To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Friday, July 19, 2013

来日間近のオリバー・ストーン、国家が市民にスパイ行為をはたらく意味を真剣に問う。2分間のメッセージビデオと和訳 Oliver Stone's 2-minute message calling for action to stop government spying on people

8月来日予定の映画監督オリバー・ストーンは、ACLU (American Civil Liberty's Union アメリカ市民自由連合)プロデュースによる2分弱のビデオメッセージを発表しました(7月10日)。
 

 
元のサイトはここです。
 
和訳をここに紹介します。オリジナルの書き起こしは下方を。
 
( オリバー・ストーン:映画監督、制作者、脚本家)
ひとつ簡単な質問をさせて下さい。
政府があなたをスパイしていたら気になりますか?
30年前ならこのような質問をすること自体がスキャンダルとなっていたでしょう。
ウォーターゲート事件の時代を生きて、
チャーチ委員会報告書を読んだなら、
政府による野放しの監視がどれほどの代償を伴うか知っているでしょう。
政府は私たちの忘れっぽさに付け込んでいるのです。
私たちは憲法修正第4条を
隠し事をする人のために作ったのではありません。
無制限の監視や捜査令状を禁じるために
この条項を作ったのです。
不透明な政府の代償が高く付くことは
明らかだからです。
われわれに隠さなければいけないような事があるのかどうかが問題なのではありません。
問題は、私たちが政府を統制するのか、
それとも政府が私たちを統制するかなのです。
この闘争は、アメリカ国民のアイデンティティーの一部です。
アメリカは反乱の中から生まれました。
イギリス政府はアメリカ人の生活を
はなはだしく拘束したからです。
私たちはそこから解放され
自由を守るため政府の制度を作りました。
アメリカの歴史は、絶え間のない闘争で
この価値観を守ってきたことがわかります。
私たちは今またそのような闘争の局面にいます。
(エドワード・スノーデン:NSA内部告発者)
最近の内部告発で、アメリカ政府には
巨大な監視機構が存在することがわかってきました。
この機構は私たちの自由を浸食しています。
皆さんが、これは問題だと思うなら、
ご自身の選挙区の国会議員に伝えて下さい。
アメリカ国民の通信・通話を監視することを
やめるように要請して下さい。
国家安全保障局(NSA)の監視機構が
私たち市民の自由を浸食していくのを、
私は黙って見ているわけにはいきません。
みなさんもです。
(監視機構を止めるように議会に伝えましょう。)
(署名に参加しましょう。)
 
Oliver Stone: Director, Producer, Screenwriter
Let me ask you a very simple question.
Does it concern you that the government is spying on you?
Thirty years ago to even ask this question would have been a scandal.
If you live through Watergate,
if you read the Church Committee reports,
you know the costs of unchecked government surveillance.
The government is exploiting our amnesia.
We did not pass the fourth amendment
in order to protect those for something to hide.
We passed that amendment which prohibits
general warrants or limitless surveillance,
because we know, all too well,
the cost of unaccountable government.
The question is not "Do you have something to hide?"
The question is whether we control government
or the government controls us.
Remember this struggle is part of who we are as a people.
This country was born in rebellion
because the British government was exerting
too much control over American lives.
We broke free and began to create
a system of government meant to protect liberty.
Our national history reveals a constant struggle
to stay true to this value.
We face one of those moments of struggle right now.
Edward Snowden: NSA Whistleblower
Recent leaks have given us a glimpse
into  our government’s gigantic surveillance machine.
It’s a machine that is eating our freedom.
If this concerns you and it should,
we need to contact your representatives in Congress now.
Ask them to end the tracking
of Americans’ domestic communications.
I won’t stand idly by
while our civil liberties are eaten
by the NSA surveillance machine.
You shouldn’t, either.
Tell Congress: We Need To Stop The Surveillance Machine
Sign The Petition Now At:
aclu.org/secure/stopNSA
ACLU

(書き起こし、翻訳:酒井泰幸 協力:乗松聡子)

No comments:

Post a Comment