To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Sunday, August 31, 2014

ジョセフ・ガーソン:「沖縄軍事植民地化は米国の独立宣言の精神にもとる」Joseph Gerson: "Abuses and usurpations" are worse in Okinawa

Following Peter Kuznick, Noam Chomsky and Gavan McCormack, here is Joseph Gerson's comment on the latest poll results in Okinawa and on his recent visit to the island. They were all signatories of the January 2014 international statement to oppose the construction of the new US military base in Henoko and to call for immediate closure of Futenma Air Station. ピーター・カズニックノーム・チョムスキーガバン・マコーマックに続き、ジョセフ・ガーソン(アメリカン・フレンズ奉仕委員会)による最新の沖縄世論調査および先日の沖縄訪問についてのコメントを紹介する。4人とも、1月の世界の識者・文化人らによる辺野古基地反対と普天間基地閉鎖を求める声明のメンバーである。

★転載の際は本投稿のURLを明記してください。

Joseph Gerson speaking at the student symposium at the Okinawa International University August 12, 2014.
8月12日、沖縄国際大学での学生シンポジウムで。左からジョセフ・ガーソン、ピーター・カズニック、乗松聡子。
Photo: New Wave to Hope


                  There is a saying that originated in Latin American struggles for freedom and democracy: "A people united will never be defeated." The recent poll indicating that 80.2% of Okinawans want work on the Henoko base construction cancelled, that 81.5% oppose Prime Minister Abe’s seabed boring operation, and that 79.7 percent of Okinawans do not want the Futemna base relocated within Okinawa demonstrates  remarkable unity.  ラテンアメリカの自由と民主主義への闘いに起源をもつ言い習わしがある-「団結した民衆は決して負けることはない」。最近の世論調査で、80.2%が辺野古基地建設工事の中止を願い、81.5%が海底ボーリング調査を行う安倍首相に反対し、79.7%が普天間基地の県内移設に反対しているということは目覚ましい団結を示している。

                  If it can be maintained in the coming Nago City Council and the gubernatorial elections, Oura Bay and Nago will remain free from massive reclamation, and powerful pressure will be added to implementing the promise of removing Futenma.もしこれが来る名護市議選や県知事選を通して維持されたら、大浦湾や名護は大規模な埋め立てをされずに済み、普天間基地撤去の約束の実行に向けて強い圧力が加えられるであろう。

                  During my recent return to Okinawa, in university and community settings,  I was deeply impressed by the depth of Okinawans’ nonviolent commitment  to resist the construction of the Henoko base, to close Futenma – “the world’s most dangerous air base,”  and to move toward real security and the end of military colonization. I understood in new ways how that resistance is rooted in centuries of Okinawan history and culture and to the land and the environment. 最近再び沖縄を訪れ大学と地域における催しに加わったが、辺野古基地建設への抵抗、「世界で最も危険な基地」普天間基地の閉鎖、真の意味での安全保障と軍事植民地状態の終焉に向けての沖縄の人々による非暴力のコミットメントの深さに非常に感銘を受けた。また、この抵抗は沖縄の何世紀にわたる歴史と文化、土地と環境に根差すものだということを新たな視点で学んだ。

