To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Thursday, April 05, 2012

ストロンチウム推定1兆6千8百万ベクレルが海に流出

公的には「冷温停止状態」で事故が「収束」したことになっている福島第一原発からは相変わらず背筋が寒くなるような報せが連日入る。

疲れている頭に算数をさせないでほしいが、比較的良心的な東京新聞でさえ汚染水のこととなると放射性物質の量は単位はリットルではなく「立方センチメートル」になってしまう。

それでもまだストロンチウムの推定量を記しているだけいい方だ。

「三月の汚染水のストロンチウムなどの濃度は一立方センチ当たり一四万ベクレルで、今回も同程度とみられる。」ということは1リットルあたり1億4千万ベクレル程度のストロンチウムが12トン流れたということ。総量にすると1兆6千8百万ベクレルのストロンチウムとなる!

この数字がどういう意味を持つのか、太平洋の生態系、海産物にどのような影響をもたらすのか。発表、報道される汚染水情報など氷山の一角ではないかと思うと、ただただ、海洋汚染について絶望的な気持ちになるばかりだ。@PeacePhilosophy

以下、記録のために、東京新聞の報道。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012040590135654.html

汚染水12トン海へ流出か 福島第一原発 ストロンチウム含む

2012年4月5日 13時58分
写真
東京電力は五日、福島第一原発の汚染水処理システムの配管から高濃度のストロンチウムなどを含む汚染水十二トンが流出したと発表した。配管のホースがつなぎ目から抜けたのが原因。汚染水は排水溝を通って、ほとんどが海に流れ出た可能性がある。
東電によると、汚染水が漏れたのは、放射性セシウムの大半を除去した後、淡水化装置で濃縮された塩水。ストロンチウムは取り除かれていない。
周辺では昨年十二月に〇・一五トン、今年三月に〇・〇八トンの汚染水が漏れて海に流出。三月の汚染水のストロンチウムなどの濃度は一立方センチ当たり一四万ベクレルで、今回も同程度とみられる。周辺の海水の調査では、放射性セシウムは検出されず、ストロンチウムはまだ測定結果が出ていない。
装置は五日午前零時十分ごろからの一時間で四回、水量増加の異常を感知して自動停止した。ところが、最初の三回はそのたびに作業員が遠隔操作で再起動。午前一時十分、四回目の自動停止で初めて水漏れの可能性に気がつき、現場を確認したという。汚染水の流出は、午前二時二十分まで続いた。
ホースのつなぎ目が劣化したか、つなぎ方が緩かったとみられる。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「自動停止の時に、現場の確認をするべきだった」と話した。
(東京新聞)

No comments:

Post a Comment