学相に要請、川端氏ら文科省の政務三役が検討に入った」(2月21日)、「鳩山首相は25日、高校無償化で、中井洽拉致問題担当相が朝鮮学校を対象から外すよう求めていることについて『ひとつの案だ。そういう方向性になりそうだと聞いている』と述べ、除外する方向で最終調整していることを明らかにした」(2月26日)と報道されています。  しかし、日本人拉致問題という外交問題解決の手段として、この問題とはまったく無関係である日本に生まれ育った在日三世・四世の子どもたちの学習権を「人質」にすることは、まったく不合理であり、日本政府による在日コリアンの子どもたちへの差別、いじめです。このようなことは、とうてい許されることではありません。

 朝鮮学校排除の理由として「教育内容を確認しがたい」との説明もなされていますが、これは、『産経新聞』2月23日付けの社説「朝鮮学校無償化排除へ知恵を絞れ」にも見られるように、朝鮮学校排除のために追加された名目にすぎません。
 朝鮮学校は地方自治体からの各種学校認可や助成金手続きの際、すでにカリキュラムを提出していることからも、「確認しがたい」との説明はまったく事実に反します。また、日本 のほぼすべての大学が朝鮮高級学
校卒業生の受験資格を認めており、実際に多くの生徒が国公立・私立大学に現役で進学している事実からも、朝鮮 高級学校が、学校教育法第1条が定める日本の高等学校(以下「1条校」という)と比べても遜色ない教育課程を有していることを証明しています。

 そもそも、1998年2月と2008年3月の日本弁護士連合会の勧告書が指摘しているとおり、民族的マイノリティがその居住国で自らの文化を継承し言語を同じマイノリティの人びととともに使用する権利は、日本が批准している自由権規約(第27条)や子どもの権利条約(第30条)において保障されています。また、人種差別撤廃条約などの国際条約はもとより、日本国憲法第26条1項(教育を受ける権利)および第14条1項(平等権)の各規定から、朝鮮学校に通う子どもたちに学習権(普通教育を受ける権利、マイノリティが自らの言語と文化を学ぶ権利)が保障されており、朝鮮学校に対して、日本の私立学校あるいは他の外国人学校と比べて差別的な取扱いを行なうことは、そこに学ぶ子どもたちの学習権・平等権の侵害であると言わざるを得ませ
ん。

 「高校無償化」制度の趣旨は、家庭の状況にかかわらず、すべての高校生が安心して勉学に打ち込める社会を築くこと、そのために家庭の教育費負担を軽減し、子どもの教育の機会均等を確保するところにあるはずです。

 朝鮮学校は、戦後直後に、日本の植民地支配下で民族の言葉を奪われた在日コリアンが子どもたちにその言葉を伝えるべく、極貧の生活の中から自力で立ち上げたものです。いま朝鮮学校に通う子どもたちには朝鮮籍のみならず、韓国籍、日本国籍の子どもたちも含まれており、日本の学校では保障できていない、民族の言葉と文化を学ぶ機会を提供しています。

 このような朝鮮学校に対して、1条校と区別するだけではなく、他の外国人学校とも区別して、「高校無償化」制度の対象から除外する取り扱いは、マイノリティとして民族の言葉・文化を学ぼうとする子どもたちから中等教育の場を奪うものであり、在日コリアンに対する民族差別に他なりません。

 去る2月24日、ジュネーブで行なわれた国連の人種差別撤廃委員会の日本政府報告書審査では、委員たちから「朝鮮学校は、税制上の扱い、資金供与、その他、不利な状況におかれている」「すべての民族の子どもに教育を保障すべきであり、高校無償化問題で朝鮮学校をはずすなど差別的措置がなされないことを望む」「朝鮮学校だけ対象からはずすことは人権侵害」などの指摘が相次ぎ、朝鮮学校排除が国際社会の基準からすれば人権侵害であることはすでに明らかになっています。

 外国籍の子も含めてすべての子どもたちに学習権を保障することは、民主党がめざす教育政策の基本であるはずです。私たちは、朝鮮学校に通う生徒を含めたすべての子どもたちの学習権を等しく保障するよう強く求めます。

2010年3月10日

<呼びかけ>外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク(代表:田中 宏)
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-52 在日韓国人問題研究所
電話03-3203-7575(佐藤)