                  Before he took our August 12 meeting off the record, U.S. Consul General Magleby shocked those of us who met with him by saying that people who oppose Washington’s and Tokyo’s “narrative” - which insists that due to its geostrategic importance Okinawans must bear the greatest burden of military colonization - “are not rational.”  Rational people, he implied, would accept the massive U.S. military presence across Okinawa and its destructive impacts, and would work with Washington and Tokyo to make minor adjustments that are acceptable to those in our imperial capitals. 米国総領事のマグルビー氏は、8月12日の会合で彼が「オフレコだ」と言う前に、ワシントンと東京の「ナラティブ(語り口)」、すなわち、沖縄の戦略地政学上の重要性により沖縄が軍事植民地化の最大の負担をしなければいけないという語り口に反対する人々は「理性に欠ける」と言って面会した我々[訳者注:ジョセフ・ガーソン、ピーター・カズニック、乗松聡子の3人]にショックを与えた。彼が暗示したのは、理性のある人々というのは、沖縄じゅうに大規模な米軍の存在とそれがもたらす破壊的影響を受け入れ、ワシントンと東京の政府と協力してこれら帝国の中央政府にとって受容可能な微調整をするような人々を指すのである。
Later Mr. Magleby added that despite the fact that the law gives Nago’s mayor the right to refuse authorization of permits needed for base construction, “there are certain things a nations must do.”  As evidenced by their consistent disregard for the clear commitments of Japan’s peace constitution, the U.S. and Japanese governments are willing to operate outside the law - an essential pillar of democracy – to reinforce the power and privilege of their elites.そしてマグルビーはこう付け加えた-名護市長には基地建設のための許可を下ろすことを拒否できる法的権限がありながらも、「国家として行わなければいけないことはある」と。米国と日本の政府は、日本国の平和憲法が定める明確な義務を一貫して軽視してきたことからも明らかなように、エリートたちの権力と特権を強化するためなら民主主義の支柱である法というものを進んで度外視して物事を進めるのだ。
                  Who is being irrational?  I’ve yet to hear anyone assert that the authors of the U.S. Declaration of Independence were “not rational.”   Yet, among the reasons that necessitated the creation of the new American nation and the beginning of the anti-colonial era which were articulated by the authors of the Declaration, was that Britain’s King George III “kept among us in times of peace” “Standing Armies” which committed intolerable “abuses and usurpations.”   Yet, the “abuses and usurpations” inflicted on Okinawans for seven decades by the government that speaks in my name and by Tokyo are more numerous and worse than those of King George III: deadly military accidents, crime, sexual harassment, loss of sovereignty, terrifying noise from low altitude and night landing exercises, environmental degradation,  and  increased likelihood of war – even nuclear war.  Are we to believe that people who want to live and prosper in peace, quiet and real security are irrational? 理性に欠けているのは一体どちらか。私はいまだかつて米国独立宣言の起草者たちが「理性に欠ける」などと言われているのは聞いたことがない。しかし反植民地時代の初頭、独立宣言の起草者たちが述べた新アメリカ国を建国する必要性が生じた理由の中には、英国王ののジョージ三世が「平時においてもこの地に常備軍を駐留させ」、その常備軍が許容しがたい「権力の濫用と権利の侵害」を犯しているということがあったのである。しかし、70年にわたり私の国の政府と日本政府が沖縄の人々に負わせている「権力の濫用と権利の侵害」はジョージ三世のそれよりも多数で質も悪い-死をともなう軍関連の事故、犯罪、性犯罪、主権喪失、低空飛行による恐るべき騒音、環境劣化、そして戦争の可能性の増加-核戦争でさえも。平和で静かな、真に安全な生活をおくり豊かに暮らしたいと思う人々を「理性に欠けている」などと思えというのか?
                  Those of us who initiated and signed the January statement in response to Governor Naikaima’s betrayal, and who joined in opposing the Henoko and Futenma bases will continue to do all that we can in solidarity with the overwhelming majority of the Okinawan people.仲井眞知事の裏切りを受けてさる1月の声明を立ち上げ署名し、辺野古も普天間も基地は要らないという運動に加わった我々は、沖縄の圧倒的多数の人々と連帯しできることは全て行い続けていく。
                Freedom and peace are indivisible. Democracy, rationality, and the rule of law must be honored with the full force of our lives. And, it is encouraging to know that Okinawans are far more united than were the first U.S. Americans.自由と平和は切っても切り離せない。民主主義、理性、そして法の支配は我々が全力で守らなければいけないものである。そして独立当時のアメリカ合衆国の人々よりも沖縄の人々の方がはるかに団結していることを知るのは元気づけられることである。

Joseph Gerson ジョセフ・ガーソン


参考記事:

米総領事「沖縄と対話できぬ」名護に協力求める
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=79858
米総領事「対話できぬ」 県、名護に国防協力要求
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230081-storytopic-53.html
「沖縄は国に従え」 米総領事、他にも強弁
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230126-storytopic-3.html

 
http://english.ryukyushimpo.jp/2014/08/26/15018/

No comments:

Post a Comment