To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Thursday, November 24, 2022

私たちはミサイル基地建設を阻む!緊迫する石垣島と与那国島 (11月26日14時~ウェビナー)We refuse the missile base construction on Ishigaki and Yonaguni Islands!

ウェビナーの案内です。無料です。米国と、日本を含む従属国たちによる中国包囲網、対中国戦争準備が、九州と台湾を結ぶ島々において恐ろしいペースで進んでいます。軍事ジャーナリストの小西さんらが開催してきた「島々シンポジウム」で、石垣島と与那国島からの現況報告と基地阻止・戦争および戦争準備反対の貴重な声を聞くことのできるシンポジウム、お見逃しなく。登録はここをクリックしてください。私も、この「島々」軍事化に加担しているカナダから発言します。@PeacePhilosophy 乗松聡子


●緊急シンポジウムー日米共同統合演習で与那国島に上陸した、機動戦闘車・米海兵隊――この事態に抗する与那国島からのアピール Emergency Symposium - U.S. Marines and Mobile Combat Vehicles Landed on Yonaguni Island for Japan-U.S. Joint Joint Exercise - Appeal from Yonaguni Island against this situation.

●2022年度内の、石垣島へのミサイル基地開設を強行しようとしている自衛隊――今、年末の「防衛計画の大綱」などの大改定に向かってとんでもない大軍拡(防衛費の2倍化)を打ち出し、石垣島配備予定の地対艦ミサイル射程の1500キロや、超高速滑空弾の射程千キロ、さらには「敵基地攻撃能力」をもつトマホーク保有・配備さえ主張されている。The Self-Defense Forces are trying to force the opening of a missile base on Ishigaki Island by the end of 2022. The government is also advocating the possession and deployment of Tomahawks with "enemy base attack capability," as well as the 1,500 km range of surface-to-ship missiles to be deployed on Ishigaki Island and the 1,000 km range of ultra high-speed glide bombs.
そして、「台湾有事」が声だかに叫ばれる中、石垣島では、シェルター設置さえ唱え始められた。
島の住民の命を全く軽視した、政府の戦争態勢づくりを、私たちは阻む。
――石垣島の住民たちの、与那国島の住民たちの声を、聞こう!And, amidst the clamor of a "Taiwan contingency," government started talking about installation of shelters on Ishigaki Island. We must block the government's war preparations utterly disregards the lives of the island's people. 
--Let us hear the voices of the residents of Ishigaki Island and the residents of Yonaguni Island!

●日時 11/26(土)14:00~16:30
●場所 zoomウェブセミナー (登録はここ
●無料(カンパ歓迎)
●パネラー
山里節子さんと「いのちと暮らしを守るオバーたちの会」の皆さん
●普天間明日香さん・通崎彩子さんら「普通に暮らしたいズ」の皆さん
●山田和幸さん(与那国島在住)
●ゲスト カナダから乗松聡子さん(The Asia-Pacific Journal: Japan Focus editor、Peace Philosophy Centre Director)
●司会・進行
・FUJIKOさん(うたうたい、島じまスタンディング) 
・石井信久さん(島じまスタンディング)
●解説 小西誠(軍事ジャーナリスト)
*主催 第Ⅱ期「島々シンポジウム」実行委員会
*寄付・カンパのお振込み
(現地の人々にお渡しします!)
・郵便振替 00160-0-161276(名義・社会批評社)(「島々基金」とお書き下さい)
*クレジットでのカンパができます(ただし、11/26(土)の20:45までの受付です。)
https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/02ct5kirgqp21.html

No comments:

Post a Comment