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-3 斎藤ビル4階 みどり共同法律事務所
電話03-5925-2831(張)

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 神戸学生青年センター
電話078-851-2760(飛田)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共同要請への賛同のお願い

◇私たちはこの間、外国籍の子どもたちの学習権を保障するためのさまざまな取り組みを行なってきました。そして昨年9月誕生した新政権に対しても、朝鮮学校や韓国学校、中華学校、ブラジル学校、ペルー学校など200校以上になるすべての外国人学校の処遇改善を求めてきました。

◇新政権が「高校無償化」制度を提起し、その中に外国人学校を対象としたことは、画期的なことです。しかし、朝鮮学校だけこの制度から除外しようとすることは、憲法および国際人権諸条約に違反するものであり、朝鮮学校に通う子どもたちの心を踏みにじるものです。

◇この共同要請書に、多くのNGO・市民団体・労組・諸団体および個人に名前を連らねてもらい、3月11日、政府に提出すると共に、海外の人権団体などに送付します。

○要請書に賛同される団体・個人は、3月10日正午までに、団体名か個人名を、英語表記を併記して、下記のEメールアドレスまでお知らせください。

 school@econ-web.net (外国人学校ネット)

○また、賛同された団体は、各団体のウェブやMLで、この共同要請を広く発信していってください。

Japan Times (Kyodo) story on this issue

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100222a2.html

Tuition plan ban on Korea schools eyed

Nakai wants to link subsidies to abductions

Kyodo News (February 22, 2010)

Hiroshi Nakai, minister in charge of the abduction issue, has asked education minister Tatsuo Kawabata to bar schools that cater to the children of residents with ethnic ties to North Korea from the planned tuition-free subsidy program, government sources said.

As a result of Nakai's request, Kawabata and other lawmakers in charge of education have opened formal deliberations on "chosen gakko," or North Korean schools, the sources said.

When the new academic year begins in April, the government will scrap tuition for public high schools and provide a per-student subsidy of ¥120,000 a year to families whose children attend private high schools, including those institutions catering to foreign students.

According to the education ministry, there are 73 chosen gakko across Japan whose educational activities are authorized by prefectural governments.

Twelve of them are the equivalent of high schools and called "kokyu gakko." All 73 are operated in close collaboration with Chongryon, a pro-Pyongyang organization also known as the General Association of Korean Residents in Japan.

Nakai apparently wants the exemption put in place to demonstrate Japan's firm stance on the abduction issue to get Pyongyang to finally account for the fate of Japanese nationals who were spirited away by North Korean agents in the past, the sources said.

Japan has slapped the North with economic sanctions over the issue as well as for its nuclear weapons and missile development programs.

Disqualifying the high school-level institutions from the subsidy program would likely give Pyongyang ammunition to criticize Japan.

Because the exclusion would affect the education of the young students who are not directly connected to the abduction issue, it may also draw domestic criticism that the government is violating the spirit of the fundamental education law, which states that the government must provide equal opportunities in education.

At a meeting of bureaucrats and ruling coalition lawmakers in charge of the abduction issue Wednesday, Nakai said he was trying to drum up support in coalition circles for the exemption before making a formal request to Kawabata and the lawmakers who oversee the education ministry.

"If the government decided to designate chosen gakko as beneficiaries of the subsidy program in addition to others, it would be tantamount to providing effective economic aid to North Korea, although Japan has applied its own sanctions to that country (in addition to U.N. sanctions)," Nakai was quoted as saying by people who were familiar with what took place at the meeting.

The Cabinet of Prime Minister Yukio Hatoyama approved the proposed legislation on Jan. 29. Schools for foreign students are considered eligible for the subsidy if they are deemed "the equivalent of Japanese high schools," while public high schools are to be made tuition-free.

However, the government intends to draw up mandatory ministry directives by April that will determine whether chosen gakko are qualified for the subsidy.

In drawing up the directives, the government is considering making the subsidy dependent on whether "the government can confirm that the content of education at schools for the children of residents without Japanese nationality and school curricula at their home country are nearly consistent with the educational guidelines of Japan," the sources said.

This would in effect disqualify chosen gakko with close ties to Pyongyang because their curriculum cannot be compared with education in North Korea due to the absence of diplomatic relations between the two countries, they said.

No comments:

Post a Comment