To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Friday, February 04, 2011

April 12: Global Day of Action on Military Spending 4月12日:軍事予算を考える世界アクションデイ



With less than one fifth of global military spending, we can: 世界の軍事支出の5分の1以下の予算で国連の「ミレニウム開発目標」(MDGs)の予算を賄うことができます。(下記のグラフ参照:4月12日、世界の軍事予算を考えるアクション・デイのウェブサイトより)4月12日のアクションへの案内の日本語訳も下方をご覧ください。

  • Eradicate extreme hunger and poverty 極度の貧困と飢餓の撲滅
  • Achieve universal primary education & promote equality and empower women 普遍的な初等教育の達成、ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上
  • Reduce child mortality and improve maternal health 幼児死亡率の引き下げ
  • Combat HIV/AIDS, malaria and other diseases 妊産婦の健康状態の改善
  • Ensure environmental sustainability HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止
  • Develop global partnership for development 開発のためのグローバル・パートナーシップの構築

Fact Sheet: Military Spending vs. Millennium Development Goals


The following graphs demonstrate the extent to which military spending eclipses all other global priorities. The estimated cost of compliance with all eight United Nations Millennium Development Goals – eradicating hunger, universal primary education, child mortality reduction, disease prevention, environmental sustainability, and global development – are all eclipsed by yearly military spending figures.

In fact, all eight MDGs combined cost less than a fifth of yearly military spending.
 


 In 2009, global military spending surged to an all-time high of US $1.53 trillion. Given the numerous crises facing the planet — economic, environmental, health, diplomatic — it is imperative that we create a global movement to shift this money to human needs. We know that there are thousands of organizations and millions of individuals who support this point of view – what is needed is to begin a serious mobilizing effort to make it visible.

As part of this campaign, we propose a Global Day of Action on Military Spending for April 12, 2011 to coincide with the release of the Stockholm International Peace Research Institute’s annual report, which will include new figures on military expenditures. On this day, people all over the world will join together in joint actions to focus public, political, and media attention on the costs of military spending and the need for new priorities. Such events will help us to build the international network around this issue.

While each location will craft its own approach, we hope there will be a common focus on calling attention to the overall size of global military spending. This would need in most cases to be linked to a related national (or local) issue, such as the Afghanistan war, anti-bases efforts, arms trade deals, work against small arms, resources for nonviolent conflict resolution, Article 9 campaign etc. We very much hope that peace groups will use this as an opportunity to connect up with anti-poverty, environmental, pro-democracy organizations and others who share our perspective.

As for types of actions: a whole range is possible! — from street theatre/demonstrations and erecting banners to seminars, signature collection and much more. Many slogans come to mind:What Would You Do With $1.5 Trillion? $1.5 Trillion Is Insane! Trillions for War or Trillions for Peace? etc. We plan to issue a Toolkit before long to assist organizers. A key aspect is the visual side. By generating some captivating images, we plan to attract widespread media coverage and make available photos of our rallies and events. We will compile an album of pictures from around the world and post them online to document the global movement and to use to accompany stories about the SIPRI report and our own actions.

We have commitments from organizations in the United States (in Washington, New York, Boston, Western Massachusetts, the Bay Area, Maine and Honolulu) as well as South Korea, Switzerland, South Africa, Lebanon, the Philippines, and Greece. Can we add you to our list?

To find out more, Global Action Day on Military Spending

予告:軍事費についてのグローバル行動日:2011年4月12日

軍事費の即時削減を!

グローバル行動日へのおさそい

2009年に、世界の軍事費支出は過去最高の1,53兆USドル(=126.9兆円、$1=¥83)に急増しました。地球が直面している多くの—経済、環境、健康、外交上の—危機を考えれば、この支出を我々人間が必要するものへと移すためのグローバルな運動を創出することは急務です。我々にはこの考えを支持する団体が数千、個人が数百万いることはわかっています―必要なことは、それを目に見えるものにするため、本気で結集する努力を始めることです。

このキャンペーンの一部として我々は、ストックホルム国際平和リサーチ研究所の年次報告の発表と同時期になるよう2011年4月12日、軍事費についてのグローバル行動日を設けることを提案します、というのはその報告書が軍事費支出に関して新たな数字を含むことになるからです。この日世界中の人々は一緒になって、一般人の、政治の、メディアの関心を軍事支出経費という新たな優先順位の必要性に向けるための共同行動に参加します。そのようなイベントはこの問題に取り組む国際ネットワークを我々が築く手助けとなるでしょう。

各地がそれ自身のアプローチを考案する一方で、グローバルな軍事支出の全体的規模に注意を呼ぶことに共通の焦点が置かれることを我々は期待します。これは大抵の場合には、関連した国内(あるいは地域の)問題、たとえばアフガン戦、反基地運動、武器取引協、小型武器反対運動、非暴力による紛争解決のリソース、日本の憲法9条キャンペーンなどに関連づけることが必要でしょう。我々は平和運動団体がこの日を、我々とものの見方を共有する反貧困、環境、民主主義擁護の団体と団結する機会として利用することを大いに期待します。

どんな運動をするかについては:あらゆることが可能です!--街頭劇やデモ、バナー設置、セミナー、署名活動など。多くのスローガンが浮かびます:1.5兆ドルあればあなたなら何をしますか?1.5兆ドルは正気じゃない!戦争に数兆ドルがいいかそれとも平和に数兆ドルがいいか?など。我々はオーガナイザーを支援するため、組織化用ツール一式をまもなく発表するつもりです。主要な側面はビジュアル化です。人心を捕らえるイメージを生み出すことで、我々は広範なメディア報道を惹きつけ、我々の行う集会やイベントの写真を入手可能にするつもりです。我々は世界中から届く写真のアルバムを作成し、オンラインでそれらを掲載して、このグローバル運動を文書化し、ストックホルム国際平和リサーチ研究所(SIPRI)報告と我々自身のアクションに伴う記事を掲載するのに使います。

それはエキサイティングで大切な企画であるということに皆さんが同意してくれるのを期待します。平和運動を指導しているひとりとして、我々は皆さんとそのグループが、それぞれお住まいの地域で(共同)後援することによりこの運動に参加して頂きたいと思います。我々は皆さんの地域で皆さんと共同してこの運動を行う人々を探す手伝いができますが、まずは皆さんたちの名前と連絡手段をリスト化して広範な人々に送る資料にしたいと思います。その資料をまもなくお送りして、参加に興味があるかどうか確認したいと思います。質問があれば遠慮なくコンタクトをお願いします。

現在、韓国、スイス、英国、ベルギー、マレーシア、インド、日本、アイルランド、ウガンダ、フィリッピン、ギリシャに加えて、米国(ワシントン、ボストン、マサチューセッツ西部、サンフランシスコ、オークランド、ニューヨーク、メイン、ヴァージニア、イリノイ)の団体が関わっています。みなさんもこのリストに加わってもらえませんか?

公式ウェブサイトはここです。

連絡先:GDAMS2011@GMAIL.COM.

 Sincerely,

John Feffer ジョン・フェファー

Institute for Policy Studies
Washington, DC
johnfeffer@gmail.com
http://www.ips-dc.org/

Colin Archer コリン・アーチャー

International Peace Bureau
Geneva
secgen@ipb.org
http://www.ipb.org/

No comments:

Post a Comment