To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Sunday, January 30, 2011

Ministry of Defense files complaint against Nago 防衛省が名護市に異議申し立て

Photo from "Henoko hama tsushin" blog. 14 US tanks landed on Henoko beach on the early morning of January 27. Dogongs move around in the reef at night, so landing before dawn poses great danger to them, according to the blog.

On January 28, the Japanese Ministry of Defense filed a complaint against Nago City for their refusal to allow them to conduct a survey on the inhabitation of animals and plants off the coast of Henoko, Nago, on the basis of the Administrative Appeal Act. Nago's mayor Inamine Susumu has made his position clear that he opposes the US/Japan plan to build a new Marine base in place of Futenma Air Station over the cape of Henoko. Inamine disallowed such survey because it would be done on the premise that a new base would be built. Ryukyu Shimpo expects that if Inamine dismisses this complaint, the Ministry of Defense may file an administrative lawsuit against Inamine.

According to Nakachi Hiroshi, professor (administrative law) of the University of Ryukyus, the intent of the Administrative Appeal Act was to provide an opportunity for ordinary citizens to complain against deeds of administrative entities, and should not be applied to the state. Nakachi wonders if this is a political performance by the central government to indicate that they are making efforts to build a base despite the local opposition, but such performance should bring no political benefits to the government, Nakachi says. Nago will probably dismiss the complaint, and in that case, it is unknown whether the state will file a lawsuit against them. If they do, it will be reminiscent of the 1995 lawsuit by then Prime Minister Murayama Tomiichi against then Governor of Okinawa Ota Masahide, who refused to sign the contract to renew land lease for US military use, after hundreds of Okinawan military landowners refused to sign and their municipal leaders refused to sign on their behalf.

Okinawa's Governor Nakaima Hirokazu avoided stating a clear opinion on this issue. Nakaima won the election on the platform that he would call for Futenma Air Station to be moved outside the prefecture, but he failed to clearly express his opposition to the plan to build a replacement base in Henoko. With Nago and the state at the stalemate, Nakaima will have to make his position clear, sooner or later.

(In summary of discussion on Ryukyu Shimpo, pp. 1-2, on January 29, 2011)

PP

琉球新報より。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-172917-storytopic-53.html

防衛省、名護市に異議申し立て 普天間移設 現況調査拒否で2011年1月29日


 防衛省・沖縄防衛局は28日、米軍普天間飛行場の移設を前提に名護市辺野古沿岸部で行う動植物の生息状況などの「現況調査」を名護市が拒否していることについて、同市長らに対して行政不服審査法などに基づく異議申し立てをした。移設を拒む同市に対し、日米合意の辺野古移設推進に強い姿勢で臨む政府の姿勢を示した形だが、同市の稲嶺進市長は同日、判断の正当性を強調。防衛省が市長などを相手に行政訴訟を提起する可能性が出てきた。

 申し立てについて枝野幸男官房長官は「(移設計画の)準備段階での法的対応にとどまるものだ。辺野古移設を、地元の意思を完全に無視した形で強引に進めようというものではない」と説明。その上で「法令に基づき粛々と対応すべきと判断した」とした。

 沖縄防衛局によると、同不服審査法に基づく申し立てを名護市長と市教育長に、漁港漁場整備法に基づく審査請求を農林水産相に行った。同局が自治体に不服を申し立てるのは初めて。

 記者会見した防衛局の吉田広太郎調達部次長は市が申請を却下した場合、市を提訴する可能性について「市が適切に審査、裁定を下すものと思っており現状では考えていない」と述べた。

 市の判断期限は定まっていないという。農水相への審査請求は水産政策審議会の審議後、農水相が最終的に裁定するが、市が従わなくても罰則などはない。

 不服申し立ては河川立ち入り申請、天然記念物現状変更許可申請、漁港区域内行為の協議に係る3件。申請理由を「(調査拒否は)市長の政治姿勢によるもので市長の裁量権の範囲を逸脱している」とした。

 調査に関して同局が申請し、市が不同意とした公共用財産使用協議については、「市の行政権限に当たるか判断しかねる」として申し立てを見送った。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-172926-storytopic-53.html

防衛省異議申し立て 不許可判断は「正当」 稲嶺名護市長が強調2011年1月29日


 【名護】米軍普天間飛行場の移設に係る現況調査を不許可とした名護市に対し、防衛省が不服を申し立てたことについて、稲嶺進市長は28日、判断の正当性を強調した。その上で防衛省側の主張に対して「本当に不法なのか、もう一度各部と議論して対応したい。法律で十分に斟酌(しんしゃく)できない部分があれば顧問弁護士に相談したい」と述べた。

 稲嶺市長は現況調査を不許可とした判断について「(防衛省側は)市長の行為は権利の乱用との内容になっているが、私たちは事前の話し合いをきちんと行い、正当な方法をもってやった」と説明した。

 市側への申し立ての連絡は、担当課長の不在中、防衛局職員の名刺を添えた書類が机の上に置かれる形で行われ、課にいた2人の市職員も気付かなかったという。市長は「誰にも合図もせずに机にそっと置いて『送りました』というのは信義に欠けるのではないか」と怒りを抑えながら語った。

No comments:

Post a Comment