To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Thursday, November 22, 2018

元徴用工韓国大法院判決への日本政府、メディアの反応のおかしさ 川上詩朗弁護士のインタビュー&報道の異常 (週刊金曜日から転載)Shukan Kinyobi articles on the Japanese government and media's frenzy over Korean Supreme Court's ruling to order Japanese company to pay compensation to former forced labour victims

許可を得て『週刊金曜日』11月16日号から重要な記事二つを転載します。


川上詩朗弁護士は、日本の90名以上の弁護士が署名した「元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声明」を率いた人です。


参考


高井弘之「徴用工問題」は「日韓請求権協定で、完全かつ最終的に解決済み」とは本当か?(レイバーネット 11月1日)

醍醐聡
外務省条約課・国際法課と交わしたやりとりメモ~元徴用工の賠償請求について~(11月12日)
1965年日韓協定の実質は経済協力協定、個人の請求権は未解決(醍醐聡ブログ 11月16日)
    
徴用工判決ヒステリーの日本マスコミが触れない事実…安倍政権が新日鉄住金に圧力をかけ“和解”を潰していた!(リテラ 11月1日)

【動画】徴用工判決と日本政府のブーメラン事情

No comments:

Post a comment