To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。info@peacephilosophy.com までご連絡ください。

Tuesday, February 01, 2011

Takae in Crisis 高江の危機的状況

日本語は下をご覧ください。

The Japanese Defense Ministry's Okinawan Headquarters (the Okinawan Defense Ministry) forcibly started construction work at the end of last year. On Feb. 1, several dump trucks and 50-60 workers came threw bags of gravel over the fence at multiple entry points of the U.S. Marine Northern Training Area (a war training ground). There are not enough protesters to stop the construction work, and people in Takae and Okinawa are calling for action.

These new helipads, where the U.S. wants to deploy faster, heavier, noisier, and dangerous MV-22 (Osprey), will endanger the lives of local residents and irreparably damage the pristine and biologically diverse Yambaru Forest in northern Okinawa. See LINK for more.
Telephone and/or Fax and tell them to stop it.

Okinawa Defense Bureau 沖縄防衛局 098-921-8131

Japanese Ministry of Defense 防衛省03-5366-3111

Cabinet Secretary 内閣官房 03-5253-2111

Okinawa Prefecture 沖縄県知事公室基地対策課 TEL:098-866-2460 FAX:098-869-8979

Higashi Village Office TEL:0980-43-2201 FAX:0980-43-2457 

US Embassy in Japan: http://tokyo.usembassy.gov/t-main.html TEL: 03-3224-5000

Call the Diet members and political parties you support and/or voted for, and ask them to tell the Ministry of Defense and Okinawa Defense Bureau to stop the construction of new helipads.

Below photos are from the "Current Situation in Takae, Yanbaru" blog.







以下、2月1日の「やんばる東村 高江の現状」ブログより。上の写真も上ブログから。

本日午前10時20分頃、沖縄防衛局職員と作業員5,60名がN1のヘリパッドへの道路整備のための砂利を搬入しました。

10トンダンプでゲート前に横付けし、作業員がどのう袋に入った砂利を荷台が次々に降ろし、沖縄防衛局員が人手で仮設フェンスの中に投げ入れるという作業を強行しました。住民たちがN1に向かって手薄になったN4へ、少しの時間差で4台の防衛局車両から7名くらい(定かではない)が中に入った。残りの防衛局職員は10名程がN1の作業に加わり、ダンプ車に加え、砂利満載のユニック車が到着し、住民が抗議・説得を試みる中、強引に搬入作業を続行した。12時過ぎにダンプに積んであった砂利を全て降ろすと、防衛局職員は「今日の作業は終わり」と合図をかけ、ダンプ、ユニックは帰った。住民支援者は沖縄防衛局責任者を呼びだしたが、不在だと言い張り、まさに無責任の工事が行われた。

多くの職員は現場を離れ今現在、沖縄防衛局員に対し、抗議・対話をしているが、平行線をたどり、一向に現場での紛争は解決しそうにない。

そして、住民たちに、沖縄防衛局は今回のような手段で作業を進めると話したそうです。

現場は一旦収まってきてはいますが、また明日、あさってとこのような強行が予想されます。

人数が足りません。みな仕事を抱え、駆けつけたくても駆けつけられない状況かと思います。

毎日は大変です。多くの人が少しづつ現場に足を運べる環境がつくれれば、工事はストップします。

作業員たちより、こちらの人数が多ければ、工事強行はストップします。

現地へ向かえる方はお願いします。また、みなさまの居る場所でできる行動をお願いします。

粘り強く、粘り強く

1 comment:

yuko said...

Hello, you can also send messages through the Ministry of Defense website: https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html

Thanks!